NIKKEI COMPASS
Question

伊東公業と立命館大、燃料漏れAIで検知、地下タンク向け開発。

2019年1月11日 日経産業新聞 480文字
 【京都】産業用石油製品卸の伊東公業(京都市)は、地下燃料タンクを持つ事業者向けに、人工知能(AI)で燃料漏れを自動的に検知、警告するシステムを立命館大学と共同開発した。タンクの老朽化で破損が増えるなか、検査にかかる手間を軽減する。今春にもサービス提供を始める。  地下燃料タンクに設置したセンサーで残り330文字
ビジネスレポート一覧を見る
日経テレコンで閲覧