トヨタとマツダが提携 メーカー走らす危機感

2015/5/14 18:00
共有
保存
印刷
その他

 トヨタ自動車とマツダが環境・安全技術分野を中心とする包括提携に踏み切った。世界のメーカーが激しい販売競争を繰り広げるなか、両分野でメーカーに求められる技術水準が一段と高まっている事情が背景にある。「資本関係の前提なしに、幅広く互いの長所を吸収し合う」という異例の提携はどう機能するのか。世界が注目している。

■互いの強みを生かし、弱点を補強

環境分野ではトヨタが家庭の電源で充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)、燃料電池車(FCV)といったエコカーの技術をマツダに供与することなどを想定。マツダは独自の環境技術で定評がある「スカイアクティブ」をトヨタに提供する方向で検討する。

トヨタの「ミライ」ショールーム

トヨタの「ミライ」ショールーム

 トヨタはハイブリッド車(HV)分野では「プリウス」で十分な実績を積んでおり、燃料電池車(FCV)の分野でも「ミライ」で世界をリードしている。

トヨタはHVやFCVなど次世代エコカーは得意だが、既存エンジン車は技術面で弱いとされる。主戦場となる新興国では従来車が主流で、低コスト化が求められている。「HV開発に人が集中しており、経営資源をエンジンに割きにくい」(幹部)のが実情だ。

マツダの「デミオ」はハイブリッド車並みの低燃費を実現

マツダの「デミオ」はハイブリッド車並みの低燃費を実現

 その弱点を補えそうなのが「スカイアクティブ」に代表されるマツダのエンジン技術だ。マツダは既存のエンジン技術を突き詰める形で燃費向上の成果をあげた。半面、次世代エコカー技術の蓄積は少なめだ。

ガソリンエンジンで世界一の高圧縮比、ディーゼルエンジンで世界一の低圧縮比を実現。スカイアクティブの第1弾として、2011年6月に発売した小型車「デミオ」はハイブリッド車並みのリッター30キロという低燃費で市場をアッと言わせた。

電気よりエンジン マツダが挑むエコカー戦略(4月20日)

■広がる「緩やかな連合」

合併や子会社化ではなく、戦略的に提携し緩やかな連合をつくる動きは増えてきている。FCVではホンダと米ゼネラル・モーターズ(GM)が共同開発で合意しているほか、日産自動車も米フォード・モーター、独ダイムラーと共同開発を進めている。トヨタも同技術では独BMWと提携している。今後も同様の動きが業界に広がる可能性は高い。

記者会見で握手するトヨタ自動車の豊田社長(左)とマツダの小飼社長(13日午後、東京都港区)

記者会見で握手するトヨタ自動車の豊田社長(左)とマツダの小飼社長(13日午後、東京都港区)

■待ち受ける「環境」「安全」の壁

 世界では、先進国を中心に「高性能のエコカーでないと売りにくくなる」時代が近づいており、各社の危機感は強い。

米カリフォルニア州は自動車メーカーに温暖化ガスを全く出さない車の販売台数を一定割合義務付けるZEV規制を強化する。

燃料電池車は「究極のエコ」なのか(2月28日)

日本ではプリウスと同程度の重さの車で、2020年度にガソリン1リットルでの走行距離を15年度比で2割高める目標が設定されている。

欧州では20年に走行時の二酸化炭素(CO2)排出量をメーカー平均で走行1キロメートルあたり95グラムとする世界で最も厳しい排ガス規制の導入が控える。中国も欧州並みの規制を導入する方向だ。

「プリウス」燃費40キロ超に マツダも新型車(2月21日)

 ほかにも自動ブレーキや自動運転など開発競争のタネはつきない。これに対応する時間と開発資金の節約は各社共通の課題となっている。

独ダイムラーが米国で公開した自動運転のコンセプトカー

独ダイムラーが米国で公開した自動運転のコンセプトカー

共有
保存
印刷
その他

電子版トップ

企業・業界をもっと詳しく

企業がわかる。業界がみえる。ニュースとデータをまとめてチェック!

【PR】

【PR】

主要ジャンル速報

北海道 2:00
2:00
東北 2:00
2:00
関東 2:00
2:00
東京 2:00
2:00
信越 1:00
1:00
東海 2:00
2:00
北陸 2:00
1:30
関西 2:00
2:00
中国 2:00
2:00
四国 2:00
2:00
九州
沖縄
2:00
1:59

【PR】



日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報