水素の音が聞こえた トヨタの燃料電池車が発進

2014/11/20 18:00
保存
共有
印刷
その他

水素で走り、水を排出する「究極のエコカー」が燃料電池車(FCV)だ。トヨタ自動車が12月に発売する世界初の市販車「MIRAI(ミライ)」は、国の補助金を計算に入れても約520万円と高級車並みの値段だ。普及には、水素価格の高さや補給できる場所の少なさなどの課題も多い。そんな未来の車に試乗してみると、聞こえてきたのは「水素の音」だった。

■低速では静か、加速すると……

走り出してまず印象的だったのは静か…
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]