2019年9月20日(金)

衆院選2014

フォローする

北陸信越 新潟5区、長島が実績訴えリード 衆院選序盤情勢

2014/12/5 13:28
保存
共有
印刷
その他

■新潟 5区、長島が実績訴えリード

1区(自)

〈新潟市の旧市部〉

西村智奈美 47〇民 元 

石崎  徹 30〇自 前[公]

町田 明広 49 共 新 

石崎が自民支持層の8割を固めて優位な戦い。民主支持層をほぼ固めた西村は無党派層への浸透で巻き返しを図る。

2区(自)

〈柏崎市、燕市、佐渡市など〉

五位野和夫 52 共 新 

渡辺 英明 64〇社 新 

細田 健一 50〇自(町)前[公]

鷲尾英一郎 37〇民 前 

幅広い年齢層の支持を得る細田が優勢。鷲尾はアベノミクスの問題点を指摘し自民批判票の取り込みを狙う。

3区(自)

〈新発田市、村上市、五泉市など〉

伊藤  誠 40 共 新 

黒岩 宇洋 48〇民 元 

斎藤 洋明 38〇自(麻)前[公]

斎藤と黒岩が激突。斎藤は自民支持層を固め農業票にも浸透を図る。黒岩は無党派層の支持拡大で返り咲きを目指す。

4区(自)

〈三条市、加茂市など〉

菊田真紀子 45〇民 前 

西沢  博 34 共 新 

金子 恵美 36〇自(二)前[公]

ともに前職で女性の金子と菊田が競る。自民支持層の7割を固めた金子は20~40歳代の支持を広げる。菊田は政権批判票の取り込みを図る。

5区(自)

〈長岡市の旧市部など〉

森  裕子 58〇生 新 

長島 忠美 63〇自(二)前[公]

服部 耕一 45 共 新 

復興副大臣の長島が政権の実績を訴えリード。森はTPP反対を訴え、農業票などの獲得で懸命に追い上げる。

6区(自)

〈上越市、糸魚川市など〉

高鳥 修一 54〇自(町)前[公]

高橋ミキ子 55 共 新 

梅谷  守 41〇民 新 

高鳥が優勢。安定した政権運営を訴え、公明支持層も5割固めた。梅谷は無党派層の支持拡大が課題だ。

■長野 3区、三つどもえの戦い

1区(民)

〈長野市の旧市部など〉

宮沢 隆仁 59〇次 前 

武田 良介 35 共 新 

篠原  孝 66〇民 前 

小松  裕 53〇自(額)前[公]

篠原、小松が競る。篠原は民主支持層の9割弱を固め、脱原発などを訴え支持を広げる。小松は政権の経済政策継続を主張し浮動票の上積みを狙う。宮沢、武田は浸透に躍起だ。

2区(自)

〈松本市、大町市、東筑摩郡など〉

務台 俊介 58〇自(麻)前[公]

百瀬 智之 31〇維 前 

下条 みつ 58〇民 元 

清沢 達也 40 共 新 

務台が優位な戦い。自民支持層の8割を固めた。返り咲きを狙う下条は無党派層の取り込みで巻き返しを図る。百瀬は自民、民主への批判票を狙う。

3区(民)

〈上田市、小諸市、佐久市など〉

木内  均 50〇自(二)前[公]

唐沢 千晶 44 共 新 

井出 庸生 37〇維 前 

寺島 義幸 61〇民 前 

元首相・羽田孜の後援会など強固な地盤を継いだ寺島、前回の雪辱を狙う井出と木内が三つどもえ。寺島が民主支持層の7割弱を固め、井出は無党派層から一定の支持を獲得。木内は保守票への浸透を図る。

4区(自)

〈岡谷市、諏訪市、茅野市など〉

矢崎 公二 55〇民 元 

後藤 茂之 59〇自 前[公]

上田 秀昭 60〇共 新 

後藤が組織力を生かし手堅い戦い。自民支持層の9割を固め、無党派層にも支持を広げる。矢崎は自民批判票の取り込みを狙う。

5区(自)

〈飯田市、伊那市、駒ケ根市など〉

中嶋 康介 37〇民 新 

水野 力夫 34 共 新 

宮下 一郎 56〇自(町)前[公]

宮下が後援会組織を固め安定。公明支持層にも浸透する。立候補表明が遅れた中嶋は知名度向上を急ぐ。

■福井 1区、稲田が先行

1区(自)

〈福井市、大野市など〉

鈴木 宏治 41〇維 新 

稲田 朋美 55〇自(町)前[公]

金元 幸枝 56 共 新 

党政調会長の稲田がアベノミクスの継続を訴え、高い知名度で先行。鈴木は5割しか固めていない古巣の民主の支持層取り込みが課題。

2区(自)

〈敦賀市、鯖江市など〉

辻  一憲 49〇民 新 

高木  毅 58〇自(町)前[公]

宇野 邦弘 63 共 新 

旧3区が地盤の高木が鯖江市など旧2区の票田にも食い込み安定した戦い。辻は支持拡大に懸命。

■石川 2区、佐々木は強固な地盤

1区(自)

〈金沢市〉

亀田 良典 66 共 新 

馳   浩 53〇自(町)前[公][改]

田中美絵子 38〇民 元 

馳が高い知名度で自民支持層の8割を固めリード。立候補表明が公示直前になった田中は社民支持層や労組票の取り込みで巻き返しを図る。

2区(自)

〈小松市、加賀市など〉

佐々木 紀 40〇自(町)前[公][改]

西村 祐士 60 共 新 

浜崎  茂 47 無 新 

元首相・森喜朗から地盤を継いだ佐々木が安定した戦い。西村は支持拡大に懸命。

3区(自)

〈七尾市、輪島市、珠洲市など〉

渡辺 裕子 29 共 新 

近藤 和也 41〇民 元 

北村 茂男 69〇自(町)前[公]

北村が政権の実績を訴え先行。近藤は各地をこまめに回り追い上げる。

■富山 自民手堅く、全勝の勢い

1区(自)

〈富山市の旧市部〉

田畑 裕明 41〇自(町)前[公]

吉田 豊史 44〇維 新 

高橋  渡 51 共 新 

再選をめざす田畑が会社員や主婦層などに浸透して優勢。吉田は候補のいない民主を支持する層の獲得で追い上げを図る。

2区(自)

〈魚津市、滑川市など〉

宮腰 光寛 63〇自(岸)前[公]

東   篤 54〇社 新 

平崎  功 58 共 新 

宮腰が厚い保守層に支えられ安定した戦い。東、平崎は政権の批判票を狙う。

3区(自)

〈高岡市、射水市、氷見市など〉

橘 慶一郎 53〇自 前[公][改]

坂本 洋史 44 共 新 

橘が自民支持層の9割をまとめ手堅い選挙。坂本は支持拡大に懸命だ。

比例 定数11

公明1議席、手堅く確保

【自民】(1)山本拓62前(2)石崎徹30※前(2)細田健一50※前(2)斎藤洋明38※前(2)金子恵美36※前(2)長島忠美63※前(2)高鳥修一54※前(2)田畑裕明41※前(2)宮腰光寛63※前(2)橘慶一郎53※前(2)馳浩53※前(2)佐々木紀40※前(2)北村茂男69※前(2)稲田朋美55※前(2)高木毅58※前(2)小松裕53※前(2)務台俊介58※前(2)木内均50※前(2)後藤茂之59※前(2)宮下一郎56※前(21)助田重義54前(22)佐藤俊33新(23)田伏加南代72新(24)中森福代65元(25)轟好人65新

【民主】(1)西村智奈美47※元(1)鷲尾英一郎37※前(1)黒岩宇洋48※元(1)菊田真紀子45※前(1)梅谷守41※新(1)田中美絵子38※元(1)近藤和也41※元(1)辻一憲49※新(1)篠原孝66※前(1)下条みつ58※元(1)寺島義幸61※前(1)矢崎公二55※元(1)中嶋康介37※新(14)一川保夫72元(15)村田正示71新

【維新】(1)吉田豊史44※新(1)鈴木宏治41※新(1)百瀬智之31※前(1)井出庸生37※前(5)近江屋信広65元

【公明】(1)漆原良夫70前(2)田島公一41新

【次世代】(1)宮沢隆仁59※前

【共産】(1)藤野保史44新(2)上田秀昭60※新

【生活】(1)森裕子58※新(2)河上満栄43元

【社民】(1)渡辺英明64※新(1)東篤54※新(3)石合祐太25新

【幸福】(1)七海ひろこ30新(2)吉田かをる59新(3)横井基至34新

自民は前回から1議席増の5議席を固めた。民主、維新はそれぞれ2議席の見通し。公明は前回と同じ1議席を手堅く確保する可能性が高い。共産も議席を確保できそう。

衆院選2014をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

各選挙区の序盤情勢(敬称略)

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。