生き方のヒントが満載。経営トップが政治、経済や日々の生活に感じることを綴る「経営者ブログ」に新たな執筆者が加わりました。
すかいらーく、元日の閉店時間前倒し コロナ対応で
すかいらーくHDは21年元日の閉店時間を前倒しする

すかいらーく、元日の閉店時間前倒しコロナ対応で

ファミリーレストラン最大手のすかいらーくホールディングス(HD)は、全体の9割にあたる約2800店で年末年始の営業時間を短縮する。2020年12月31日と21年1月1日の2日間の閉店時間を通常よりも2時間半~5時間半前倒しする。元日の閉店時間を前倒しするのは今回が初めて。新型コロナウイルスで夜間の来店客が例年よりも少ないと判断した。 ファミレス「ガスト」や「ジョナサン」などの各店の閉店は通常午後…

ソニー、ライブ配信に触覚技術を応用

ソニーは、アーティストなどが振動を体験できる触覚技術を使ったライブ配信を始める。動画の配信者に視聴者がオンラインで「投げ銭」の報酬を送ると、振動がアーティストなどに伝わる。娯楽系の動画配信だけでなく、中国で伸びている商品販売のネット生配信「ライブコマース」への応用も検討する。 「体中に振動が広がる」。動画配信サービス「SHOWROOM」で音声番組の配信を実験していた声優志望の船橋来菜さんは、驚き…

ANAHD、グループ外企業への従業員出向検討

ANAホールディングス(HD)が従業員のグループ外企業への出向を検討していることが25日、わかった。新型コロナウイルスの感染拡大で国際線を中心に航空需要は低迷しており、人員を一時的に圧縮する。グループの従業員は2022年度までに自然減を中心に3300人程度減少する見込みで、機材の早期退役などと合わせコスト削減や業務効率化を急ぐ。 ANAHDのグループ全体の従業員数は3月末時点で約4万6000人。…

「三星」変えた隠遁のカリスマ サムスン李健熙会長死去

25日に死去したサムスン電子の李健熙(イ・ゴンヒ)会長は、韓国中心だった「三星電子」をグローバル企業に育て上げた。時には苛烈な言葉で幹部をたきつけて企業文化を根本から変えた。公の場にはめったに出ず、出社もしないで自宅で構想を練ることが多い経営スタイルだった。 創業者の父、李秉喆(イ・ビョンチョル)氏の死去を受けて健熙氏が会長となった1987年。サムスンはすでに韓国を代表する財閥だったが、健熙氏の…

サムスンの李健熙会長が死去 中興の祖、半導体を育成

【ソウル=細川幸太郎】韓国サムスン電子は25日、同日未明に李健熙(イ・ゴンヒ)会長が死去したと発表した。78歳だった。1987年からサムスン会長に就任し、半導体やスマートフォン事業などを通じ世界的な企業に育てた。2014年に急性心筋梗塞で倒れて入院し、経営は長男の李在鎔(イ・ジェヨン、52)副会長に実質的に委譲していた。 ソウル市内のサムスンソウル病院で死去した。同社によると、葬儀は故人と遺族の…

iPhone「5G」、狭いエリアとサービス不足が壁

米アップルの次世代通信規格「5G」に対応した新型「iPhone12」シリーズ2機種が23日に発売された。国内のスマホシェア約5割を占めるiPhoneが5G普及の起爆剤と期待されるものの、5Gを使えるエリアが狭いうえ、個人向けのサービスも限られる。普及にはまだ時間がかかりそうだ。 例年と違って静かな滑り出しだった。23日午前8時、東京・表参道のアップルストアが開店した。iPhoneの新機種の発売に…

ビジネスセクションの活用術

■「ビジネス」の一押し 「Bizレーダー」は話題のビジネスニュースの内幕や、企業の隠れた思惑を掘り起こすコラムです。担当記者が独自取材した知られざるエピソードや、新たな事実を示すデータをもとに、ニュースの核心を突きます。 ■「ビジネス」コラム…

生き方のヒントが満載。経営トップが政治、経済や日々の生活に感じることを綴る「経営者ブログ」に新たな執筆者が加わりました。

PR

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり