マエケンは「格安」? 大リーグ年俸事情

2016/1/8 19:33
保存
共有
印刷
その他

ドジャースの入団会見で笑顔を見せる前田健太投手。背番号は広島時代と同じ「18」だ(7日、ロサンゼルス)=共同

ドジャースの入団会見で笑顔を見せる前田健太投手。背番号は広島時代と同じ「18」だ(7日、ロサンゼルス)=共同

「マエケン」の愛称で親しまれたプロ野球広島のエース、前田健太投手(27)が米大リーグの名門ドジャースに移籍する。8年契約で、AP通信によると報酬は総額2500万ドル(約29億5000万円)。高額の出来高払いがあり、登板回数などの条件をクリアすれば最高で総額1億620万ドル(約125億円)になるというものの、日本を代表する投手としては安い気もする。というのも、今オフに1億ドルプレーヤーが続々誕生するなど、大リーグの年俸高騰が目立つからだ。

■前田「恩を結果で返す」

8年という契約は異例の長さで、日本選手では最長だ。これまで最も長かったのはヤンキースの田中将大の7年だった。

ロサンゼルスの本拠地ドジャースタジアムで入団の記者会見を行った前田は「長期で契約をしてくれた恩を結果で返したい」などと抱負を語った。
米メディアでは契約前に行う健康診断で問題が見つかったと報道されていた。前田は「身体検査でイレギュラーなことがあった」と認めた上で「日本の9年間で一度も長期離脱していない。これから先も投げていく自信はあるし、シーズン200回は投げたい」と強い口調で話した。

前田「恩を結果で返す」ドジャースと8年契約(1月8日)

2012年に無安打無得点試合を達成した前田投手。その後、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)や「プレミア12」でも日本代表として好投した=共同

2012年に無安打無得点試合を達成した前田投手。その後、ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)や「プレミア12」でも日本代表として好投した=共同

■年俸、広島では3億円だったが……

前田投手の広島時代の最高年俸は2015年の3億円(推定)だった。一方、ドジャースでの報酬総額を8で割ると1年当たり3億6800万円となる計算だ。出来高払いが膨らんだとしても、大リーグの相場では安いと思える。

7年総額1億5500万ドル(当時のレートで約161億円)でヤンキース入りした田中将大と比べて金額は大きく見劣りする。
前田、ドジャース入団会見へ 「8年で28億円」報道(1月8日)

■大リーグ、大盤振る舞い

大リーグでは最近、総額1億ドル(約120億円)以上の大型契約を結ぶ選手が相次いでいる。このうち年俸総額2億ドル(236億円)以上という歴史的契約を手に入れたのが、デービッド・プライス(レッドソックス、7年2億1700万ドル)、ザック・グリンキー(ダイヤモンドバックス、6年2億650万ドル)の両投手だ。契約を終えていない大物も多く、今後も驚くような数字が飛び出すのは確実だ。

これほどの大盤振る舞いが可能になるのは、メジャーリーグ(MLB)の収益が十数年連続で増加中で、15年も前年を5億ドル上回る約95億ドルの利益を記録したからだ。その好景気の理由はやはりテレビマネーによるところが大きい。
14年から始まったFOX、TBS、ESPNとの契約だけで、21年までMLBに総額約124億ドルのテレビ放映権料が流れ込む。そのお金が各チームに分配される。さらに、多くのチームがローカル局とそれぞれ総額10億ドル以上の契約も結んでいる。
02年から始まった収益分配制度のおかげで、大都市チームの稼いだ額の一部が市場規模の小さい都市のチームに渡るようにもなっている。
小規模チームでもスター選手に大枚をはたけるようになったのは、この収益分配制度のおかげである。

大リーグ、大盤振る舞い 1億ドル超の大型契約続々(2015年12月29日)

■岩隈・青木はチームメートに

日本人投手では、ドジャースと3年契約を結ぶ直前に「破談」になった岩隈久志投手がマリナーズと再契約した。

AP通信などによると、来季は1200万ドル(約14億5千万円)が保証され、来季から3年連続で190イニング以上を投げれば、総額で4750万ドルになるという。
岩隈「戦う使命ある」 マリナーズと再契約で抱負(2015年12月19日)

米ジャイアンツからフリーエージェント(FA)となった青木宣親外野手は、岩隈のいるマリナーズと1年契約を結んだ。

15年8月に受けた頭部への死球で脳振盪(しんとう)の後遺症を訴え、9月以降をほぼ棒に振った青木は「リハビリも順調だったし、影響はない。来年は一年間を通していい成績を残したい」と、メジャー4球団目となる新天地での意気込みを語った。
背番号は8で、関係者によると年俸は550万ドル(約6億8千万円)。
マリナーズの入団記者会見で、ディポトGM(左)とポーズをとる青木選手(2015年12月3日、シアトル)=共同

マリナーズの入団記者会見で、ディポトGM(左)とポーズをとる青木選手(2015年12月3日、シアトル)=共同

青木「成績残す」リハビリは順調 マリナーズと1年契約(12月5日)

■イチロー・田中・ダルビッシュらも活躍期待

米大リーグ、マーリンズは10月6日、イチロー外野手(41)=本名鈴木一朗=と再契約したと発表した。1年契約で、関係者によると、年俸は200万ドル(約2億4千万円)。42歳で迎える来季も現役を続行し、あと65本に迫る大リーグ通算3千安打の達成が期待される。
大リーグ通算3000安打の記録がかかるマーリンズのイチロー選手=共同

大リーグ通算3000安打の記録がかかるマーリンズのイチロー選手=共同

イチロー、マーリンズと再契約 1年2億4千万円で(2015年10月7日)

15年10月に右肘の骨片除去手術を受け、来シーズンの快投が期待されるヤンキースの田中将大投手=共同

15年10月に右肘の骨片除去手術を受け、来シーズンの快投が期待されるヤンキースの田中将大投手=共同

右肘靱帯の修復手術を受け、15年のシーズンは登板なしに終わったレンジャーズのダルビッシュ有投手。ファンには復帰が待ち遠しいところだ=共同

右肘靱帯の修復手術を受け、15年のシーズンは登板なしに終わったレンジャーズのダルビッシュ有投手。ファンには復帰が待ち遠しいところだ=共同

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]