新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」の登録はこちら
インド版「柿の種」世界へ 亀田製菓、サウジやNZにも
商品はコンビニエンスストアから零細・小型店まで幅広く販売する

インド版「柿の種」世界へ亀田製菓、サウジやNZにも

【ニューデリー=馬場燃】亀田製菓はインドで販路を拡大する。現地で生産するインド版「柿の種」を広めるため、2022年度に1000の零細・小型店に卸す。インドを中東・アジア地域の輸出拠点と位置づけ、年内にサウジアラビアやニュージーランドなどにも供給を始める。 亀田製菓は17年に現地食品大手と合弁会社「ダワット・カメダ」(ハリヤナ州)を設立。同州でインド版の柿の種「KARI KARI(カリカリ)」をつ…

スターフライヤー、巻き返し 町田社長「独自路線貫く」

北九州空港を本拠地とする航空会社、スターフライヤーが揺れている。新型コロナウイルス禍で業績低迷が続き、筆頭株主のANAホールディングス(HD)は2年でトップを交代する人事を断行した。6月に就任した町田修社長は「黒字化が必達の使命」と強調し、2022年度下期にも香港にチャーター便を飛ばすなど、反攻に転じる考えを示す。 町田氏は前任の白水政治氏に続き6月29日、全日本空輸出身者として3人目のスターフ…

ワークマン、ファン100人とタッグ PBの5割を共同開発

作業服大手のワークマンは、商品開発に協力してくれるファンを3年後に100人へ倍増させる。同社の商品を愛用するユーチューバーやブロガーらが対象で、社内からは生まれないデザインや機能を加えるのが狙いだ。プライベートブランド(PB)商品の50%を助言を踏まえたものにし、ネットでの発信力も借りてゴルフ用品など新たな分野に切り込む。 東京・上野にあるワークマン東京本部に、キャンプ系ユーチューバーの「さいと…

無印良品、紙袋を有料化 9月から1枚10円に

「無印良品」を運営する良品計画は、紙製の買い物袋を9月から有料にすると発表した。1枚10円(税込み)で販売する。同社は2020年3月にプラスチック製のレジ袋を廃止した後、紙製の買い物袋を無料で配っていた。 買い物袋の使用を削減し、マイバッグ持参を促す狙い。良品計画は会…

「新横浜線」の運賃、最大140円を基本運賃に加算

相模鉄道と東急電鉄は9日、2023年3月に開業する新路線「新横浜線」の運賃について、距離や運行コストなどから定めた基本運賃に、最大140円を加えたものにすると発表した。新線の整備費用の一部を利用者に負担してもらう。 東急線区間は新横浜―新綱島間で70円を加える。相模線区間は開通している西谷―羽沢横浜国大間で30円加算しているが、羽沢横浜国大―新横浜間も40円追加する。西谷―日吉間で乗…

インドのタタ自動車、フォード現地工場取得 約120億円

【ムンバイ=花田亮輔】インドの自動車大手タタ自動車は7日、西部グジャラート州にある米フォード・モーターの工場を72億5700万ルピー(約120億円)で取得すると発表した。フォードは2021年9月に、インドでの車両生産を終了することを表明していた。タタ自は工場取得を通じて生産体制の拡充を急ぐ。 電気自動車(EV)を手がける子会社のタタ・パッセンジャー・エレクトリック・モビリティーが、フォードの現地…

米ボーイング、「787」出荷再開へ 受注残は400機強

【ヒューストン=花房良祐】米航空機大手ボーイングが中型機「787」の出荷を再開する見通しとなった。品質問題が発覚してボーイングは製造方法の見直しなどを巡り、米連邦航空局(FAA)と協議していた。複数の米メディアは数日以内に、止まっていた納入が再び始まるとの見方を伝えた。 米連邦航空局(FAA)は8日「すべての安全基準に対応するために(ボーイングは)必要な変更を実施した」との見解を示した。ボーイン…

新時代を生き抜く経営とは。事業承継や人材育成など解決のヒントを探るニューズレター「中小経営NEXT」の登録はこちら

PR

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル