衆院選2014

フォローする

北海道 1区、船橋と横路競り合う 衆院選序盤情勢

2014/12/5 13:28
保存
共有
印刷
その他

■北海道 1区、船橋と横路競り合う 7区、伊東を鈴木が追う

1区(自)

〈札幌市中央、西、南区〉

横路 孝弘 73〇民 前 

野呂田博之 56 共 新 

船橋 利実 54〇自(麻)前[公]

飯田 佳宏 41 無 新 

船橋と横路が競り合う。再選をめざす船橋は自民支持層の7割を固めた。前回、小選挙区で初めて苦杯をなめた横路は民主支持層の8割弱を固め、高い知名度を生かして懸命に追い上げる。

2区(自)

〈札幌市東、北区〉

吉川 貴盛 64〇自 前[公]

池田 真紀 42 無 新 

松木 謙公 55〇維 元[生]

金倉 昌俊 40〇共 新 

吉川が組織選挙で保守地盤を固めて安定した戦い。松木は元厚生労働相の三井辨雄の支援を受けるが、民主支持層の3割しか支持を得られていない。

3区(自)

〈札幌市白石、清田、豊平区〉

荒井  聡 68〇民 前 

吉岡 弘子 63 共 新 

小和田康文 44〇維 新 

高木 宏寿 54〇自(二)前[公]

高木と荒井が接戦。高木は保守層の支持固めを急ぎ、自民支持層の7割を固めた。前回比例復活した荒井は閣僚経験などを訴え、民主支持層の8割以上を固めて浮動票の獲得も狙う。

4区(自)

〈札幌市手稲区、小樽市など〉

鉢呂 吉雄 66〇民 元 

酒井 隆裕 40 共 新 

中村 裕之 53〇自(麻)前[公]

再選を狙う中村は支持基盤を着実に固めて都市部への浸透を急ぐ。返り咲きを狙うベテラン鉢呂は民主支持層をほぼ固め、経済産業相を務めた知名度を武器に追い上げに懸命。

5区(自)

〈札幌市厚別区、千歳市など〉

鈴木 龍次 54 共 新 

勝部 賢志 55〇民 新 

町村 信孝 70〇自(町)前[公]

12選を目指す町村が知名度、実績で安定した戦い。民主道連幹事長の勝部が巻き返しをかける。

6区(自)

〈旭川市、富良野市、名寄市など〉

佐々木隆博 65〇民 元 

荻生 和敏 65 共 新 

今津  寛 68〇自(額)前[公]

今津は自民、公明支持層の大半を固めて先行。佐々木は民主支持層の8割を固め、無党派層へも浸透して追い上げに躍起。大票田の旭川での攻防がカギを握る。

7区(自)

〈釧路市、根室市など〉

鈴木 貴子 28〇民 前 

石川 明美 63 共 新 

伊東 良孝 66〇自(二)前[公]

地盤固めを着実に進める伊東を鈴木が激しく追う。衆院解散後に民主入りを決めた鈴木は地域政党、新党大地代表の父・宗男の知名度も生かし、保守票の引きはがしに懸命。50歳代、60歳代への浸透では伊東を上回る。

8区(自)

〈函館市、渡島総合振興局管内など〉

原田 有康 66 共 新 

逢坂 誠二 55〇民 元 

前田 一男 48〇自(町)前[公]

逢坂と前田が激戦。逢坂は民主支持層の9割弱を固め、公明票の一部も取り込む。前田は自民支持層の7割を固め、さらなる上積みをめざす。

9区(自)

〈室蘭市、苫小牧市、登別市など〉

山岡 達丸 35〇民 元 

工藤 良一 60 共 新 

堀井  学 42〇自(町)前[公]

再選を目指す堀井が幅広い年代に浸透し先行。自民、公明支持層の8割を固めた。山岡は民主支持層の8割を固めて追い上げに懸命だ。

10区(公)

〈夕張市、岩見沢市、滝川市など〉

木村 賢治 63 共 新 

神谷  裕 46〇民 新 

稲津  久 56 公 前[自]

稲津は支持母体の創価学会と自民支持層を軸に優位に戦いを進める。神谷は保守票の取り込みを進め、巻き返しを図る。

11区(自)

〈帯広市、十勝総合振興局管内〉

三津 丈夫 68〇民 新 

畑中 庸助 63 共 新 

中川 郁子 55〇自(二)前[公][改]

中川は夫の故・中川昭一の支持層を引き継いで盤石。自民支持層の8割近くを固めた。民主支持層をほぼ固めた三津は懸命に追い上げる。

12区(自)

〈稚内市、網走市、北見市など〉

水上 美華 32〇民 新 

武部  新 44〇自(二)前[公]

菅原  誠 41 共 新 

武部は幅広い年代の支持を得て先行。民主支持層の6割を固めた水上はさらなる浸透をめざす。

比例 定数8

議席上積み 民主厳しく

【自民】(1)渡辺孝一57前(2)船橋利実54※前(2)吉川貴盛64※前(2)高木宏寿54※前(2)中村裕之53※前(2)町村信孝70※前(2)今津寛68※前(2)伊東良孝66※前(2)前田一男48※前(2)堀井学42※前(2)中川郁子55※前(2)武部新44※前(13)清水誠一65前(14)金沢知歌子49新(15)東国幹46新

【民主】(1)鈴木貴子28※前(2)横路孝弘73※前(2)荒井聡68※前(2)鉢呂吉雄66※元(2)勝部賢志55※新(2)佐々木隆博65※元(2)逢坂誠二55※元(2)山岡達丸35※元(2)神谷裕46※新(2)三津丈夫68※新(2)水上美華32※新

【維新】(1)松木謙公55※元(1)小和田康文44※新(3)大竹智和37新

【公明】(1)佐藤英道54前(2)武田久之50新

【次世代】(1)安田聡44新

【共産】(1)畠山和也43新(2)金倉昌俊40※新

【社民】(1)道林実72新

【幸福】(1)森山佳則47新(2)瀬戸優一27新

【支持なし】(1)佐野秀光44新(2)本藤昭子72新

自民が前回の3議席を確保する見通し。民主は前回の2議席からの上積みを目指すが情勢は厳しい。公明、維新も1議席を固めた。共産も1議席を確保する可能性が高い。

衆院選2014をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

各選挙区の序盤情勢(敬称略)

電子版トップ

電子版トップ特集トップ