新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」が新たに登場。登録はこちら
21年初のユニコーン上場 ビズリーチ親会社のビジョナル
ビズリーチは企業やヘッドハンターが求職者にアプローチできるサービスを展開する

21年初のユニコーン上場ビズリーチ親会社のビジョナル

人材サービスのビズリーチを傘下に持つビジョナルは22日、東証マザーズ市場に株式を上場する。時価総額は1000億円を超え、国内企業では2021年で初めてのユニコーン(企業価値10億ドルを超える未上場企業)の上場となる見通しだ。ビズリーチの主戦場である高収入層の転職市場は堅調だが、売上高の8割を同事業に依存する収益構造には危うさも伴う。持続成長には近年のユニコーンの鬼門となっている「多角化」がカギを…

伊藤忠、脱炭素でスタートアップ連携 AI管理の蓄電池

総合商社がスタートアップとの協業を急いでいる。新型コロナウイルス禍ではビジネスの前提が変貌し新しい技術や発想が一段と求められる。商社進化論の第7部は商社各社がスタートアップと新ビジネスに挑む姿からコロナ後の世界を読み解く。初回は蓄電池など生活消費分野で従来の事業モデルからの転換に挑む伊藤忠商事を追う。 「一般家庭でもそんなことができるのか」。2021年3月、伊藤忠商事の発表に電力業界は騒然とした…

ルネサス、那珂工場で新たに発煙 約3時間後に再稼働

半導体大手のルネサスエレクトロニクスは21日、稼働を再開した那珂工場(茨城県ひたちなか市)のN3棟で発煙があったと発表した。午後4時半頃に工場設備から発煙し同社社員が鎮火した。一時生産を停止したものの午後8時には再稼働した。今後の生産や出荷への見通しに影響はないとしている。 発煙があったのは、N3棟の1階床下部分にある自動搬送台車の電源盤で3月の発火場所とは異なる。半導体を製造しているクリーンル…

東芝、消えそうにない買収の「火種」

英投資ファンドのCVCキャピタル・パートナーズによる東芝への買収提案はひとまず収束する方向となった。東芝の経営陣は買収の議論からは一旦距離を置き、通常の経営に戻りたい考えだ。しかしCVCが付けた買収の「火種」は、簡単には消えそうにない。 21日の東芝株は前日比145円(3.3%)安の4205円で取引を終えた。初期的な買収提案として1株5000円を提示していたCVCが「検討を中断する」という書簡を…

ソニー子会社社長「VR潜在市場は巨大」 PS5安定供給へ

ソニーグループのゲーム事業が正念場を迎えている。同社子会社でゲーム事業を手掛けるソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)は2020年11月に発売した据え置き型ゲーム機「プレイステーション(PS)5」を核に、仮想現実(VR)やコンテンツの競争力を高める。SIEのジム・ライアン社長兼最高経営責任者(CEO)に今後の戦略を聞いた。 ――PS5は供給不足に直面しました。 「PS5が手に入りに…

デジタル資産にバブルの芽 Twitter初投稿に3億円

金融市場にまた一つ、バブルの芽が出てきた。「NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)」と呼ぶデジタル資産だ。ビットコインなど暗号資産(仮想通貨)と同じ基盤技術「ブロックチェーン(分散型台帳)」を使い、所有の真正性を証明するという。次々に登場する資産に資金が群がる構図は、過去の「バブル」を想起させる危うさが漂う。 「現状ではカネ余り下で投機の対象の一つになっている感が強い」…

東急ハンズ、アバターで接客 年内本格導入へ

雑貨大手の東急ハンズが接客分野でデジタルトランスフォーメーション(DX)を進めている。アバター(分身)を使った遠隔での接客システムを2021年中に本格導入する。人員が限られた実演販売を担当するスタッフなどが遠隔で接客することで、店舗ごとに発生するサービス品質の格差を是正する。新型コロナウイルス下で高まる非接触ニーズにも応える。 「現在、渋谷店からご案内しています」。3月、東急ハンズ渋谷店でモニタ…

新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」が新たに登場。登録はこちら

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり