「NIKKEI Mobility」「NIKKEI GX | Green Transformation」「NIKKEI Tech Foresight」のお申し込みはこちら
稲盛氏お別れの会 建築家安藤氏「ひたすら考え抜く人」
京セラ創業者の稲盛和夫氏の「お別れの会」で献花する参列者(28日午前、京都市左京区)

稲盛氏お別れの会建築家安藤氏「ひたすら考え抜く人」

8月に90歳で亡くなった京セラ創業者の稲盛和夫名誉会長の「お別れの会」が28日、京都市の国立京都国際会館で開かれた。各界で親交のあった人など約3100人が参列し、故人との別れを惜しんだ。 同じ京都市に本社を置く日本電産の永守重信会長兼最高経営責任者(CEO)は「年齢が一回り違う大師匠としてずっと稲盛さんや京セラをまねして学んできた。スポーツと同じで強い人と練習すると自分も強くなれる。ずっと生きて…

供給網の人権調査、労組も 従業員目線で取引先チェック

自社のサプライチェーン(供給網)や取引先で、強制労働など人権侵害が起きていないか継続的に調査する人権デュー・デリジェンス(人権DD)に、労働組合が参加し始めた。従業員の目線で国内外の取引先などと情報交換し、法的な義務化など人権DDの取り組みで先行する欧米諸国の動きに対応する。企業や国ごとの人権に関する見解の違いの調整や、調査手順の確立が課題となる。 対応マニュアル作成 自動車総連や電機連合など5…

「戦力外通告」も収入増やす好機 キャリアを考える9選

師走が近づいてきました。「年末年始は少しぜいたくしたい」と思っても、収入は増えず、身の回りの値上げは続いています。なかなか「ぜいたく」などとは言っていられないという方も多いでしょう。「来年こそは収入を増やしたい」と思ったら、どんな準備ができるでしょうか。年収アップにつながるキャリアについて、参考になる記事を選びました。(内容や肩書などは掲載当時のものです) 「ビジネス・クリップ」は日々の記事の中か…

値上げ力、食用油が首位 食べ方提案で胃袋つかむ

原材料の高騰や急激な円安で、食品メーカーが続々と値上げを打ち出している。消費者の生活防衛色が強まるなか、値上げが店頭でどれだけ受け入れられているか。1年前と比べた食品の店頭価格の上昇率をランキングしたところ、様々な活用法を提案し、消費を喚起してきた食用油やマヨネーズが上位に並んだ。景気の下振れ懸念もあり、需要創出の巧拙など、「値上げ力」の差が重みを増している。 全国のスーパー約470店の販売デー…

日産が新型セレナ ミニバン初、高速で手放し運転可能に

日産自動車は28日、主力のミニバン「セレナ」の新型モデルを発表した。ミニバンで初となる高速道路での手放し運転が可能な自動運転機能を搭載した。2023年初めにもガソリン車、同年春にもハイブリッド車(HV)モデルを発売する。価格はガソリン車が276万円から、HVは319万円(いずれも税込み)から。 新たに設けた最上位グレード「ルキシオン」は日産の自動運転技術の一種である「プロパイロット2.0」を搭載…

カゴメ、野菜飲料やケチャップ値上げ 23年2月から

カゴメは28日、トマトジュースや「野菜一日これ一本」などの飲料とトマトケチャップなどの食品を2023年2月1日納品分から値上げすると発表した。家庭用の対象は計151品目で、飲料は6.7~12.5%、食品は10.1~19.6%、出荷価格をそれぞれ引き上げる。 野菜飲料の値上げはペットボトルが19年7月以来3年7カ月ぶり、小型の紙容器が08年7月以来14年7カ月ぶり。トマトケチャップは22年4月以来…

リケンと日本ピストンリング、経営統合の時期に遅れも

経営統合を予定しているリケンと日本ピストンリングは28日、2023年4月としていた統合時期を未定にしたと発表した。22年11月中に最終契約書の締結を予定していたが、公正取引委員会の審査が想定より長引いており、月内に間に合わないという。 23年3月末とした両社の東京証券取引所の上場廃止予定日と、4月3日の共同持ち株会社「リケンNPR」の設立、新会社の…

「NIKKEI Mobility」「NIKKEI GX | Green Transformation」「NIKKEI Tech Foresight」のお申し込みはこちら

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル