2018年11月19日(月)

東京五輪控え、旅行客向けビジネスが続々日本上陸

2014/10/23 18:06
保存
共有
印刷
その他

「観光立国」を目指す日本政府の旗振りもあり、訪日旅行者は順調に増加している。昨年はじめて超えた1千万人を、今年は10月前半ですでに突破。年末までには1200万人を超えると予測されている。政府は東京五輪が開催される2020年には年間2千万人、将来的には年間3千万人という目標を掲げており、今後さらに多くの旅行者が訪れることが期待される。こうした観光客を狙い海外と同じサービスを日本でそのまま提供する動きが出てきた。

■スマホでタクシー

海外旅行をしたときに困るのが目的地に移動するための交通手段だ。海外で使っているアプリでそのままタクシーを呼び出せるサービスを開始したのが米国シリコンバレー発の黒船「ウーバー」だ。

「ウーバー」ではスマホアプリで地図を見ながら車を呼び出す

「ウーバー」ではスマホアプリで地図を見ながら車を呼び出す

アプリを立ち上げると現在地の周辺を走行するタクシーの位置が示される。地図から配車を希望する場所を選ぶと到着までの時間を通知し、登録ボタンを押せばドライバーの名前や車種、ナンバーを表示する仕組みだ。さらに利用者はドライバーを5段階で評価する仕組みがあり、これまでの利用者がつけた星の数の平均も分かる。

米国でもウーバーのサービスを利用したことがあり、その際に登録したアカウントも有効だった。世界中の約160都市で同じアプリを利用でき、サービスも共通。当然、英語にも対応する。

タクシー配車に黒船アプリ参入 迎え撃つ老舗の勝算(9月2日)

ウーバーではiPadミニで料金などの精算をする

ウーバーではiPadミニで料金などの精算をする

単に海外と日本で同じサービスが受けられることだけが特徴ではない。日本のタクシーでは味わえない便利なサービスや快適な乗り心地で日本在住の客も着実に増やしている。

ウーバーは事前登録しておいたクレジットカードで料金を支払うのだ。

行き先も地図で指定できるので、だいたいの料金も事前に調べられる。

スマホ配車タクシー乗り比べ Uber VS 国内勢(3月18日)

ウーバーでは運転手がドアを開けて出迎えてくれる

ウーバーでは運転手がドアを開けて出迎えてくれる

黒塗りのクラウンが到着し、ドライバーが恭しく後部座席のドアを開けてくれた。料金は2000円と通常のタクシーより高めだが、「リッチな気分になれるのがいい。これからも使う」。

黒船・ウーバーが点火したタクシー下克上(10月20日)

■空いている部屋に格安で滞在

旅行でもう一つ重要な宿泊場所を見つけられるのが「エアビーアンドビー」だ。これも米国発だが日本向けにサービスを開始した。

サンフランシスコ市内の空き部屋をエアビーアンドビーで貸している建築家のケパ・アスケナジーさん

サンフランシスコ市内の空き部屋をエアビーアンドビーで貸している建築家のケパ・アスケナジーさん

(米エアビーアンドビー)は世界中の個人の空き部屋や住宅をインターネットで旅行者に紹介している。旅行者は部屋を提供するオーナーと直接やりとりし、宿泊先を決められる。ホテルのようなサービスは受けられないが、割安な料金や、現地の人と交流できる点などが人気を集めている。

空き部屋・空き時間・空き施設…ネットで売ります(9月18日)

スウェーデン・ストックホルムに家族旅行した永井幸恵さんが宿泊したのは地元の民家。「地元の人と交流したり、近くのスーパーや公園に出かけたり。現地の暮らしを体験できた」と永井さんは振り返る。

こだわり旅行企画、SNS・アプリで仲間募る(8月7日)

■海外のスマホやタブレットもそのまま利用可能

こうしたサービスを気軽に利用するには普段使っているスマートフォン(スマホ)やタブレットを旅行先でも使いたい。今後はそうした使い方が当たり前になる可能性も出てきた。

米国と英国で販売する「iPadミニ3」(上)と「iPadエア2」にはアップルSIMという新しいSIMを搭載している

米国と英国で販売する「iPadミニ3」(上)と「iPadエア2」にはアップルSIMという新しいSIMを搭載している

 SIMとは電話番号などの情報を記録したICカードのことで、通常は各通信会社(キャリア)ごとに独自のSIMをもつ。

アップルSIMを使うと特定のキャリアにしばられることなく、必要な時に必要なキャリアを必要な時期だけ使うことができるようになるのだ。

新iPadに隠れた狙い 「アップルSIM」の野望(10月17日)

アップルSIMカードにより、アメリカのユーザーはiPadの画面上でAT&T、スプリント、TモバイルUSが提供するプランを自由に選択して、契約できるようになる。

 アップルSIMは現地のアップルストアでも単体販売される。そのため、iPadエア2とiPadミニ3を買った日本の旅行者がアップルSIMを調達して、手軽に現地の料金プランでiPadを使うことも可能となる。

新iPad、最速で試す 完成度高いが差はわずか(10月22日)

今なら有料会員限定記事もすべて無料で読み放題

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報