スペシャル

フォローする

「円」から「六角形」へ ドイツ、戦術進化でW杯頂点
サッカージャーナリスト 大住良之

(1/4ページ)
2014/7/18 7:00
共有
印刷
その他

ワールドカップ2014ブラジル大会はドイツの優勝で幕を閉じた。西ドイツ時代から通算すると24年ぶり4回目の優勝。統一ドイツになってからは初めての頂点である。

決勝まで7試合戦って6勝1分け。といっても決勝トーナメント1回戦のアルジェリア戦(2-1)、決勝のアルゼンチン戦(1-0)と2回の延長戦がある。ブラジル戦の7-1の大勝があるため得失点差は14(得点18、失点4)もあるが、簡単に勝ち進んだわけではない。

仏、ブラジル戦以外はボールを支配

最も苦しかったのは準々決勝のフランス戦だったのではないか。気温32度、快晴のリオデジャネイロで、午後1時キックオフ。ピッチ上には強烈な日差しが降り注いだ。ドイツは13分にFKからDFフンメルス(ドルトムント)のヘディングで先制したものの、以後は暑さで動けず、フランスに攻め込まれる時間帯が長くなった。後半、追加点のチャンスがあったものの決めきれず、1-0のまま終了した。

この試合のボール支配率は50%ずつだった。今大会のドイツが相手よりボール支配で下回ったのは準決勝のブラジル戦のみ。ドイツが前半で5-0と大差をつけ、後半はブラジルが必死に反撃するなか、ドイツがカウンターを繰り出すという展開での数字だった。他の試合ではどんな展開でもドイツが支配する時間が長かったが、ただ一試合、相手を上回ることができなかったのがフランス戦だった。

代表のサッカー、クラブより「雑」

今大会では、「代表チームのサッカー」の特殊性が今まで以上にクローズアップされたように思う。

通常、代表で活動できるのは年に数十日、10~15試合程度にすぎない。それに対し、選手たちが所属するクラブチームのサッカーは、年間ほぼ11カ月間にわたって活動し、毎日トレーニングし、年に50~60試合をこなす。どちらがチームプレーの精度を上げることができるか、考えるまでもない。

そしていま、数は多くないにしても、欧州のいくつかのビッグクラブは「世界選抜」のようなメンバーを集めることさえ可能で、そこにチームプレーを植え付けることができるのだ。そうしたクラブチームのサッカーと比較すると、代表チームのサッカーは当然「雑」というか、個人の打開力に頼る形が多くなる。

ザッケローニ監督が率いた日本代表はその数少ない例外で、緻密なチームプレーをベースとしていたが、チームのコンディションをピークにもっていくことができず、早々と敗退した。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
横浜Mのティーラトン(右)らタイ選手が出場するJリーグの試合はタイ国内でも注目される=共同共同


 サッカーのJリーグがタイでのビジネス展開で攻勢をかけている。日本でプレーするタイ人選手が増え、当地でJリーグの認知度は高まっており、放映権収入も伸びている。タイなど東南アジアのサッカー市場は伸びしろ …続き (8/7)

2回目のトークイベントでは太子堂フットボールクラブの小学生と交流した(17日)(C)ROOTS.実行委員会(C)ROOTS.実行委員会

 コロナ禍の渦中、「自分たちの経験を子どもたちに伝えられないか」と動き出したアスリートは多い。中でもサッカーJ1の横浜Mユース出身者6人による「ROOTS.」はユニークだ。共通点は同じユース出身という …続き (6/25)

大学生のサッカー部員を支援するプロジェクトを始めた酒井宏樹(左)と大津=共同共同

 サッカーJ1の横浜マリノスに所属する大津祐樹が今年1月から、日本代表の酒井宏樹(マルセイユ)と共同で、大学のサッカー部員を支援するプロジェクト「Football Assist」を始めた。
 大学の男女 …続き (3/11)

ハイライト・スポーツ

[PR]