新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」が新たに登場。登録はこちら
「近ツー」資本増強400億円規模 近鉄やメガバンク支援
KNT-CTホールディングスは近畿日本ツーリストとクラブツーリズムを傘下に持つ

「近ツー」資本増強400億円規模近鉄やメガバンク支援

近畿日本ツーリストなどを抱える旅行大手のKNT-CTホールディングス(HD)が親会社の近鉄グループホールディングス(GHD)や取引先銀行から、400億円規模の資本増強を受け入れることが明らかになった。新型コロナウイルスの影響で旅行需要が低迷し、2020年12月末時点で34億円の債務超過に陥った。経営の立て直しへ財務基盤を強化する。 KNT-CTHDは近畿日本ツーリストやクラブツーリズムを傘下に抱…

パイプライン攻撃のダークサイド 企業のような犯罪集団

【シリコンバレー=白石武志】米最大規模の石油パイプラインがサイバー攻撃によって停止した事件で、「DarkSide(ダークサイド)」と呼ばれるハッカー集団が犯行声明を出した。「ランサムウエア」を使ってデータを盗み、金銭を要求する犯罪集団でありながら、被害者向けの電話窓口を備えるなど企業のような振る舞いをすることで知られる。背景に浮かび上がるのは、サイバー攻撃がある種の産業となりつつある実態だ。 …

米パイプライン復旧、時間との戦い 週またげば混乱拡大

【ニューヨーク=中山修志】サイバー攻撃による米東部の燃料パイプラインの停止は11日で5日目に入る。運営会社は10日、今週末までに再開をめざすと表明。実現すればエネルギー輸送の大動脈を狙ったサイバー攻撃は混乱が広がる前に収束に向かう。一方、輸送網の目詰まりが来週まで続けば、製油業者が生産停止を迫られガソリン価格が急騰するなど傷が深まる。復旧は時間との戦いになる。 米連邦捜査局(FBI)は10日、サ…

ソフトバンク、30年までにCO2排出を実質ゼロに

ソフトバンクは11日、通信基地局の運営など事業活動から排出される二酸化炭素(CO2)を2030年までに実質ゼロにする目標を発表した。「カーボンニュートラル2030宣言」では、再生可能エネルギーから発電した電力の調達を順次拡大していくほか、再エネの蓄電などに使う次世代の電池開発を加速させる。 ソフトバンクが全社でのCO2削減目標を定めたのは初めて。同社のCO2排出量は2019年度に約68万トンで、…

バンド出身起業家、ロック魂で成長 組織作りに共通点

かつてバンドマンとして青春時代を音楽活動にささげた起業家たちが、ロックで培った反骨精神やものづくりへの意欲をビジネスにぶつけ、スタートアップの中で目立って成長を遂げている。ライダースジャケットで自己ブランディングしたり、ヒット曲の歌詞で考えを伝えたりと、経営スタイルもユニークだ。組織を束ねつつ人気を得ていくバンドのように、会社や事業をステップアップさせていく彼らの人物像に迫った。 ■ライダース、…

コロナでも「居酒屋文化はなくならない」鳥貴族HD社長

焼き鳥居酒屋約620店舗を運営する大手の鳥貴族ホールディングス(HD)はコロナ禍で苦境が続く。その中で新業態のチキンバーガー専門店「TORIKI BURGER(トリキバーガー)」を夏に開業すると発表した。なぜ今このタイミングで、新業態なのか。そして今後の鳥貴族をどのように成長させていくのか。鳥貴族HDの創業者である大倉忠司社長に聞いた。 ――外食店への逆風が続いています。足元の状況をどのようにみ…

中国、コールドチェーン整備 内陸の産品を都市部に

中国政府や企業がコールドチェーン(低温物流)の整備を急いでいる。地方の農産物や海産物が都市部へ十分に届けられず、経済損失を生んでいるためだ。地方と都市の間を結ぶ低温物流の「パイプライン」の不足により地方の資源を生かし切れていないのは、電力問題などにも共通する課題となっている。 「農業への有効な投資を拡大し、農民の収入を高めることには大きな意義がある」。農林水産業を所轄する農業農村部はこうした考え…

新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」が新たに登場。登録はこちら

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり