新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」が新たに登場。登録はこちら
綱川氏、東芝社長に1年ぶり復帰 株主との「間合い」課題
東芝の綱川智氏(奥)が社長に再登板する

綱川氏、東芝社長に1年ぶり復帰株主との「間合い」課題

東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が14日付で辞任する。同日の取締役会で辞意を表明し、後任には綱川智会長が復帰する。東芝ではアクティビスト(物言う株主)の圧力が高まっていた。綱川氏は株主から一定の支持を得ている一方で、アクティビストを招き入れた増資時の社長でもある。株主との間合いをどう取るかが課題となる。 「綱川氏か。まあいいだろう。車谷氏よりはましだな」。13日深夜、東芝株を持つある…

東芝・綱川氏「投資家と良い関係築きたい」一問一答

東芝は14日、車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が辞任し、綱川智会長が社長兼CEOに復帰する人事を決定したことを受けてオンラインで記者会見を開いた。綱川新社長は「投資家とコミュニケーションを取って良い関係を築きたい」と発言。永山治取締役会議長は「社内で(車谷氏の)『解職』という議論はなかった」と語った。主な一問一答は以下の通り。 ――車谷氏の辞任でCVCキャピタル・パートナーズの提案が白紙に…

どうなる東芝 これまでの動き

東芝は14日、車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が同日付で辞任したと発表しました。後任には、車谷氏の前の社長だった綱川智会長が復帰しました。アクティビスト(物言う株主)との対立が深まり、指名委員会も車谷氏の交…

東芝・車谷社長「一区切りとして会社から離れる」

東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)は13日深夜に日本経済新聞社の取材に応じ、翌日の辞任表明を控えて「激務から離れて充電したい」と語った。車谷氏は2018年4月に東芝会長兼CEOについた。三井住友銀行元副頭取で、東芝として53年ぶりの外部からの経営トップだったが、約3年で退任することになる。アクティビスト(物言う株主)の重圧にさらされながら事業構造改革を主導してきた車谷氏は「東芝の再生は…

東芝、車谷社長の辞任を正式発表 後任に綱川会長

東芝は14日、車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が同日開いた取締役会で辞任したと正式発表した。後任は綱川智会長が社長とCEOを兼務する。東芝はアクティビスト(物言う株主)との対立が深まり、英ファンドから買収…

CVC、東芝に詳細な買収提案へ 車谷氏辞任でも変えず

英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズが、早ければ週内にも東芝に対する詳細な買収案を提案することが14日分かった。東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)は14日付で辞任したが、CVCは方針を変更せずに引き続き詳細な買収案を精査する。 CVCは6日に東芝に対し、政府系ファンドの産業革新投資機構(JIC)や事業会社の参加を想定し、1株5000円で買い取る買収の素案を提示した。買収案の詳…

不信任の連鎖、辞任促す 異例の東芝社長交代

東芝の車谷暢昭社長兼最高経営責任者(CEO)が14日、辞任する。アクティビスト(物言う株主)との対立の打開策を明確に打ち出せず、社内でも急速に進めた構造改革への不満が渦巻いていた。社内外の不信任の連鎖が経営の混乱を招き、異例のトップ交代を促した。 あすの取締役会で東芝が社長交代を決める――。6日、財界関係者にこうした情報が飛び交った。しかし、翌7日の取締役会で議論されたのは、綱川智会長が執行役に…

新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」が新たに登場。登録はこちら

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり