/

格安スマホ、ヤマダ電機も参入 家電量販が出そろう

家電量販店最大手のヤマダ電機が格安スマートフォン(スマホ)に参入、これで大手家電量販店がほぼ出そろいました。大手通信会社の月額7千円程度に対し、格安スマホは同2千~3千円程度で使えます。MVNO(仮想移動体通信事業者)が提供するSIMカードを利用した格安スマホはこれまで通話機能がなかったり、通信データ量が制限されたりする欠点がありましたが、最近は通話機能を備えたサービスやデータ量の大きいプランも増えてきました。

一方、大手3キャリアは相次いで通話定額制を導入し、あまり通話を利用しないユーザーにとっては大幅な値上げとなっています。スマホのサービスは通信方式とアプリ次第で、通信会社には基本的に依存しないことから、一般ユーザーが3キャリアを使い続ける理由はもはや「携帯メールアドレスを変えたくない」といった細かい点以外に見当たらなくなってきました。格安スマホを巡る最近の記事をまとめました。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン