新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」の登録はこちら
住商、若手が挑む農業版Uber ビッグデータで物流改革

住商、若手が挑む農業版Uberビッグデータで物流改革

住友商事が年功序列的な人事制度を刷新する。職務に応じて報酬と評価が決まる職務等級制度を導入し、入社6年目の20代でも従来の管理職相当の役割を担えるようにした。関連会社の社長に就ける機会も与え、適所適材で人材を配置する。社内起業制度で農業に人工知能(AI)やビッグデータで物流を改革する事業が生まれるなど、若手の発想力や専門性で新しい領域を切り開く。 10月中旬の午前、都内のレストランに新鮮な白菜や…

原油高が突きつける現実 脱炭素でも存在増す中東

1970年代、アジアを横断しロンドンを目指す旅に出た作家の沢木耕太郎さんは、初冬のアフガニスタンに思いのほか長く滞在することになった。首都カブールは当時、つかの間の平穏の下にあり、世界を旅する若者が体を休める場所になっていた。 沢木さんの著書「深夜特急」が描く幸せなアフガンはもう存在しない。長い内戦が続き、旅行者がバスに揺られて移動した国境を、今は難民が命懸けで越える。 アフガンに20年駐留した…

ホンダの新車ネット販売、流通系列化の「呪縛」解けるか

ホンダが新車のインターネット販売を始めると発表しました。専用サイトで商談から契約まで行えるとのことです。これまでは系列ディーラーと呼ばれる特約販売店を主な窓口として売ってきました。ホンダでは9割以上が外部の地場ディーラーで、重要なパートナーです。ネット経由の直販によってディーラーの「中抜き」が進むとしたら反発が予想されます。ホンダはどのように折り合いをつけていくのでしょうか。グロービス経営大学院…

VCドクター、投資先を目利き 感性や人脈が決め手に

理系の博士号を持つベンチャーキャピタリストが、先端技術を担うスタートアップを見いだし育てている。「ディープテック」と呼ばれるバイオや宇宙などの領域の技術を見極めて投資し事業化を支えるうえでは、研究歴に裏打ちされた専門性が役に立つ。主要なベンチャーキャピタル(VC)の半数近くが採用を希望する「VCドクター」が、どのようにテック企業を目利きしているのかを探った。 「わお!という感覚。鳥肌が立つようだ…

イオン、100均キャンドゥを傘下に その狙いは何か

週が明けても、いつもと変わらない光景が広がっていた。 東京都心の日本橋エリア。羽田空港、成田空港との直通リムジンバスが乗り入れる東京シティエアターミナル(T-CAT)の2階に、100円ショップのキャンドゥがある。 「100円で暮らしは楽しくなる」。そう書かれた店内に入ると、まずはハロウィーングッズが目に入り、奥に進むと、収納グッズやトラベルグッズ、衛生・掃除用品、衣料、お菓子などがカテゴリー分…

メルカリ、「稼ぐ会社」に変身 たまる現金どう使う

メルカリは2021年6月期に赤字を脱し、初めて連結最終黒字を計上した。規模拡大のために投じてきた多額の広告宣伝費が実を結び、売上高が増えて利益が出るようになった。ネット企業の典型的な成長パターンを実現した。現金を稼ぐ力も強まるが、その使い道が成長の「第2幕」を大きく左右する。 メルカリは2021年6月期に57億円の最終黒字を計上した。前の期は227億円の赤字だった。売上高が伸び、費用を大幅に上回…

大企業ベンチャー投資枠6000億円、VCの倍 味の素など

大企業がスタートアップへの投資を拡大している。味の素や商船三井など事業会社が設立したコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)約100社を日本経済新聞が調べたところ、投資予算枠は合計で約6000億円となった。企業は事業面の多様な支援を組み合わせて投資することが多く、スタートアップが成長しやすい環境が広がってきた。 8月下旬~9月上旬に102社にアンケートを配布し、70社から回答を得た。自社でファ…

新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」の登録はこちら

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル