アジア最新ニュースの掲載を始めました
アジア > コラム > マーケットの現場から

マーケットの現場から

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

習近平総書記が明らかにする経済政策の方向性が注目されている(9月の国際会議)=共同共同

 5年に1度の中国共産党大会が18日、北京で開幕する。習近平総書記(国家主席)への権力集中がどれだけ進むかが注目点だが、同時に株式市場が関心を寄せるのは経済政策だ。現地専門…続き(10/17)

鉄鉱石の価格は中国の景気動向に左右される(オーストラリアの鉱山)

 国際商品市場で鉄鉱石の価格が再び下落している。この夏にかけて中国で建設資材の需要が増えるとの思惑から値を上げていたが、中国が例年よりも鉄鋼生産の規制を早めたため、相場上昇…続き(10/10)

世界最大の自動車市場の中国は大気汚染も深刻(北京市)

 大気汚染対策が待ったなしの中国。ガソリンなど化石燃料車を禁止する方針を示したのに続き、バイオエタノール燃料の普及を目指すと発表した。中国は世界一の自動車大国だ。利用が増え…続き(10/3)

中国人民銀行は仮想通貨の発行による資金調達を「金融秩序を乱す違法行為」と位置づけた

 中国がビットコインなどの仮想通貨取引の徹底排除に乗り出した。当局は仮想通貨の発行による資金調達に続き、仮想通貨取引所の閉鎖を通知した。仮想通貨市場の急激な拡大が人民元安や…続き(9/26)

馬化騰CEOはテンセントの高成長をどう維持するのか(11日、香港)=ロイターロイター

 インターネット通販のアリババ集団と並び立つ中国ネット業界の巨人、騰訊控股(テンセント)。その株価が香港株式市場でおよそ1カ月間も膠着している。年初からずっと右肩上がりだっ…続き(9/19)

政府系金融機関である中国証券金融の株式買い増しが判明(東方証券の株主名簿)

 中国の上海株式市場で証券株の売買が盛り上がっている。市場関係者の間で「国家隊」と呼ばれる中国政府系マネーが証券株をこぞって買い増していたことが明らかになり、個人投資家が追…続き(9/12)

国外逃亡したとみられるインラック氏(バンコク)

 タクシン元首相の妹、インラック前首相が国外に逃亡した――。まるでサスペンス映画のワンシーンのようなニュースが報じられたタイの市場で株式相場が上昇し、通貨バーツが買われてい…続き(9/5)

アリババ集団が展開する「アリペイ」は利用できない店を探すのが難しいほど(上海)=ロイターロイター

 中国で現金を持ち歩かない人が急増している。スマートフォン(スマホ)を使った決済が広く普及したためで、インターネット企業の利用者への調査では100元(約1600円)以下しか…続き(8/29)

大ヒットの「戦狼2」は中国映画市場の成長に貢献するか(中国の映画館)

 中国株式市場で映画関連株が盛り上がっている。中国の元軍人がアフリカを舞台に大活躍するアクション映画「戦狼2(ウルフ・ウォリアー2)」が中国映画史上、空前のヒットを飛ばして…続き(8/22)

マレー半島南部の高速道路脇に広大なアブラヤシのプランテーションが広がる(7月)

 年初から堅調が続いた東南アジアの株式相場。北朝鮮と米国の軍事衝突への警戒感から足元でやや調整したが、昨年末に比べるとなお1割前後高い国が多い。そんな中で不振が目立つのが、…続き(8/15)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]