「NIKKEI Mobility」「NIKKEI GX | Green Transformation」「NIKKEI Tech Foresight」のお申し込みはこちら
22年の世界粗鋼生産、4.2%減 中国で需要停滞
世界的に粗鋼生産が減少傾向に(日本国内の製鉄所)

22年の世界粗鋼生産、4.2%減中国で需要停滞

世界鉄鋼協会は1月31日、2022年の世界粗鋼生産量(速報値)が前の年比4.2%減の18億7850万トンだったと発表した。最大生産国である中国で「ゼロコロナ政策」や不動産市況の悪化などを受けて鋼材需要が減少した。世界的な半導体不足による自動車の減産も響いた。 中国の生産量は10億1300万トンと、2.1%の減少だった。事実上の都市封鎖(ロックダウン)が広がったことで経済活動…

「活躍した弁護士」「強い法務部」ランキング2022年「活躍した弁護士」「強い法務部」ランキング2022年「活躍した弁護士」「強い法務部」ランキング2022年「活躍した弁護士」「強い法務部」ランキング2022年
東レ、溶着時間9割短い炭素繊維部材 航空機向け

東レは航空機の燃費を大幅に改善する炭素繊維複合材料(CFRP)の溶着時間を従来より9割以上短くできる技術を開発した。CFRPはアルミ部材と比べて航空機を製造する際の効率が低いとされ、主流の小型機(単通路機)での採用が遅れている。2030年度にも小型航空機での実用化を目指し、市場掘り起こしにつなげる。 東レの新技術は加熱すると軟化し接着する樹脂をCFRPの接合面に使う。高温にして樹脂同士を接合して…

中国BYD、日本でEVのSUV発売 横浜市の1号店も公開

中国電気自動車(EV)大手、比亜迪(BYD)の販売を担うBYD Auto Japan(横浜市)は31日、日本で同社初となる乗用EVの多目的スポーツ車(SUV)「アットスリー」を発売した。 価格は440万円で、1度の充電で485キロメートル走れる。日本メーカーの競合EVより割安に設定した。3月にも納車を始める。BYDは日本で23年半ばに小型車の「ドルフィン」、23年後半にセダン「シール」とEVを相…

無印良品、前橋市中心部の商店街に出店 2月10日開業

生活雑貨店の「無印良品」を展開する良品計画は、前橋市の中心市街地にある「前橋中央通り商店街」に新規出店する。料理スタジオだった空き店舗の1階を改装し、2月10日に開業する。売り場面積は約115平方メートルで、日用雑貨や消耗品が中心の品ぞろえになる。営業時間は午前10時30分〜午後6時30分。 前橋市内の出店は今回で3店目。同社は新店舗の開業に先立ち、前橋市と市街地活性化に向けた連携協…

酒・たばこをセルフレジ販売 ローソンなど一部店舗で

ローソンは31日、マイナンバーカードを使った酒・たばこのセルフレジ販売を東京都品川区の1店舗で始めた。カードを専用の機器に読み込ませて年齢を確認する。セブン―イレブン・ジャパンも2月から同様の取り組みを始める。 酒やたばこをセルフレジなどの非対面で売ることについて規定はないが、小売企業の多くは法律違反や行政指導の対象になるのを懸念して自主規制していた。 セブンやローソンが加盟する日本フランチャイ…

リコー、銀座4丁目交差点のランドマークビルを建て替え

リコーは東京・銀座のランドマークとなっている円筒形のビル「三愛ドリームセンター」を建て替える。竣工から60年がたち、老朽化が進んでいた。現在の特徴的な外観のイメージは受け継ぎつつ、2027年に環境やバリアフリーに配慮した新たなビルの完成を目指す。 三愛ドリームセンターはリコーの自社ビルで、銀座四丁目の交差点に面した一等地に建つ。リコー創業者の市村清氏が「リコー三愛グループ」のシンボルとして、19…

八芳園、観光もプロデュース 社長は初の非創業家

結婚式場運営の老舗、八芳園(東京・港)が「総合プロデュース企業」に変わろうとしている。先頭に立つのは1952年の設立以来、初めて創業家以外から社長に就いた井上義則氏(52)だ。年間1000組ほどに落ち込んでいた婚礼数をV字回復させた業績回復のけん引者でもある。新時代の八芳園とは何か。戦略を聞いた。 ――2021年10月の社長就任から1年あまり。創業家以外から初の社長就任となりました。 「前社長は…

「NIKKEI Mobility」「NIKKEI GX | Green Transformation」「NIKKEI Tech Foresight」のお申し込みはこちら

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル