2019年9月21日(土)

就活スタート 会社説明会が解禁

2016/3/1 18:00
保存
共有
印刷
その他

経団連に加盟する企業の会社説明会などの採用活動が1日解禁され、2017年春に卒業する学生の就職活動が本格的にスタートした。経団連は今年から選考解禁日を8月から6月に前倒しした。採用面接開始まで3カ月の「短期決戦」となる。

■学生、合同説明会に列

就職情報大手のリクルートキャリアは同日、合同企業説明会を幕張メッセ(千葉市)で開いた。文系学生向けはトヨタ自動車や全日本空輸など学生の注目度が高い約470社が参加。理系向けも約100社が説明会を開いた。

企業の合同説明会に訪れた学生ら(1日午前、千葉市美浜区の幕張メッセ)

企業の合同説明会に訪れた学生ら(1日午前、千葉市美浜区の幕張メッセ)

東京大学も同日、同大卒業生が活躍する約150社を集めた合同企業説明会を本郷キャンパス(東京・文京)で開催した。延べ3千人超が参加する見込みだ。

■企業、取り組み急ぐ

ソニーは13日にソニー銀行などグループ合同の説明会を2年ぶりに開催。パナソニックも東京の大学や就職関連イベントで説明会を始めた。3月中旬から自社主催の会社説明会も始める。

トヨタ自動車は17年卒向けの会社説明会の回数を前年比で約3割増やす。短期間で集中的に実施することで学生と接触する機会を増やす。トヨタ単独で開いたり、他社と合同での説明会に参画したりする。
三井物産は昨年に都内で初めて開いた1500人規模の単独説明会を3回に増やし、関西でも始める。大学前で営業する学生専用カフェに社員が出向く少人数を対象にした「出張説明会」も実施し、「学生との接点をきめ細かく広げる」(人事総務部)。

■青田買いも進む

人手不足などを背景に、就活は学生の「売り手市場」が続いている。リクルートキャリアの調査では、17年卒の採用活動で解禁前に内々定や内定を出すと回答した企業は44%に達する。すでにインターンやリクルーターを使った学生の「青田買い」が始まっていることを示している。人材争奪戦が激化すれば、実質的な採用活動の前倒しが一段と進む可能性もある。

就活、短期決戦スタート 会社説明会きょう解禁 トヨタ、回数3割増 日立は授業後の夕方検討(3月1日)

■短期インターンも活用

広報活動解禁から採用面接開始までわずか3カ月という短期決戦。大学生は企業が開催を増やす「ワンデーインターン」を活用して早くも志望企業の門をたたく。大学側は学生が自分に合った就職先を見つけられるよう指導する。毎年のように就活日程が変更され、5~6月の教育実習へ参加する学生らへの影響を懸念する大学関係者も多い。

学生、「1日インターン」活用 就活意識高く(3月1日)

多くの学生が参加したマイナビの「就活準備フェア」(2月、東京都江東区)

多くの学生が参加したマイナビの「就活準備フェア」(2月、東京都江東区)

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。