新幹線の半世紀 東海道から北陸、そして北海道へ

2014/9/29 7:00 (2015/3/14 6:12更新)
共有
印刷
その他

東海道新幹線が1964年に開業して約半世紀。2015年3月の北陸に続き、16年3月には北海道にも新幹線のネットワークが伸びる。当初「団子っ鼻」だった外観が、フェラーリをデザインした奥山清行氏が手掛けた北陸新幹線へと進化するまでの過程がわかる年表、都市間の所要時間が路線拡大と高速化によって大幅に縮まったことがわかる地図、乗客数と経済指標との関係などデジタル技術を使ったコンテンツで、「夢の超特急」と日本が歩んだ道のりを改めてたどってみよう。

画像をクリックすると「日本を変えた新幹線 ビジュアルで振り返る半世紀」に飛びます。

※一部のブラウザーやスマートフォン、タブレットでは画面が正しく表示されなかったり、動きが制限されたりすることがあります。
ビジュアルデータ一覧ページ(https://vdata.nikkei.com/)もご覧ください。
共有
印刷
その他

お薦めの「ビジュアルデータ」

関連キーワード

電子版トップ



[PR]