生き方のヒントが満載。経営トップが政治、経済や日々の生活に感じることを綴る「経営者ブログ」に新たな執筆者が加わりました。
ソニー、好調の画像センサーに潜むファーウェイリスク
ソニーが国内4拠点で生産している画像センサーは米中貿易摩擦の影響が顕在化してきた(熊本県菊陽町の子会社工場)

ソニー、好調の画像センサーに潜むファーウェイリスク

ソニーが主力事業の画像センサーで米中ハイテク摩擦のリスクに直面している。米国が5月に中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)に決めた制裁の余波で、同社に供給する画像センサーの取引が縮小する可能性が強まった。ファーウェイ向けに仕様を合わせた特注品は利益率も高く、業績にも影響しかねない。日本企業が抱える米中リスクが顕在化してきた。 ■「すぐに売り先は変えられない」 「野菜を売っているわけじゃないか…

外食店が「密」避けタッチレスに変身 記者が現場探訪

新型コロナウイルスの感染拡大が続き、外食産業への打撃は大きい。居酒屋の売上高が前年を9割下回ったとのデータもある。コロナ禍から外食店を守ろうとスタートアップ各社が動き出した。ロボットを使う省人化から店内の混雑状況の「見える化」まで、様々な場面で外食店を助けている。記者たちが現場を歩いてみた。 ■小さなボタンで送る「空席サイン」 ここは大阪の繁華街、ミナミにある神戸牛を使った料理の専門店。従業員は店…

梅雨が明け、青空は広がったけれど

8月に入って、久しぶりに、灰色の雨雲が消えて、青空が広がっている。梅雨時にしても、今年の7月は、太陽と青空の記憶がないまま過ぎてしまった。最近は、気象関係の統計をみると、ほとんどの事象が「記録的」、「100年に一度」といった修飾がつくのだが、7月は、日照時間も「記録的」に少なかったようだ。「記録的」な豪雨に襲われた地域は、土砂崩れ、河川の氾濫といった被害を受けることになった。梅雨も終わる7月半ば…

ご褒美フルーツティー、喉も店も潤す

「不要不急」が叫ばれ、外出自粛や在宅勤務で気がめいる今日このごろ。それでも夏はやってくる。どんよりした日常をぱっと照らす華やかなフルーツティーが、ファストフード店やコンビニエンスストアでも手に取れるようになった。300円以上するためご褒美感が高いがそれでも売れ行きは好調。喉だけでなく、新型コロナウイルスの影響で売り上げ減少に苦しむ店の財布も潤している。 「程よい甘さで見た目もきれい。マックにして…

ホンダ、特許をAIが仕分け 内田洋行と抗ウイルス椅子

ホンダは7月30日、自社の知的財産戦略に関連する発表会を開いた。既存の特許など知財に関する領域で人工知能(AI)を活用し、特許の維持更新にかかる手間を低減する戦略を推し進める一方、「標準化」をかけ声にオープンイノベーションにも打って出る。 成果の1つが同日発表した、内田洋行が発売するオフィス用椅子。ホンダが軽自動車用シート向けに開発した抗アレルギー物質、抗ウイルス性能を持つ生地を採用した。ホンダは…

ビジネスセクションの活用術

■「ビジネス」の一押し 「Bizレーダー」は話題のビジネスニュースの内幕や、企業の隠れた思惑を掘り起こすコラムです。担当記者が独自取材した知られざるエピソードや、新たな事実を示すデータをもとに、ニュースの核心を突きます。 ■「ビジネス」コラム…

医療機関で初のコロナ倒産、外来診療依存にリスク

新型コロナウイルスの影響を受けて倒産した「新型コロナウイルス関連倒産」は8月3日までに全国で406件確認された。発生件数を月別で見ると2月(1件)、3月(17件)、4月(89件)、5月(86件)、6月(121件)、7月(91件)、8月(1件、3日時点)と推移している。法人および個人事業主、法的整理および破産を前提とした事業停止を対象に算出した。 6月をピークにペースは減速しているようにみえるが、…

生き方のヒントが満載。経営トップが政治、経済や日々の生活に感じることを綴る「経営者ブログ」に新たな執筆者が加わりました。

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり