NIKKEI COMPASS

医薬品アクセス、製薬の評価軸に――検査試薬・機器提供も商機

 新興国の医療の質の改善には、診断を行う検査試薬や機器の普及も欠かせない。 検査試薬大手の栄研化学(4549)は、2031年3月期までの経営計画のなかで、結核やマラリアの検査試薬の拡販を成長の柱の1つに据える。同社はウイルスの核酸を増やして検出する「LAMP法」と呼ばれる遺伝子検査に強みを持っており
お支払い後、続きをお読みいただけます。
残り509文字
ビジネスレポート一覧を見る
日経テレコンで閲覧