/

10回目の東京マラソン、工夫重ね大会も成長

第10回となる東京マラソンが28日に行われた。大会には約3万7000人が参加、色とりどりのランニングウエアに身を包んだランナーたちが、沿道の声援を受けながら都心を駆け抜けた。東京マラソンは選手やボランティア、沿道の観客が一体となる大イベントとして、市民マラソンが全国に普及するきっかけとなったが、当初は未経験のことばかりだった。課題を克服しながら、参加者の応募倍率が約10倍になる人気大会に成長した。

応募倍率は11.3倍、完走率は96%

国内外の招待選手を除く、一般参加の応募倍率は過去最高の11.3倍。参加者は新宿区の都庁前からスタートし、皇居前、浅草などを経て湾岸の東京ビッグサイト(江東区)のゴールを目指した。完走率は96%だった。
2時間51分で完走した千葉県浦安市の会社員、筒井豊さん(47)は「第1回大会も参加したが、年々沿道の応援が増えている。これだけの声援の中で走れる大会は他にない」と話していた。
東京マラソン 3万7千人が都心駆け抜ける(2月28日)

空からドローン、陸では警官伴走

警視庁などは約1万人体制で沿道などの警備にあたった。2020年東京五輪・パラリンピックも見据え、空から監視する小型無人機「ドローン」や群衆の混雑状況を解析するシステムなどの「新兵器」を試した。
ランナーと一緒にコースを走って警戒する「ランニングポリス」は昨年より26人多い90人。不審ドローンを大型ドローンで捕獲する「無人航空機対処部隊(IDT)」も初めて投入したが、この日は出番はなかった。
東京マラソン、ドローンが空から警備 東京五輪へ試行(2月28日)

日本勢振るわず、高宮の8位が最高

リオデジャネイロ五輪の代表選考会を兼ねた男子の日本勢は、高宮祐樹(ヤクルト)が自己ベストを4分以上更新する2時間10分57秒で最高の8位に入った。
1キロ3分以内で先導していたペースメーカーが7キロ付近で加速後、日本選手でついていけたのは村山ただ一人。その村山が22キロ付近で遅れ、日本勢の惨敗は決した。
今大会から国際レース化した車いすの部は、女子で土田和歌子(八千代工業)が1時間41分4秒で9連覇、男子は洞ノ上浩太(ヤフー)が1時間26分1秒で日本人トップの3位、共にリオデジャネイロ・パラリンピック代表に決まった。
東京マラソン、リレサ優勝 日本勢振るわず(2月29日)

箱根駅伝の覇者、青山学院が存在感

青学大2年の下田と3年の一色は初挑戦で粘り強く走り、日本勢2、3位に食い込んだ。一色が「いらいらした」と言うほど第2集団がスローペースとなったことも幸いした。
19歳の下田は10代の日本最高を3分56秒更新し「うれしい誤算。自分へのプラスの要素が重なった」と喜んだ。
箱根駅伝の覇者・青学勢が存在感(2月29日)

トイレ・軽食…運営改善、工夫重ね成長

「黎明(れいめい)期は全てが手探り。大会ごとに改善の繰り返しだった」。2007年の第1回大会から運営に携わった東京マラソン財団の早野忠昭レースディレクター(57)は振り返る。
ノウハウの積み上げのなさがあらわれたのが、レース中のエネルギー補給のための軽食の量と配置の判断だった。第1回大会ではバナナ約3万7千本とオレンジ7千個などを用意。コース前半に配置した分は早い段階でなくなり、後続ランナーの分が足りなくなった。
初回大会ではスタート地点を中心に600基の仮設トイレを準備したが、30分待ちの場所も。レース後に寄せられた大会に関する数百件の電話の大半は「トイレ問題」だった。
東京マラソン、工夫重ね成長 28日に10回目 トイレ・軽食…運営改善(2月26日)

車いす部門の応援も増える 「障害者理解のきっかけに」

東京マラソンでは第1回大会から車いす部門が設けられた。スピード感や駆け引きが見どころだ。今年から国際パラリンピック委員会(IPC)の公認大会となり、リオ大会の選考会も兼ねる。
当初はなじみが薄く、大会の車いす部門の記録保持者で10回連続で出場している副島正純選手は、「最初のころは先頭が通過する際、沿道にはまだ誰もいなかった」と振り返る。
現在は早くから沿道で声援を送る人が増え、日本パラ陸上競技連盟の担当者は「車いすや障害者の理解を広げるきっかけになっている」と話す。
車いす部門、応援増加「理解のきっかけに」(2月26日)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません