新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」が新たに登場。登録はこちら
東芝、英投資ファンドから買収提案 関連記事まとめ読み
東芝の車谷社長は、企業統治などを巡り、アクティビストとの対立を深めてきた

東芝、英投資ファンドから買収提案関連記事まとめ読み

東芝が英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズから買収を提案されました。CVCは1株5000円での買い取り価格を提案し、直近の株価に約30%のプレミアム(上乗せ幅)を加えました。背景には東芝とアクティビスト(物言う株主)との対立があります。東芝は2017年の経営危機下、約6000億円の大型増資を実施し、多くのアクティビストが引き受けました。両者の蜜月の関係は長く続かず、足元では企業統治(コ…

ESGに「L」の新機軸 ユニクロは衣料、ソニーは農業

ESG(環境・社会・企業統治)が新型コロナウイルスを機に変容しつつある。従業員の安全対策に注力し脱炭素に取り組む企業ほど、支持されブランド力が高まる。ESGを通じ私たちの「LIFE(生命・生活)」をどう守るかが成長を大きく左右する。「ESG」から「ESGL」へ。新時代に適合しようと挑む企業の最前線を追う。 ファストリ、古いダウンを新品に ドアが開くと、現れたのは青色ではなく緑色のドラえもん――。…

コロナ禍の1年 ウーバー配達員が下した「決断」

新型コロナウイルスの感染拡大による初の緊急事態宣言から1年。この間、仕事や人々の働き方は大きく変容した。料理宅配サービスもその一つで、巣ごもりによる需要が急増した一方で、職を失った人らが続々と配達員に登録し「駆け込み寺」の様相を呈した。コロナ禍の1年を経てある決断をした、ベテラン配達員の1カ月にスポットライトを当てた。 尾崎浩二さん(43)はウーバーイーツのサービスが日本で始まった2016年から…

人気声優がささやく アサヒビール、チューハイ販促

アサヒビールはレモンチューハイ「アサヒ ザ・レモンクラフト」で立体音響技術を使った販促を始めた。声優が演じるキャラクターとレモンクラフトを一緒に楽しむ様子を立体音響で流し、聴覚で商品を訴える。若い女性にターゲットを絞り、人気の声優を起用してさらなる拡販を目指す。 「じゃあ乾杯しようか。カンパーイ!」。パソコンやスマートフォンで視聴すると、アニメ「鬼滅の刃」で人気の声優、下野紘さんが演じるキャラク…

日産、事故ゼロへ「バーチャル研」 高齢者の運転解析

日産自動車は新潟大学や北里大学、相模女子大学と連携し、交通死亡事故ゼロに向けた研究をオンライン上で進める「バーチャル研究所」を立ち上げた。高齢ドライバーの事故増加などが社会問題となる中、事故の原因分析や防止に向けた交通安全の手段を検討していくのが目的だ。オンラインで効率的なコミュニケーションを促し、研究成果を2021年度から順次公表していく計画だ。 新潟大などから専門家 立ち上げたのは「交通安全…

調査で判明、マーケターの実像 コロナで予算は2極化

ウィズコロナで、マーケターの仕事、働く現場には、どのような変化が起きているのか。国内のあらゆる分野で進みつつあるデジタルトランスフォーメーション(DX)にはどう対応しているのか。何に達成感や喜びを感じ、何を目指しているのか――。 日経クロストレンドと日経MJは共同で、マーケティング関連業務に従事する人々の実態を明らかにするためアンケート調査を実施した。 調査会社マクロミルを通じて「会社員」として…

韓国LG、車載電池訴訟で和解 SKが2000億円支払い

【ソウル=鈴木壮太郎】韓国の車載電池大手LG化学が同業のSKイノベーションを営業秘密の侵害で訴えていた係争で、両社は11日、紛争の終結で合意したと発表した。これにより米国際貿易委員会(ITC)がSKに下した輸入禁止命令は解除され、SKは米国生産計画を継続できる。2年越しの係争が決着することで、自動車大手の電気自動車(EV)生産の不確実性は解消に向かうことになる。 両社の合意文によると、SKイノベ…

新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」が新たに登場。登録はこちら

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり