新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」の登録はこちら
仕事人秘録、テムザック創業者 働くロボ先んじて世に
2017年に京都市に中央研究所を開設した(左は二足歩行ロボット「キヨモリ」)

仕事人秘録、テムザック創業者働くロボ先んじて世に

線路を持ち上げ、要介護者を運び、医師研修用に患者の役割を担う。テムザック(京都市)は様々な働くロボット「ワークロイド」を開発する元祖ロボットスタートアップだ。創業者で代表取締役議長の高本陽一さん(66)は北九州市でフォークリフト販売の家業を食品機械製造に転じた後、20年あまり前からワークロイドの先駆者として走り続ける。 「機動戦士ガンダム」より「鉄人28号」 2000年に設立し、「実際に人に役立つ…

米M&A、高まるハードル 投資規制や独禁審査厳しく

米国企業に絡むM&A(合併・買収)のハードルが上がっている。米国の新法などで、外国企業が米国企業を買収する際の審査が厳しくなったうえ、米独禁当局がM&Aを差し止める動きも加速している。さらに急激な円安が追い打ちとなり、日本企業の中には買収対象候補から米国企業を外す例も出始めている。 ■米国企業を「除外」 ある日本の大手企業は最近、買収対象の候補リストから米国企業を外した。この日本…

PayPayなどスマホ決済躍進 コロナ下で利用多いアプリ

新型コロナウイルス下でスマホアプリの勢力図はどう変化したか。2021年度の利用者数をランキングすると、「PayPay(ペイペイ)」や「d払い」などの決済サービスが19年度から順位を上げた。「フェイスブック」が順位を下げ、対話アプリの「LINE」も利用者数が減るなどコミュニケーションツールの人気の変化も見えてきた。 データ分析のヴァリューズ(東京・港)の調査を基に、21年度の利用者数と、年代別(2…

税理士法人、若手採用に悩む 「受験支援」で苦心の確保

税理士法人が若手人材の採用に苦心している。過去10年で35歳以下の税理士試験の合格者数は約6割も減り、若い世代の採用が難しくなっているためだ。国際税制など複雑な業務に対応できる税理士は不足が鮮明だ。税理士法人は採用基準を引き下げてでも、人材の確保と育成を急ぐ。 EY税理士法人(東京・千代田)に2021年春に入社した唐沢友紀さんは「今後2~3年内に全ての科目で合格したい」と笑顔で話す。税理士資格を…

脱「無味乾燥」、ドラッグストアの尖るPB 店の顔に

ドラッグストアのプライベートブランド(PB)が、店の顔になろうとしている。スギホールディングス(HD)やウエルシアHDが開発の組織を刷新。社長直轄としたり、大学やシェフなど外部の知見を取り込んだりしている。先行するマツキヨココカラ&カンパニーは顧客データを分析し化粧品を開発する。出店による成長が見込めなくなる中、ドラッグでも来店動機を創出するPBの開発に力が入る。 「PBで上げた収益を原…

ファンコミュニティー作りの極意に迫る 午後6時から配信

起業家の経営戦略とそのルーツに迫る「起業家のリアル」。今回のゲストは歌手や俳優のファンクラブプラットフォームを運営するTHECOO(ザクー)の代表取締役CEO平良真人氏です。ソニーやGoogleでデジタルマーケティングやビジネス開発に携わり、ファンコミュニティービジネスで起業に至った経緯、経営者としての思いや今後の経営戦略に、杉本貴司編集委員が迫ります。…

米マクドナルド、ロシア事業売却へ

ロシアのウクライナ侵攻で世界のビジネスが揺らいでいます。ウクライナに進出する企業は事業が停止し、ロシア事業を見直す動きも広がっています。日本企業を中心に、ビジネスへの影響をまとめました。 米マクドナルド ロシア事業売却へ 米マクドナルドはロシアによるウクライナ侵攻を受け、ロシア事業を売却する。3月上旬から現地での事業を一時停止していた。 【関連記事】・ 【製造業の動き】・・・・・・ 【非製造業などの動き…

新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」の登録はこちら

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル