2019年9月21日(土)

衆院選2014

フォローする

一覧表と情勢の見方 衆院選序盤情勢

2014/12/5 13:28
保存
共有
印刷
その他

▼名簿、記事中は敬称略

▼党派の略称は自=自民、民=民主、維=維新の党、公=公明、次=次世代の党、共=共産、生=生活の党、社=社民、改=新党改革、諸=諸派、無=無所属。比例代表の略称のうち幸福は幸福実現党、支持なしは政治団体「支持政党なし」

▼選挙区の候補者の並べ方は届け出順。比例代表は政党を公示前の勢力順、候補者は名簿登載順に並べた

(1)選挙区の(☆)は前回議席を獲得した党派で、補選があった場合は補選に勝った党派。定数が減った福井、山梨、徳島、高知、佐賀の5県は旧選挙区の当選党派を記した。この項の党派は維=日本維新の会、み=みんなの党、未=日本未来の党、大=新党大地、国=国民新党

(2)名簿登載順位

(3)氏名

(4)投票日の14日時点の満年齢(15日生まれは1歳を加えた)

(5)選挙区の○や比例代表の※は重複立候補を示す

(6)党派

(7)自民党の前職は原則として派閥名を表記。(町)=町村派、(額)=額賀派、(岸)=岸田派、(麻)=麻生派、(二)=二階派、(石)=石原派、(大)=大島派

(8)前職、元職、新人の別

(9)四角囲み文字は推薦政党

衆院選2014をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ


日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。