生き方のヒントが満載。経営トップが政治、経済や日々の生活に感じることを綴る「経営者ブログ」に新たな執筆者が加わりました。
Zoom、危機対策の「CEOに聞いて」を月1で継続
ズームは4月から開いてきたCEOらによるウェビナーを今後も月1回の頻度で続ける(写真は1日のウェビナーの様子)

Zoom、危機対策の「CEOに聞いて」を月1で継続

【シリコンバレー=佐藤浩実】ビデオ会議「Zoom」を運営する米ズーム・ビデオ・コミュニケーションズが安全性対策に集中すると表明してから3カ月が過ぎた。進ちょくを伝えるために毎週開いてきたのが、利用者の質問に幹部らがZoomを通じて直接答えるウェビナーだ。頻度は月1回に減らすが、今後も継続する。企業と消費者の新しいコミュニケーションの形になりそうだ。 「プライバシーとセキュリティーは継続的な努力で…

トヨタやマツダのEV会社 6月で開発終了

トヨタ自動車やマツダ、デンソーが2017年に設立した、電気自動車(EV)の基盤技術を開発する「EVシー・エー・スピリット(EVCAS)」が6月末で開発を終了したことが分かった。トヨタが90%、マ…

新興「大企業にマネされた」 協業で知財トラブル

スタートアップと大企業の間で、知的財産や技術を巡るトラブルが相次いでいる。協業を進める際に適切な手続きを取っていないからだ。似たサービスや製品に関する特許や情報管理で後手に回っている実態もある。協業を通じて技術革新を促すオープンイノベーションを広げるには、知財保護のルール整備に加え企業の意識改革も急務だ。 ■RPA巡りDeNAとトラブル 「これは模倣ではないのか」。定型業務を自動化するロボティック…

アウトドア、コロナ下で市場拡大 屋外・近場・非日常

■キャンプや登山へ外出意欲高まる ■感染リスクが低く手軽に楽しめる ■ゴルフ用品の市場規模を抜く勢い…

キャンプファイヤー、コロナ関連支援の手数料無料に

クラウドファンディング大手のCAMPFIRE(キャンプファイヤー、東京・渋谷)は、新型コロナウイルスの影響を受けた事業者が資金を集める際にかかる手数料を無料にすると発表した。従来かかった5%の決済手数料を、キャンプファイヤーと連携しているKDDIが事業者に代わり負担する。 新型コロナの感染拡大で売り上げが減るなどの損失があった全国の飲食店や宿泊施設、アーティストが対象で、7月末までに申請があった…

ビジネスセクションの活用術

■「ビジネス」の一押し 「Bizレーダー」は話題のビジネスニュースの内幕や、企業の隠れた思惑を掘り起こすコラムです。担当記者が独自取材した知られざるエピソードや、新たな事実を示すデータをもとに、ニュースの核心を突きます。 ■「ビジネス」コラム…

CASE時代のネジ新工場 青山製作所、クリーン徹底

自動車用ボルト大手の青山製作所(愛知県大口町)は電気自動車(EV)や自動運転など次世代技術「CASE」時代に対応したネジ工場を9月に稼働する。工場内を気圧の調整などで不純物が入りにくいクリーンな空間に保つことで、電池やモーター内部で使いやすいネジやボルトを生産する。新型コロナウイルスの影響で新車需要は落ち込むが、中長期的に市場拡大が見込める次世代車に対応する。 EVや自動運転向けのネジを生産する…

生き方のヒントが満載。経営トップが政治、経済や日々の生活に感じることを綴る「経営者ブログ」に新たな執筆者が加わりました。

PR