2019年6月24日(月)

衆院選2014

フォローする

東海 愛知3区、池田と近藤が接戦 衆院選序盤情勢

2014/12/5 13:28
保存
共有
印刷
その他

■愛知 3区、池田と近藤が接戦 1区、再選狙う熊田優勢

1区(自)

〈名古屋市東、北、西、中区〉

広沢 一郎 50 諸 新 

身玉山宗三郎 41〇次 新 

平山 良平 66 社 新 

熊田 裕通 50〇自(大)前[公][改]

吉田 統彦 40〇民 元 

大野 宙光 51〇共 新 

熊田が自民支持層の7割を固め優勢。吉田は浮動票の獲得を狙う。広沢は名古屋市長の河村たかしの知名度を武器に巻き返しを図る。

2区(民)

〈名古屋市千種、守山、名東区〉

東郷 哲也 43〇自(町)前 

古川 元久 49〇民 前 

黒田 二郎 66 共 新 

古川は民主支持層の8割を固める。東郷は自民、公明支持層の6割をそれぞれ取り込み、追い上げる。

3区(自)

〈名古屋市昭和、緑、天白区〉

増田 成美 41 諸 新 

石川  寿 49 共 新 

池田 佳隆 48〇自(町)前[公][改]

近藤 昭一 56〇民 前 

井桁  亮 45 次 新 

池田と近藤の接戦。池田は保守層の浸透を図る。近藤は民主支持層の8割を固め無党派層の支持拡大を目指す。

4区(自)

〈名古屋市瑞穂、港、南、熱田区〉

牧  義夫 56〇維 元 

工藤 彰三 50〇自(麻)前[公]

高橋 祐介 36〇共 新 

刀祢 勝之 44〇民 新 

工藤が自民支持層の6割を固めるなど幅広い支持を得て先行。牧、刀祢が切り込みを図る。

5区(自)

〈名古屋市中村、中川区など〉

藤井 博樹 37 共 新 

赤松 広隆 66〇民 前 

神田 憲次 51〇自(町)前 

安田 庄一 47〇次 新 

神田と赤松が競り合う。神田は自民支持層の6割の支持を得る。赤松は民主支持層の8割を固め、さらに労組票などの取り込みをねらう。藤井、安田が懸命に支持拡大を図る。

6区(自)

〈春日井市、犬山市、小牧市〉

柳沢けさ美 64 共 新 

丹羽 秀樹 41〇自(大)前[公]

森本 和義 48〇民 元 

丹羽が自民支持層の8割を固め、盤石な戦い。幅広い年齢層から支持を集める。森本は無党派層に照準。

7区(自)

〈瀬戸市、大府市、尾張旭市など〉

鈴木 淳司 56〇自(町)前[公]

山尾志桜里 40〇民 元 

郷右近 修 36 共 新 

自民支持層の7割を固めた鈴木を山尾が追う展開。山尾は民主支持層の8割強に浸透。郷右近は非自民票掘り起こしを狙う。

8区(自)

〈半田市、常滑市、東海市など〉

伊藤 忠彦 50〇自(二)前[公]

伴野  豊 53〇民 元 

長友 忠弘 55 共 新 

伊藤がリード。自民支持層の7割を固める。民主支持層の9割の支持を得る伴野は女性票や浮動票の取り込みを図る。

9区(自)

〈津島市、稲沢市など〉

長坂 康正 57〇自(麻)前[公]

岡本 充功 43〇民 元 

渡辺  裕 34 共 新 

保守層が地盤の長坂が安定した戦い。自民支持層の8割、公明支持層の7割を固める。岡本は労組票の取り込み拡大を目指す。

10区(自)

〈一宮市の旧市部、岩倉市など〉

板倉 正文 56 共 新 

江崎 鉄磨 71〇自(二)前[公]

杉本 和巳 54 無 前 

小林 弘子 75〇民 新 

江崎は幅広い年齢層からの支持を集め先行。小林は民主支持層の6割を固める。杉本は無党派層に照準。

11区(民)

〈豊田市の旧市部など〉

八木 哲也 67〇自 前 

古本伸一郎 49〇民 前 

牧田 充生 60 共 新 

自民支持層の7割を取り込む八木と、トヨタ自動車系労組の支援を受け民主支持層8割を固める古本が競り合う。態度未定の無党派層を奪い合う展開。

12区(自)

〈岡崎市、西尾市など〉

牧野 次郎 56 共 新 

重徳 和彦 43〇維 前 

青山 周平 37〇自(町)前[公]

幅広い年齢層からの支持を得る青山を重徳が追う。重徳は民主支持層の6割弱の支持を得て、無党派層への浸透を図る。

13区(自)

〈碧南市、刈谷市、安城市など〉

宮地  勲 60 共 新 

大西 健介 43〇民 前 

大見  正 56〇自(麻)前 

自民支持層の7割を固める大見がやや先行する。大西はトヨタ系労組を足がかりに無党派層の支持拡大を狙う。

14区(自)

〈豊川市、蒲郡市、新城市など〉

鈴木 克昌 71〇民 前[生]

袴田 富治 62 共 新 

今枝宗一郎 30〇自(麻)前 

今枝を鈴木が追う。今枝は自民支持層の7割強を固め、保守層へ浸透。鈴木は民主支持層7割を取り込む。袴田は党勢拡大を目指す。

15区(自)

〈豊橋市、田原市〉

根本 幸典 49〇自(町)前 

串田 真吾 38 共 新 

関 健一郎 36〇民 新 

自民支持層の8割を固めた根本が幅広い世代に支持を広げ、手堅い戦い。関は若年層の取り込みを図る。

■静岡 7区、城内が圧倒

1区(自)

〈静岡市西部〉

河瀬 幸代 63 共 新 

上川 陽子 61〇自(岸)前[公]

小池 政就 40〇維 前 

牧野 聖修 69〇民 元 

上川が安定した戦い。法相としての実績をアピールし、自民支持層の8割を固める。小池、牧野が懸命に支持拡大を図り、巻き返しをねらう。

2区(自)

〈島田市、焼津市、藤枝市など〉

松尾  勉 30〇民 新 

井林 辰憲 38〇自(麻)前[公]

四ツ谷 恵 62 共 新 

井林が支持基盤を拡大し優勢。松尾は民主支持層の8割を固め、無党派層の取り込みを目指す。

3区(自)

〈磐田市、掛川市、袋井市など〉

小山 展弘 38〇民 元 

松浦 敏夫 62 共 新 

宮沢 博行 39〇自(町)前[公]

後援会組織を固める宮沢が手堅い戦い。小山は民主支持層の9割を固め、浮動票の獲得を狙う。

4区(自)

〈静岡市東部、富士宮市など〉

杉田 保雄 68 共 新 

望月 義夫 67〇自(岸)前[公]

田村 謙治 46〇民 元 

望月が自民と公明の支持層のそれぞれ8割の支持を得て盤石。田村は無党派層への浸透が課題。

5区(民)

〈富士市、三島市、御殿場市など〉

細野 豪志 43 民 前 

大庭 桃子 58 共 新 

吉川  赳 32〇自(岸)前[公]

細野が高い知名度で優位な戦い。民主支持層の9割を固め、無党派層からも4割の支持を得る。吉川は自民支持層の支持が5割にとどまる。

6区(民)

〈沼津市、熱海市、下田市など〉

勝俣 孝明 38〇自 前[公]

佐藤 龍彦 38 共 新 

渡辺  周 53〇民 前 

堅固な支持基盤を持つ渡辺がリード。民主支持層の9割を固める。勝俣は保守層に加え、公明支持層への浸透を目指して追い上げる。

7区(自)

〈浜松市西部など〉

野沢 正司 65 共 新 

城内  実 49〇自 前[公]

松本 泰高 67〇民 新 

城内が幅広い年代層から支持を得て圧倒。松本は労組票固めを急ぐ。

8区(自)

〈浜松市東部〉

源馬謙太郎 41〇維 新 

古橋 和大 38 無 新 

塩谷  立 64〇自(町)前[公]

落合 勝二 70 共 新 

塩谷が自民支持層の9割弱を固め、安定した戦い。源馬は無党派層への浸透に懸命。

■岐阜 自民、全勝の勢い

1区(自)

〈岐阜市の旧市部〉

野田 聖子 54〇自 前[公]

大須賀志津香 55 共 新 

吉田 里江 49〇民 新 

野田が高い知名度と組織力で安定した戦い。自民支持層の9割弱を固める。吉田は労組票に加え、無党派層への浸透を急ぐ。

2区(自)

〈大垣市、海津市など〉

棚橋 泰文 51〇自 前[公]

森桜 房義 58 共 新 

棚橋が各種団体の支持を取り付けて盤石。全年齢層から5割以上の支持を得る。森桜は党勢拡大に懸命。

3区(自)

〈美濃市、関市、各務原市など〉

園田 康博 47〇民 元 

服部 頼義 56 共 新 

武藤 容治 59〇自(麻)前[公]

武藤が自民支持層の8割を固めて優位な戦い。園田はアベノミクスや集団的自衛権の行使容認を批判して返り咲きを狙う。

4区(自)

〈高山市、美濃加茂市など〉

伊嶌 明博 63 共 新 

今井 雅人 52〇維 前 

金子 一義 71〇自(岸)前[公]

10選を目指す金子が着実に支持基盤を固めてリード。今井は民主、維新の支持層のそれぞれ8割に浸透し、無党派層の取り込みに照準。

5区(自)

〈多治見市、中津川市など〉

鷹見 信義 68 共 新 

阿知波吉信 51〇民 元 

古屋 圭司 62〇自 前[公]

古屋が自民支持層9割を固め、手堅い戦い。阿知波は自民批判票の取り込みに懸命。

■三重 2・3区、中川・岡田が共にリード

1区(自)

〈津市の旧市部、名張市など〉

川崎 二郎 67〇自 前[公]

橋本マサ子 68 共 新 

松田 直久 60〇維 新 

川崎が幅広い年代層の支持を得て優位な戦い。自民支持層の9割弱、公明支持層の6割を固める。松田は民主支持層への浸透が3割強にとどまり、無党派層の取り込みも課題。

2区(民)

〈四日市市南部、鈴鹿市など〉

島田 佳和 44〇自 前 

中野 武史 40 共 新 

中川 正春 64〇民 前 

中川が民主支持層の9割弱を固めてリード。島田は自民支持層の取り込みがまだ6割で、浮動票の獲得を狙う。

3区(民)

〈四日市市北部、桑名市など〉

嶋田 幸司 40〇自 新 

釜井 敏行 32 共 新 

岡田 克也 61〇民 前 

岡田が民主支持層の9割を固めたほか、自民支持層の3割の支持も得た。嶋田は陣営の引き締めに躍起だが、知名度不足が響く。

4区(自)

〈松阪市、多気郡など〉

田村 憲久 50〇自 前[公]

松木 豊年 62 共 新 

田村が盤石な戦い。自民支持層の9割、無党派層の4割を固める。松木は党勢拡大に懸命だ。

5区(自)

〈伊勢市、尾鷲市、鳥羽市など〉

三ツ矢憲生 64 自(岸)前[公]

内藤 弘一 50 共 新 

藤田 大助 38〇民 元 

三ツ矢が自民支持層の8割を固めて安定。藤田は民主支持層の8割を固めるが、無党派層からの支持は2割にとどまる。

比例 定数21

自民に勢い、9議席狙う

【自民】(1)野田聖子54※前(1)棚橋泰文51※前(1)武藤容治59※前(1)金子一義71※前(1)古屋圭司62※前(1)上川陽子61※前(1)井林辰憲38※前(1)宮沢博行39※前(1)望月義夫67※前(1)吉川赳32※前(1)勝俣孝明38※前(1)城内実49※前(1)塩谷立64※前(1)熊田裕通50※前(1)東郷哲也43※前(1)池田佳隆48※前(1)工藤彰三50※前(1)神田憲次51※前(1)丹羽秀樹41※前(1)鈴木淳司56※前(1)伊藤忠彦50※前(1)長坂康正57※前(1)江崎鉄磨71※前(1)八木哲也67※前(1)青山周平37※前(1)大見正56※前(1)今枝宗一郎30※前(1)根本幸典49※前(1)川崎二郎67※前(1)島田佳和44※前(1)嶋田幸司40※新(1)田村憲久50※前(33)浅田恵理33新(34)川田隆57前(35)竹内公子64新(36)桜井宏58前(37)佐橋靖隆63新(38)速水桂二53新

【民主】(1)中根康浩52前(2)吉田里江49※新(2)園田康博47※元(2)阿知波吉信51※元(2)牧野聖修69※元(2)松尾勉30※新(2)小山展弘38※元(2)田村謙治46※元(2)渡辺周53※前(2)松本泰高67※新(2)吉田統彦40※元(2)古川元久49※前(2)近藤昭一56※前(2)刀祢勝之44※新(2)赤松広隆66※前(2)森本和義48※元(2)山尾志桜里40※元(2)伴野豊53※元(2)岡本充功43※元(2)小林弘子75※新(2)古本伸一郎49※前(2)大西健介43※前(2)鈴木克昌71※前(2)関健一郎36※新(2)中川正春64※前(2)岡田克也61※前(2)藤田大助38※元(28)金森正77元(29)野沢和彦52新

【維新】(1)今井雅人52※前(1)小池政就40※前(1)源馬謙太郎41※新(1)牧義夫56※元(1)重徳和彦43※前(1)松田直久60※新(7)佐藤暁53新

【公明】(1)大口善徳59前(2)伊藤渉45前(3)中川康洋46新(4)五十嵐雅之31新(5)柳瀬進一47新

【次世代】(1)藤井孝男71前(2)安田庄一47※新(2)身玉山宗三郎41※新(4)深尾浩紹51新(5)今井良博64新

【共産】(1)本村伸子42新(2)島津幸広58新(3)大野宙光51※新(4)高橋祐介36※新

【生活】(1)渡辺義彦58元

【社民】(1)山登志浩34新

【幸福】(1)伊田信光62新(2)中根裕美40新(3)江頭俊満51新(4)野原典子58新(5)山本純子46新

過去に民主が強みを発揮してきた地域だが、自民が前回の7議席を上回る8議席を固め、9議席をうかがう。民主も前回より1議席増の5議席に届く勢い。維新は前回と同じ4議席確保に全力。前回2議席の公明も上積みを狙う。共産も1議席を固めた。

衆院選2014をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

各選挙区の序盤情勢(敬称略)

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報