「18歳選挙権」改正公選法が成立

2015/6/17 18:00
保存
共有
印刷
その他

選挙権年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる改正公職選挙法が17日、成立した。来夏の参院選から「18歳以上」が投票できる見通し。世界的には選挙権年齢は18歳が一般的で、日本も国際標準に追いつく格好だ。

■「18歳以上」が国際標準

新たに選挙権を得る18~19歳は約240万人で、有権者の約2%。各種選挙で20代の投票率の低さは際立っており、18歳選挙権をきっかけに若い世代に政治への関心が高まるよう…
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]