衆院選2014

フォローする

中国 岡山2区、山下・津村が競る 衆院選序盤情勢

2014/12/5 13:28
保存
共有
印刷
その他

■岡山 2区、山下・津村が競る 3区、平沼が手堅い戦い

1区(自)

〈岡山市西部など〉

高井 崇志 45〇維 元 

向谷 千鳥 56 共 新 

逢沢 一郎 60〇自 前[公]

10選をめざす逢沢の地盤は安定。自民支持層の8割を固めた。高井は追い上げに懸命だが、無党派層への浸透が遅れている。

2区(自)

〈岡山市東部、玉野市など〉

山下 貴司 49〇自 前[公]

津村 啓介 43〇民 前 

井上 素子 67 共 新 

山下と津村が競り合う。山下は自民支持層の7割、公明支持層の4割を固めた。津村は連合の支援を受け、民主支持層の9割が支持している。

3区(維)

〈津山市、備前市、和気郡など〉

阿部 俊子 55〇自 前[公]

古松 国昭 69 共 新 

平沼 赳夫 75〇次 前 

平沼が強固な後援会組織を動かし、手堅い戦い。民主や維新の支持層の5割を固め、自民支持層でも4割に浸透。阿部は自民支持層の4割しか固められておらず、巻き返しに必死。

4区(自)

〈倉敷市の旧市部など〉

柚木 道義 42〇民 前 

橋本  岳 40〇自(額)前[公]

垣内 雄一 50 共 新 

橋本が厚い保守地盤に支えられ、優位を保つ。自民支持層の8割を固めた。柚木は浮動票獲得を狙うが、無党派層の支持は2割にとどまる。

5区(自)

〈総社市、笠岡市、井原市など〉

美見 芳明 57 共 新 

加藤 勝信 59〇自(額)前[公]

加藤が盤石。自民支持層の9割近くを固め、民主や維新の支持層にも浸透。美見は政権批判票を取り込めていない。

■広島 6区、亀井を小島が追う

1区(自)

〈広島市中、東、南区〉

白坂 理香 48〇維 新 

大西  理 48 共 新 

伊藤 真二 47〇次 新 

岸田 文雄 57〇自(岸)前[公]

岸田が安定。自民支持層の9割を固め、無党派層の3割の支持も得た。大西、白坂が追う。

2区(自)

〈広島市佐伯区、廿日市市など〉

松本 大輔 43〇民 元 

平口  洋 66〇自(額)前[公]

藤本 聡志 60 共 新 

平口が自民支持層の8割を固め、優位な戦い。松本は民主支持層の9割の支持を集めて追い上げに懸命。

3区(自)

〈広島市安佐南、安佐北区など〉

河井 克行 51〇自 前[公]

清水 貞子 67 共 新 

橋本 博明 44〇民 元 

河井が自民支持層の7割、公明支持層の8割を固めてリード。橋本は労組票を取り込み、支持基盤の拡大を目指す。

4区(自)

〈広島市安芸区など〉

中石  仁 52 共 新 

中丸  啓 51〇次 前 

中川 俊直 44〇自 前[公]

安定した地盤を持つ中川が手堅い。無党派層の3割を固める。中丸は民主支持層の4割しかまとめられていない。

5区(自)

〈呉市、竹原市、豊田郡など〉

尾崎  光 62 共 新 

寺田  稔 56〇自(岸)前[公]

経済界や保守層からの支持が厚い寺田が盤石な戦い。尾崎は集団的自衛権の行使容認を批判する。

6区(未)

〈尾道市の旧市部、庄原市など〉

亀井 静香 78 無 前 

寺田 明充 63 共 新 

小島 敏文 64〇自(岸)前 

知名度の高い亀井を小島が追う展開。山間部が票田の亀井は民主支持層、維新支持層のそれぞれ5割以上を固めた。小島は保守層への浸透が課題。

7区(自)

〈福山市〉

小林 史明 31〇自(岸)前[公]

村田 享子 31〇民 新 

坂元 大輔 32〇次 前 

小浜 一輝 58 共 新 

自民支持層の8割弱を固めた小林が優勢。村田は労組票の取り込みを目指す。坂元は浮動票を狙う。

■山口 1区、高村が手堅い 2区、岸が支持広げる

1区(自)

〈山口市、周南市西部など〉

高村 正彦 72〇自 前[公]

高邑  勉 40〇維 元[生]

藤井 直子 62 共 新 

高村が強固な地盤と知名度で手堅い戦い。自民支持層の9割を固めた。高邑は民主支持層への浸透が5割にとどまり、無党派層の獲得を目指す。

2区(自)

〈岩国市、光市、周南市東部など〉

岸  信夫 55〇自(町)前[公]

平岡 秀夫 60〇民 元 

赤松 義生 60 共 新 

首相実弟の岸が支持を広げ優勢。自民支持層の8割を固めた。平岡は政権批判票の取り込みに懸命。

3区(自)

〈宇部市、萩市など〉

河村 建夫 72〇自(二)前[公]

藤井 岳志 28 共 新 

三浦  昇 44〇民 元 

河村が安定している。公明支持層の7割も固めた。三浦は維新と連携して切り込みを図る。

4区(自)

〈下関市、長門市〉

安倍 晋三 60 自 前[公]

渡辺 利絵 51 無 新[生]

吉田 貞好 61 共 新 

首相の安倍が盤石。他候補の応援のため全国を回るが、自民支持層の9割強を固めて圧倒する。渡辺、吉田が追う。

■島根 2区、竹下が盤石

1区(自)

〈松江市、安来市など〉

上代 善雄 60 共 新 

細田 博之 70〇自(町)前[公]

和田章一郎 67〇民 新 

細田が安定した戦い。自民支持層の9割を固めた。和田は支持拡大に躍起だが、民主支持層でも6割にとどまる。

2区(自)

〈浜田市、益田市など〉

向瀬 慎一 43 共 新 

山本  誉 57〇社 新 

竹下  亘 68〇自(額)前[公]

竹下が高い知名度と組織力で盤石の態勢。自民支持層の8割に浸透している。山本は政権批判票の獲得に苦戦。向瀬はアベノミクス批判で党勢拡大を図る。

■鳥取 1区、石破が安定

1区(自)

〈鳥取市、倉吉市、岩美郡など〉

塚田 成幸 50 共 新 

石破  茂 57〇自 前[公]

石破が実績、知名度で安定。自民支持層でほぼ取りこぼしがなく、無党派層でも4割に浸透。塚田は政権批判票の取り込みをめざす。

2区(自)

〈米子市、境港市、西伯郡など〉

湯原 俊二 52〇民 元 

赤沢 亮正 53〇自 前[公]

福住 英行 39 共 新 

赤沢が自民支持層の8割を固め、手堅い選挙。湯原は民主支持層の7割に浸透し、追い上げに懸命。福住は無党派層への浸透をはかる。

比例 定数11

自民、勢力維持 維新、1議席か

【自民】(1)石破茂57※前(1)赤沢亮正53※前(1)細田博之70※前(1)竹下亘68※前(1)逢沢一郎60※前(1)山下貴司49※前(1)阿部俊子55※前(1)橋本岳40※前(1)加藤勝信59※前(1)岸田文雄57※前(1)平口洋66※前(1)河井克行51※前(1)中川俊直44※前(1)寺田稔56※前(1)小島敏文64※前(1)小林史明31※前(1)高村正彦72※前(1)岸信夫55※前(1)河村建夫72※前(20)新谷正義39前(21)池田道孝67前(22)古田圭一57新(23)木村光寿41新(24)秋田博紀52新(25)古賀直子45新(26)笹尾憲司65新

【民主】(1)湯原俊二52※元(1)和田章一郎67※新(1)津村啓介43※前(1)柚木道義42※前(1)松本大輔43※元(1)橋本博明44※元(1)村田享子31※新(1)平岡秀夫60※元(1)三浦昇44※元(10)炭村信義67新

【維新】(1)高井崇志45※元(1)白坂理香48※新(1)高邑勉40※元

【公明】(1)斉藤鉄夫62前(2)桝屋敬悟63前(3)日下正喜49新

【次世代】(1)平沼赳夫75※前(1)伊藤真二47※新(1)中丸啓51※前(1)坂元大輔32※前

【共産】(1)大平喜信36新(2)矢引亮介44新

【社民】(1)山本誉57※新

【幸福】(1)国領豊太33新(2)河井美和子52新(3)佐伯知子35新

自民は前回と同じ5議席を固める。民主は前回と同じ2議席を維持する可能性が高い。公明が手堅く2議席を確保する一方、維新は1議席にとどまりそうだ。共産も議席獲得が視野に入る。

衆院選2014をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

各選挙区の序盤情勢(敬称略)

電子版トップ

電子版トップ特集トップ