アジア最新ニュースの掲載を始めました
アジア > コラム > Financial Times

Financial Times

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

アジアのドル債市場は拡大傾向にある(米ドル紙幣)=ロイターロイター

 調査会社ディールロジックのデータによると、アジア(日本、オーストラリアを除く)におけるドル建て債券発行額は7~8月の2ヵ月間に393億ドル(約4兆3600億円)に達し、過…続き(9/19)

中国でのリコールで打撃必至の独フォルクスワーゲン(VW)=ロイターロイター

 独フォルクスワーゲン(VW)はエアバッグ問題に関して、中国で販売した486万台をリコール(回収・無償修理)する。VWは今年、中国で品質や販売に関するトラブルが続出しており…続き(9/15)

成長著しい中国の航空機市場はボーイングにとって最も重要な市場の一つだ=ロイターロイター

 盛んに喧伝(けんでん)されたトランプ米大統領の「戦略・政策評議会」が今春、2度目にして最後となる会合を開いた際、大統領は十数人の最高経営責任者(CEO)に向かって、米財務…続き(9/14)

「微信(ウィーチャット)」のマスコット=ロイターロイター

 中国のネット大手、騰訊控股(テンセント)は、人工知能(AI)とゲームに登場するブランド物の仮想衣装を使って広告収入を増やそうとしている。一方で、同社主力の対話アプリ「微信…続き(9/13)

民主移行の会議で演説するアウン・サン・スー・チー氏。ロヒンギャに対する残虐行為を黙認していると非難が上がっている=APAP

 アウン・サン・スー・チー氏は、聖人とまではいかなかったが、かなり近かった。全世界の数百万人の人にとって励ましの存在となり、彼女の闘いは軍政に対する平和的な抵抗のシンボルだ…続き(9/8)

イラスト James Ferguson/Financial Times

 20世紀に起きた大きな戦争は、何らかの破滅的な誤算が誘因となって発生することが多かった。1914年、中立国ベルギーに侵攻したドイツは、英国が同国を守るために参戦してくると…続き(9/6)

北朝鮮の北東部で大きな揺れがあったことを示す中国地震局のホームページ(3日、東京)=共同共同

 北朝鮮が核・ミサイル開発をエスカレートさせたことで、この予測不能な隣国に対する柔軟姿勢を唱えて窮地に陥った中国の専門家グループが打撃を受けている。
 中国で支配的な立場にあ…続き(9/6)

核開発計画について指示する金正恩委員長(右から2人目)とされる写真=朝鮮中央通信・ロイター朝鮮中央通信・ロイター

 北朝鮮が3日に行った核実験に対しては、米韓だけでなく日本や中国、ロシアも懸念を示し、激しく非難した。北朝鮮が実験した新爆弾は同国史上最も強力だ。これが水素爆弾だとする同国…続き(9/4)

テンセント(写真)とアリババは低コスト資金を武器に新興企業への出資を競う=ロイターロイター

 今から約2年前、科学者の王俊氏が自ら創業しゲノム解析大手に成長させたBGIをやめ、中国・深圳で新たに医療技術企業を設立した時、現地のベンチャーキャピタル(VC)は競うよう…続き(9/1)

北朝鮮のミサイル問題解決には日中韓の協調が必須になっている(29日、国連安保理総会で発言する中国の劉結一・国連大使)=ロイターロイター

 「対話は答えではない」──北朝鮮の挑発的なミサイル発射試験に対し、トランプ米大統領がツイッターで示した最新の反応だ。すでに「炎と怒り」という脅しを突きつけていたトランプ氏…続き(8/31)

NIKKEI ASIAN REVIEW

COMPANIES TO WATCH

[PR]