/

あなたの街は? 「人口減少地図」で知る現状と将来

日本の総人口は2014年1月時点で1億2643万人。5年連続で減少しました。前年に比べて人口が減ったのは39道府県。市区町村単位でみると、8割の自治体が前年より減り、地方の厳しさが浮き彫りになります。民間団体の日本創成会議は2040年時点の20~39歳の若年女性人口を試算し、10年時点と比べ半分以下になる自治体を「消滅可能性がある」としました。全国の約1800の市区町村のうち、半数近くの896自治体が消滅可能性都市になります。さらにそのうちの523自治体は40年時点で人口1万人を割り込んでしまう見通しです。

日本経済新聞 電子版では市区町村ごとの人口の動向がひと目で分かる「人口減少地図」を作成しました。

↑地図画像をクリックすると人口減少地図[完全版]に遷移します↑
一部のブラウザーやスマートフォン、タブレットでは画面が正しく表示されなかったり、動きが制限されたりすることがあります。その場合は[簡易版]もご利用ください

日本創成会議の試算をもとに色分けし、濃い赤の部分は20~39歳の女性が2040年に50%以上減る自治体、濃い紫の部分は80%以上減少する自治体としています。

ほかにも日本の人口動向を表す地図を3つ作成しました。

○2010年から14年にかけて、人口が実際にどれだけ増減したかを示した地図

○各自治体ごとの小学校数

○各自治体ごとの医療機関数

各地図は地図画面右上のタブで切り替えることができます。

ビジュアルデータ一覧ページ(http://vdata.nikkei.com/)もご覧ください。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン