アジア最新ニュースの掲載を始めました
アジア > コラム > ビジネスの流儀

ビジネスの流儀

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

ホーチミン日本商工会が主催したマラソン大会の参加者は7割がベトナム人で、貴重な日越交流の場となった(2016年12月)

 ベトナムは「親日国」として知られている。そんな「日本を大好きな人」だからこそ、「日本の悪いところ」も見えてくる。日本企業で長く働いたり、日本に住んだりした経験を持つベトナ…続き(10/19)

露店街はどこもにぎやかで、怪しげでもある(2017年1月、ハノイ)

 インドネシア投資を予定する顧客から、相手側企業のインテグリティー(公正性)に関する調査を依頼された。相手先名、ビジネス規模、歴史、顧客との予定取引概要などを聞き取りを終え…続き(10/5)

筆者は香港で起業した。海外でのビジネス展開は、日本より楽な場合もある

 私は香港で起業し、拠点を日本、上海、広東省、ベトナムに拡大した。「海外でビジネスができるのはすごいですね」と言われることがあるが、実は、海外でのビジネス展開の方が、日本よ…続き(10/12)

CIIアンドラプラデシュが主催したIoT&AIカンファレンス(2017年9月、アンドラプラデシュ州のビシャカパトナム)

 先日、日本の人工知能(AI)ベンチャー企業のお手伝いをしている縁で、インド南部のアンドラプラデシュ州(AP州)で開いた「IoT&AI」セミナーに講師として参加した。
 同州…続き(9/28)

ベトナムの中秋節は正月に次ぐ大きな年中行事で、お互いに月餅を贈り合う習慣がある

 ベトナムで事業をすると、誰もが「賄賂」に悩まされる。私自身、そして周囲の友人・知人の体験談を集めるだけで1冊の本を書き上げられそうなほど、その手の話には事欠かない。徐々に…続き(9/21)

中国の銀聯カードを使った国外現金引き出しは1回当たり1万元、かつ年間10万元以内と決められている=ロイターロイター

 中国において、資金洗浄・租税回避のために、非居住者の銀行口座開設や口座内資金の使用に関する管理が強化されていることを前回、解説した。ここで「外貨管理があれだけ厳しい中国で…続き(9/14)

東南アジアでは、北朝鮮系とみられる企業が活発に活動している。

 昨年夏、東京の法律事務所から「東南アジアに送られる北朝鮮派遣労働者の実態を調べられるか」と問い合わせを受けた。相手の弁護士は依頼元について「あるお客さん」としか教えてくれ…続き(9/7)

鉄は熱いうちに打て [有料会員限定]

インドは「悠久の時が流れる」と形容されるが、都市部の状況は変わってきた(インド・デリー、筆者撮影)

 インドと日本は、時間の流れが違う。先日、ひさびさに日本に戻ったら、人の歩くスピードが速すぎて、混雑する駅や街の人の流れに押し流されるような感覚にとらわれた。インドといえば…続き(8/31)

ベトナムの雑誌や新聞は路上のスタンドで購入できる(ホーチミン市内)

 国外で生活をすると日本語のフリーペーパー、いわゆる「フリペ」が情報源として頼りになる。大使館や領事館など在外公館が発信する公式の情報に加え、病院や教育機関、飲食店などの紹…続き(8/24)

 先日、福建省福州市の料理店で昼食を取り、現金で払おうとしたときに「現金だとお釣りがないので、ウィーチャットペイ(微信支付、スマートフォンで支払える電子マネーの一種)で払ってもらえますか?」と言われた。…続き(8/17)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]