生き方のヒントが満載。経営トップが政治、経済や日々の生活に感じることを綴る「経営者ブログ」に新たな執筆者が加わりました。
夏商戦に異変? 大型家電「リベンジ消費」で活況
換気機能付きの機種に注目が集まる(ヨドバシカメラマルチメデアAkiba)

夏商戦に異変?大型家電「リベンジ消費」で活況

政府の緊急事態宣言の解除から1カ月がたち、小売店では新型コロナ感染拡大後初となる夏物商戦が始まった。夏のボーナスが低調な中、外出自粛の反動で「リベンジ消費」と言われる動きも見える。政府が配る1人10万円の特別定額給付金も消費を後押しする。商戦の主役はズバリ家電だ。売り場の最前線を取材すると「巣ごもり生活」を反映し、やや値の張る商品の売れ行きが好調だった。 ■大容量の冷蔵庫で自炊も快適に 1日午後の…

トヨタ、世界の全工場再開 ベネズエラも再稼働へ

トヨタ自動車は世界の全工場を再稼働させる。新型コロナウイルス感染拡大で稼働休止を続けていた南米の全工場が7月13日に稼働を再開する。すでに日本、北米、中国や欧州の工場は再稼働している。トヨタは2月から中国を皮切りに世界26カ国の生産拠点で生産休止を始めており、約5カ月ぶりに世界で通常稼働に復帰する。 再稼働した工場もフル生産には戻っていないほか、再び稼働休止となる工場も一部残るが、世界で回復傾向…

社長交代、過去10年で最少に 20年上半期 コロナ影響

日本経済新聞社がまとめた主要企業の社長(頭取含む)交代調査によると、2020年上半期(1~6月)は599社で新社長が就いた。交代した社数は前年同期から111社減り、この10年間で最も少ない。新型コロナウイルスの感染拡大で多くの企業の通常業務が滞るなか、社長交代時期を先延ばしした企業が多かったようだ。 調査対象は上場企業と非上場の大手企業。社長交代社数が減少するのは16年以来4年ぶりとなる。例年か…

オンワード、ZOZOと「雪解け」 DXへ背水の陣

オンワードホールディングス(HD)とZOZOが衣料品の製造販売で提携する。2018年末にZOZOの通販サイトから撤退したオンワードHDだが、提携を機に電子商取引(EC)比率5割という目標の達成に向け事業構造を変える。新型コロナウイルスは実店舗主体の小売業の構造を揺るがしており、2社の「雪解け」は業界の競争環境の激変を象徴する。 ■ZOZOに反発、2018年末撤退 オンワードHDとZOZOは8月下旬…

自動化投資に追い風も 産業用ロボット業界早わかり

日本や中国などで強まった人手不足を受け、工場などの自動化投資が増え産業用ロボット市場は拡大基調にある。新型コロナウイルスの感染拡大で巨大市場である中国で一時的に需要が減少したが、工場の自動化投資が前倒しになる可能性もあり産業用ロボットの需要は底堅いとの見方が多い。 ■基礎知識■ 溶接や組み立て、塗装などの作業をするロボット。人の腕のように複数の関節を持ち、自動車溶接などによく使われる多関節ロボット…

ビジネスセクションの活用術

■「ビジネス」の一押し 「Bizレーダー」は話題のビジネスニュースの内幕や、企業の隠れた思惑を掘り起こすコラムです。担当記者が独自取材した知られざるエピソードや、新たな事実を示すデータをもとに、ニュースの核心を突きます。 ■「ビジネス」コラム…

遠隔勤務、人材採る機会に 地方・都市圏の境界薄れる

新型コロナウイルスの感染拡大を機に、スタートアップや中小IT(情報技術)企業が遠隔地で働く人材の採用を拡大している。勤務地を問わない柔軟な働き方を呼び水に、優秀な人材の獲得を狙う。リモートワーク浸透で「職住近接」の重要性が薄れつつあり、企業が遠隔地の人材に目を向け始めた。 インターネット上で契約できる個人向けカーリースを手掛けるナイル(東京・品川)は6月下旬、リモート勤務を前提とした人材の採用を…

生き方のヒントが満載。経営トップが政治、経済や日々の生活に感じることを綴る「経営者ブログ」に新たな執筆者が加わりました。

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり