原油安のメカニズム 「シェール封じ」の思惑も

2015/1/6付
保存
共有
印刷
その他

原油の値下がりが続いている。ニューヨーク市場では5日、原油先物相場の指標のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)期近物が節目の1バレル50ドルを一時下回った。5年8カ月ぶりの安値水準だ。サウジアラビアなど中東の有力産油国が安値でも生産量を維持し、供給過剰に陥っているのが原因だ。背景には「シェールオイル封じ」の思惑があり、原油安が長期化するとの見方も広がる。石油資源を輸入に頼る日本の経…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]