新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」の登録はこちら
KMバイオのコロナワクチン、12歳未満も治験検討
25日、都内で説明会を開いたKMバイオロジクスの永里敏秋社長

KMバイオのコロナワクチン、12歳未満も治験検討

明治ホールディングス(HD)傘下のKMバイオロジクス(熊本市)は25日、開発する新型コロナウイルスワクチンの子ども向け臨床試験(治験)を2022年春にも始めると発表した。これまで国内でワクチン接種の対象になっていない乳幼児や12歳未満向けも検討する。18歳以上向けでは、早期に国の承認が得られれば22年中にも供給するとした。 KMバイオロジクスの永里敏秋社長は25日の記者説明会で、「小児向けは国内…

NTT、ドコモなど3子会社統合 22年1月に

NTTドコモと長距離固定通信のNTTコミュニケーションズ(コム)、システム開発のNTTコムウェアは25日、2022年1月に経営統合すると発表した。コムとコムウェアは持ち株会社であるNTTの子会社だが、ドコモの子会社にして携帯通信、固定通信、クラウドやセキュリティーなどのICT(情報通信技術)を総合的に提供する。 22年度に3社の機能を再編し、法人事業の売上高を2025年度に現状の2割増の2兆円以…

iPhone13出足低調、販売「12」の6割弱 品薄響く

24日で発売から1カ月となった米アップルの新型スマートフォン「iPhone13」の出足が国内で低調だ。調査会社のBCN(東京・千代田)によると、累計販売台数は2020年発売の12シリーズの57%にとどまる。機能面での目新しさが少ないうえ、部品不足などで生産が間に合わず、手元に届くまで1カ月以上かかるケースが多い。入手困難な新品に代わり、足元では割安な中古品の流通も活発になっている。 BCNがビッ…

丸紅、基本給は上司と決める 挑戦への意識引き出す

丸紅が社員が「ミッション」を設定し、実力本位で評価する風土の浸透を目指している。社内で新規事業のアイデアを応募できるコンテストを通じて若手の自主性を促すほか、管理職は上司と話し合ってミッションや基本給(報酬)を決めるなど評価基準も明確にした。グループの資産やノウハウを生かし、途上国の課題解決を通じて新たな事業の創出を目指す。 インドネシア・スマトラ島。丸紅の捧元則さん(28)は、現地の主力産業で…

東大発「イーロン・マスク」は可能か ディープ起業競え

今月14日、東京大学の本郷キャンパス。新たに始まったアントレプレナーシップ講座で教壇に立ったのは、ライブ動画配信を手がけるSHOWROOM(東京・渋谷)の前田裕二社長だった。 起業のいきさつや仕事の手ごたえなどを説明し、学生に呼びかけた。「起業は特殊じゃない。今年中にでも一個(事業や会社を)つくれる。ワクワクしてほしい」 東大はいま起業の中心地のひとつだ。提供する教育プログラムに呼応するように、…

NEC、非専門家向けデータサイエンティスト育成研修

NECは22日、データサイエンティストを育成する研修「DX人材育成サービス」を開始すると発表した。業務部門に所属するようなIT(情報技術)の専門家ではない人材でも人工知能(AI)を活用したデータ分析が一通りできるようになるとうたい、顧客企業に提案する。 機械学習の学習モデル生成に必要な作業を自動化するソフト「dotData(ドットデータ)」を活用し、データ分析の作業を一通りできるようにする。デー…

ミスターMRJの再出発 三菱重工「名航」の栄光と挫折

日本経済を支えてきたものづくり。そこで働く人たちは何を見て何を思い、世界とどう戦ってきたのか。時代の証言者たちの視点からその栄枯盛衰の歩みを描く。第一弾は日本の航空機産業の中心である三菱重工業の「名航」。戦前から受け継がれた戦闘機の流儀は、なぜ国産民間機誕生の悲願を果たせなかったのか。開発凍結から1年。100年の歴史を持つ空の名門の栄光と挫折に迫る。 8つの小さなプロペラが回り始めて10秒余り。…

新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」の登録はこちら

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル