2019年9月20日(金)

衆院選2014

フォローする

南関東 神奈川4区、浅尾が知名度で先行 衆院選序盤情勢

2014/12/5 13:28
保存
共有
印刷
その他

■神奈川 4区、浅尾が知名度で先行 8区、江田が一歩リード

1区(自)

〈横浜市中、磯子、金沢区〉

明石 行夫 55 共 新 

松本  純 64〇自(麻)前[公]

篠原  豪 39〇維 新 

6選をめざす松本が先行。自民支持層の8割を固め、主婦層など幅広い支持を獲得。篠原は無党派層の支持拡大が課題だ。

2区(自)

〈横浜市西、南、港南区〉

三輪智恵美 60 共 新 

菅  義偉 66〇自 前[公]

岡本 幸三 54 生 新 

官房長官の菅が実績、知名度で安定。自民支持層の9割を固めた。岡本、三輪は追い上げに懸命。

3区(自)

〈横浜市鶴見、神奈川区〉

勝又恒一郎 52〇民 元 

横田 光弘 57〇次 新 

木佐木忠晶 30 共 新 

小此木八郎 49〇自 前[公]

7選を目指す小此木が自民支持層の8割を固め優勢。公明支持層の7割も固めた。勝又は無党派層への浸透が課題。

4区(み)

〈横浜市栄区、鎌倉市など〉

山本 朋広 39〇自 前[公]

浅尾慶一郎 50 無 前 

荻原 隆宏 44 無 新 

加藤 勝広 70 共 新 

浅尾は解党したみんなで代表を務めた知名度で先行。民主、維新の支持層の7割を固めた。山本は政権継続を訴え保守層の取り込みを図る。

5区(自)

〈横浜市戸塚、泉、瀬谷区〉

坂井  学 49〇自 前[公]

水戸 将史 52〇維 新 

後藤田弥生 48 無 新 

河野 敏久 58〇次 新 

横山 征吾 43 共 新 

坂井がリード。自民と公明の支持層を7割固め、幅広い年齢層で支持を獲得。水戸、後藤田、横山は支持拡大が課題だ。

6区(公)

〈横浜市保土ケ谷、旭区〉

青柳陽一郎 45〇維 前 

三村 和也 39〇民 元 

上田  勇 56 公 前[自]

北谷 真利 53 共 新 

上田が支援を受ける自民支持層の4割を固め安定した戦い。三村、前回比例復活の青柳は政権批判票の上積みを狙う。

7区(自)

〈横浜市港北、都筑区〉

鈴木 馨祐 37〇自(麻)前[公]

豊田 有希 39〇維 新 

大山奈々子 51 共 新 

松田  学 57〇次 前 

中谷 一馬 31〇民 新 

自民支持層を7割固めた鈴木が優位な戦い。民主と維新で候補者の一本化ができず、反自民票が分散。政権批判票を奪い合う中谷と豊田は無党派層への浸透を図る。大山、松田は出遅れている。

8区(み)

〈横浜市緑、青葉区〉

江田 憲司 58 維 前 

若林 靖久 29 共 新 

福田 峰之 50〇自 前[公]

江田が一歩先行。民主支持層の6割を獲得し、自民支持層にも切り込む。福田は保守票を取り込み猛追する。

9区(民)

〈川崎市多摩、麻生区〉

中山 展宏 46〇自 前[公]

堀口  望 38 共 新 

笠  浩史 49〇民 前 

椎名  毅 39〇維 前 

中山と笠が競り合う。中山はアベノミクスの継続を訴え、自民支持層の7割弱を固めた。民主支持層の8割を固めた笠は若者層への浸透を図る。

10区(自)

〈川崎市川崎、幸区、中原区東部〉

城島 光力 67〇民 元 

中野 智裕 56 共 新 

田中 和徳 65〇自 前[公]

7選を狙う田中が安定した戦い。自民支持層の7割を固め、幅広い層で支持を集める。国政復帰をめざす城島は労組票を固め追い上げる。

11区(自)

〈横須賀市、三浦市〉

瀬戸 和弘 62 共 新 

小泉進次郎 33 自 前 

小泉が盤石。自民支持層の9割超を固め、無党派層の支持も広げる。瀬戸は巻き返しを急ぐ。

12区(自)

〈藤沢市、高座郡〉

甘粕 和彦 31〇次 新 

星野 剛士 51〇自 前[公]

味村耕太郎 25 共 新 

阿部 知子 66〇民 前 

再選をめざす星野がリード。無党派層の支持上積みを図る。民主入りした阿部は社民時代の知名度で支持拡大を図る。

13区(自)

〈大和市、座間市、海老名市など〉

甘利  明 65〇自 前[公]

高久 良美 60 共 新 

伊藤 優太 29〇維 新 

甘利が優勢。経済財政・再生相としてアベノミクス推進の実績で民主や維新支持層にも切り込む。伊藤と高久は無党派層の支持獲得に懸命。

14区(自)

〈相模原市緑区東部、中央区など〉

赤間 二郎 46〇自(麻)前[公]

中本 太衛 49〇次 元 

中野渡 旬 66 共 新 

本村賢太郎 44〇民 元 

自民支持層の7割を固めた赤間が安定した戦い。本村は民主支持層の8割弱を固め、政権批判票取り込みに力を入れる。

15区(自)

〈平塚市、茅ケ崎市、中郡〉

池田東一郎 53 無 新 

河野 太郎 51〇自(麻)前[公]

沼上 徳光 28 共 新 

河野が自民支持層の9割近くを固め先行。沼上、池田は浸透に躍起。

16区(自)

〈相模原市南区西部、厚木市など〉

後藤 祐一 45〇民 前 

池田 博英 52 共 新 

義家 弘介 43〇自(町)前[公]

義家と後藤が接戦。義家は保守票の取り込み拡大で引き離しを図る。前回、比例復活の後藤は政権批判票の獲得で追い上げる。

17区(自)

〈小田原市、秦野市など〉

牧島かれん 38〇自(麻)前[公]

吉田 福治 59 共 新 

神山 洋介 39〇民 元 

牧島がリード。元衆院議長・河野洋平の地盤継承と無党派層への浸透を図る。神山は民主支持層の9割を固め、追い上げに懸命だ。

18区(自)

〈川崎市宮前、高津区、中原区西部〉

北村  造 31〇維 新 

樋高  剛 49〇生 元 

塩田 儀夫 64 共 新 

山際大志郎 46〇自 前[公]

中田  宏 50〇次 前 

4選を目指す山際が自民支持層の7割を固め、優位な戦い。横浜市長を務めた中田は高い知名度で無党派層への支持拡大を図る。樋高、北村、塩田は浸透に躍起。

■千葉 4区、野田が安定した戦い

1区(民)

〈千葉市中央、稲毛、美浜区〉

門山 宏哲 50〇自 前[公]

田嶋  要 53〇民 前 

吉田 直義 27 共 新 

田沼 隆志 38〇次 前 

ともに前職の門山、田嶋が競る。前回敗れた門山は自民、公明支持層の6割を固めた。田嶋は労組票を軸に支持拡大を図る。田沼は無党派層への浸透が鍵を握る。

2区(自)

〈千葉市花見川区、習志野市など〉

小松  実 66 共 新 

小林 鷹之 40〇自(二)前[公]

藤巻 健太 31〇維 新 

自民支持層の8割を固めた小林が優勢。藤巻、小松は自民批判票の取り込みで追い上げに懸命。

3区(自)

〈千葉市緑区、市原市〉

松野 博一 52〇自(町)前[公]

岡島 一正 57〇生 元 

青山明日香 32〇民 新 

椛沢 洋平 35 共 新 

松野が高齢者層などの支持を集め先行。青山、岡島は無党派層への浸透が課題。

4区(民)

〈船橋市南部〉

西尾 憲一 64 無 新 

木村 哲也 45〇自 新[公]

野田 佳彦 57〇民 前 

斉藤 和子 40〇共 新 

前首相の野田が自民支持層にも切り込み安定した戦い。木村は保守票の取り込みで巻き返しをかける。

5区(自)

〈市川市南部、浦安市〉

村越 祐民 40〇民 元 

薗浦健太郎 42〇自(麻)前[公]

浅野 史子 44 共 新 

石田 和男 77 無 新 

薗浦が自民支持層の8割、公明支持層の7割を固めリード。村越は労組や無党派層への浸透を図る。

6区(自)

〈市川市北部、松戸市南部〉

三輪 由美 59 共 新 

渡辺 博道 64〇自(額)前[公]

遠藤 宣彦 51〇次 元 

生方 幸夫 67〇民 前 

渡辺が幅広い年齢層からの支持を集め優位な戦い。民主支持層の9割を固めた生方は無党派層の支持拡大を目指す。

7区(自)

〈松戸市北部、野田市、流山市〉

渡部 隆夫 71 共 新 

阿部 治正 60〇社 新 

石塚 貞通 47〇維 新 

斎藤  健 55〇自 前[公]

斎藤は自民、公明支持層の8割を固め優勢。石塚は民主、生活の支持層も取り込み追い上げる。

8区(自)

〈柏市の旧市部、我孫子市〉

太田 和美 35〇維 元 

桜田 義孝 64〇自 前[公]

小野里定良 67 共 新 

桜田が組織票をまとめて手堅い戦い。太田は民主支持層の取り込みで追い上げに懸命だ。

9区(自)

〈千葉市若葉区、佐倉市など〉

秋本 真利 39〇自 前[公]

鴨志田安代 59 共 新 

西田  譲 39〇次 前 

奥野総一郎 50〇民 前 

秋本、奥野、西田の前職3人がぶつかる。自民支持層の7割弱を固めた秋本が一歩リード。奥野は民主支持層の8割をまとめ猛追。西田は保守票の取り込みを目指す。

10区(自)

〈銚子市、成田市、旭市など〉

笠原 正実 60 共 新 

谷田川 元 51〇民 元 

林  幹雄 67〇自(二)前[公]

ベテランの林が農業票や会社員票をまとめ優勢。谷田川は巻き返しをかける。

11区(自)

〈茂原市、東金市、勝浦市など〉

椎名 史明 57 共 新 

森  英介 66〇自(麻)前[公]

金子 健一 57〇生 元 

自民支持層の8割を固めた森が大きく先行。金子、椎名は政権の批判票獲得を狙う。

12区(自)

〈木更津市、館山市、君津市など〉

浜田 靖一 59〇自 前[公]

米本 展久 63 共 新 

浜田が農業や自営業など幅広い業界の支持を集め安定。米本は支持拡大が課題。

13区(自)

〈船橋市北部、鎌ケ谷市、印西市など〉

中川 勝敏 68 共 新 

若井 康彦 68〇民 前 

白須賀貴樹 39〇自(町)前[公]

白須賀が自民、公明支持層の8割を固め優勢。若井は旧4区(船橋市)の野田票を取り込み追い上げる。

■山梨 堀内と長崎、2区で競る

1区(自)

〈甲府市、韮崎市など〉

中島 克仁 47〇民 前 

遠藤 昭子 63〇共 新 

宮川 典子 35〇自(麻)前[公]

保守層に浸透する宮川がやや先行。党の調整で比例代表に回った中谷が支援する。みんな解党で民主入りした中島は民主支持層の8割を固め激しく追う。近畿比例に回った維新の小沢鋭仁の支持層取り込みも急ぐ。

2区(無)

〈富士吉田市、大月市など〉

秋山 晃一 61 共 新 

長崎幸太郎 46 無 前 

堀内 詔子 49〇自(岸)前[公]

堀内と長崎が激戦を展開。組織力でややリードする堀内は地盤の富士吉田市以外で支持拡大を図る。長崎は自民支持層にも切り込み、旧1区の甲州市や山梨市を回り猛追する。

比例 定数22

自民上積み 10議席視野

【自民】(1)中谷真一38前(2)門山宏哲50※前(2)小林鷹之40※前(2)松野博一52※前(2)木村哲也45※新(2)薗浦健太郎42※前(2)渡辺博道64※前(2)斎藤健55※前(2)桜田義孝64※前(2)秋本真利39※前(2)林幹雄67※前(2)森英介66※前(2)浜田靖一59※前(2)白須賀貴樹39※前(2)松本純64※前(2)菅義偉66※前(2)小此木八郎49※前(2)山本朋広39※前(2)坂井学49※前(2)鈴木馨祐37※前(2)福田峰之50※前(2)中山展宏46※前(2)田中和徳65※前(2)星野剛士51※前(2)甘利明65※前(2)赤間二郎46※前(2)河野太郎51※前(2)義家弘介43※前(2)牧島かれん38※前(2)山際大志郎46※前(2)宮川典子35※前(2)堀内詔子49※前(33)金子真理子65新(34)松田紀子59新(35)文月涼47新(36)三沢英生41新(37)角田宏子47新(38)藤田幹雄46元(39)出畑実64新(40)小林博次44新

【民主】(1)田嶋要53※前(1)青山明日香32※新(1)野田佳彦57※前(1)村越祐民40※元(1)生方幸夫67※前(1)奥野総一郎50※前(1)谷田川元51※元(1)若井康彦68※前(1)勝又恒一郎52※元(1)三村和也39※元(1)中谷一馬31※新(1)笠浩史49※前(1)城島光力67※元(1)阿部知子66※前(1)本村賢太郎44※元(1)後藤祐一45※前(1)神山洋介39※元(1)中島克仁47※前(19)前川忠夫76新(20)山口繁75新

【維新】(1)藤巻健太31※新(1)石塚貞通47※新(1)太田和美35※元(1)篠原豪39※新(1)水戸将史52※新(1)青柳陽一郎45※前(1)豊田有希39※新(1)椎名毅39※前(1)伊藤優太29※新(1)北村造31※新

【公明】(1)富田茂之61前(2)古屋範子58前(3)角田秀穂53新(4)川浪隆53新(5)井川泰雄40新

【次世代】(1)田沼隆志38※前(1)遠藤宣彦51※元(1)西田譲39※前(1)横田光弘57※新(1)河野敏久58※新(1)松田学57※前(1)甘粕和彦31※新(1)中本太衛49※元(1)中田宏50※前

【共産】(1)志位和夫60前(2)畑野君枝57新(3)斉藤和子40※新(4)遠藤昭子63※新(5)岡崎裕36新

【生活】(1)岡島一正57※元(1)金子健一57※元(1)樋高剛49※元

【社民】(1)阿部治正60※新(2)木村栄子66新

【幸福】(1)加藤文康52新(2)古川裕三32新(3)壹岐愛子29新(4)宮松宏至74新(5)表奈就子31新

自民は前回の6議席から10議席への上積みが射程に入る。民主は3議席を固め、4議席の確保をうかがう。維新、公明は3議席を固めつつある。反自民層の支持を固める共産は2議席を確保しそうだ。

衆院選2014をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

各選挙区の序盤情勢(敬称略)

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。