/

ノーベル賞級「重力波」初観測 日本の貢献にも期待

「アインシュタインからの最後の宿題」といわれた重力波の直接観測がなし遂げられた。ノーベル賞級といわれる成果をめざして日米欧のグループが競っていたが、答えを出したのは米大学などのチームだった。でもこれで終わりではない。今後の日本の貢献に世界が期待している。

宇宙の謎に迫る ノーベル賞級の成果

米大学などの国際研究チームは11日、宇宙からやってくる「重力波」を観測したと発表した。
観測されたのは世界で初めて。
宇宙の謎に迫る重要な手掛かりで、ノーベル賞級の成果だ。
重力波はアインシュタインが1916年、みずから打ち立てた一般相対性理論に基づいて存在を予言した。今回の観測は理論の正しさを示す最終証拠となる。
「重力波」を初観測 米研究チーム、宇宙の謎に迫る(2月12日)

重力波とは

重力波はアインシュタインが100年前に予言した、重力によって生じた時空のゆがみが波のように伝わっていく現象。
「重力波」を初観測 米研究チーム、宇宙の謎に迫る(2月12日)
アインシュタインの一般相対性理論によると、重さを持つ物体はその重力によって周囲の時空をゆがめる。
物体が動くことでそのゆがみが波となって伝わっていくのが重力波で「時空のさざ波」ともいわれる。
極めて微弱なためとらえるのが難しく、日米欧の各グループが初観測を競っていた。
重力波とは(2月12日)

米チーム、観測施設の精度高めて成就

米カリフォルニア工科大学や米マサチューセッツ工科大学が中心となり、ワシントン州とルイジアナ州の2カ所に「LIGO(ライゴ)」と呼ぶ1辺4キロメートルの巨大なL字型の観測施設を建設した。
重力波が地上に届くと空間がゆがみ、L字の中心から両端までの距離にわずかなズレが生じる。このズレを精密に測定し、昨年9月14日、重力波が届いたことを確認した。
今から13億年前に、太陽の29倍以上の重さがある2つのブラックホールが合体した時に発生した重力波とみられる。
ブラックホールの合体のような巨大な宇宙イベントでも、発生する重力波は極めて小さい。研究チームは2002年から観測を試みていたが成功せず、装置の感度を10倍に高め、昨年から新たに観測を開始した。
「重力波」を初観測 米研究チーム、宇宙の謎に迫る(2月12日)

日本、一番乗りとはならなったが…

重力波の直接観測をめぐっては米国のほか日本と欧州のグループがそれぞれ大規模な観測装置を建設してきた。
岐阜県飛騨市の地下に昨年完成した「KAGRA(かぐら)」では、(ノーベル物理学賞を受賞した)梶田隆章東大宇宙線研究所長らが観測の準備を進めている。
「重力波」アインシュタインの予言を実証(2月12日)
米国での初の重力波観測の発表を受け、梶田隆章東京大学宇宙線研究所長らが12日、記者会見した。
日本でも、昨秋にほぼ完成した重力波望遠鏡「KAGRA(かぐら)」を使い、2017年度中に本格観測を始め、重力波の直接検出を目指す考えを示した。
「米欧の研究グループと連携して重力波天文学という新しい研究を進めたい」と抱負を語った。
梶田所長は「我々の計画を含め、重力波の観測が可能であることが実証された」と米国の成果を歓迎。日本が一番乗りとはならなかった点について「悔しいというよりは重力波の観測頻度が予想より高そうだと判明したことが喜ばしい」と語った。
宇宙探求、新たな境地 重力波観測で梶田氏「日本勢も連携」
重力波を観測したと発表した国際研究チームを率いるデービッド・ライツィー米カリフォルニア工科大教授は11日の記者会見で、日本の重力波望遠鏡KAGRA(かぐら)による観測開始に期待を示した。
「KAGRAは低温の観測装置を使う」と性能の高さに言及し、日米欧が協力して観測することで検出精度が高まるとした。
重力波観測、日本の施設にも期待 米大教授(2月12日)
重力波観測 光れ「かぐら」 空間の伸び縮み検出に挑む(2015年12月6日)

重力波天文学に貢献へ

梶田所長らは岐阜県飛騨市にあるKAGRAで3月15日から約1カ月間3月15日から約1カ月間、試験観測を実施する。
2年程度かけて、重力波の検出性能を引き上げて本格観測に臨む。
光やエックス線などと異なり、重力波は減衰せずに進む。ここから宇宙誕生以来の「記録」が読み取れる。
過去の宇宙やブラックホール誕生の様子などが、重力波という全く新しい手段で観測できると期待されている。
KAGRAで観測できる重力波の発生源は米大学などが今回観測したブラックホールの合体のほか、高密度の星がペアで高速運動する連星中性子星や、超新星爆発からのものが想定されている。
宇宙探求、新たな境地 重力波観測で梶田氏「日本勢も連携」

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン