怪物スアレスの「一撃」が呼んだウルグアイ決勝弾

2014/6/25 8:55
保存
共有
印刷
その他

0-0のまま静かに時が過ぎていくと思われた。引き分けでも16強進出となるイタリアは59分に退場者を出すと、ゴール前に鍵を掛けた。手も足も出ないウルグアイ。堅い錠前にあらがうとしたら、確かにこれしかなかったかもしれない。その是非はさておき。

79分、スアレスが相手のDFキエリーニにそっと近づき、背後から口を肩に押しつけた。叫び声と転倒。キエリーニが肩をはだけて主審に「歯形」を訴えると、フォルランが駆けより、その襟元をすっと引き上げる。スアレスは自分のシャツをたくし上げ、歯を隠して澄ました顔――。

緊迫感漂うピッチが突然、珍妙なホームドラマの舞台に変わったような。しかし、イタリアの面々の頭の中は不吉な影で真っ黒だっただろう。スアレスは昨年イングランド・プレミアリーグでも相手にかみついた末、終了間際に自ら同点弾を決めている。しかも主審が見ていないとして試合中は不問に付されたところまで、当時と同じ。

2分後のCK。人だかりに飛んだボールはDFゴディンの背中にこつり。スタジアムに渦巻く期待と恐怖に吸い寄せられるようにゴールへ飛び込み、ウルグアイの1次リーグ勝ち抜きを決める決勝弾となった。

スアレスはこの「一撃」以外、何もしていない。前線からの守備などに興味はなく、イタリアにボールを支配される原因になった。特に割を食ったのが2トップの相方カバニ。司令塔ピルロの監視のため、ボランチのように走り回らされた。エースはそのけなげな姿に応えるどころか、66分の絶好機も逃している。もはやピッチにいる意味などなさそうだったのに、最後の最後、1人で試合をひっかき回した。

昨年のかみつき事件では10試合の出場停止処分を受けている。無言で立ち去った本人の代わりにタバレス監督が擁護した。「私は何も見ていない」と断りつつ、「これはフットボールのワールドカップ(W杯)であり、安っぽいモラルを競うW杯ではない」。凡百の予想や道徳を粉々にするこの怪物あってのウルグアイ。決勝トーナメントのピッチに立つことが許されるなら、さらなる猛威を振るいそうではあるが。

(ナタル=谷口誠)

D組
ウルグアイコスタリカイングランドイタリア 勝ち点

ウルグアイ

ウルグアイ

×

1 - 3

2 - 1

1 - 0

6

コスタリカ

コスタリカ

3 - 1

0 - 0

1 - 0

7

イングランド

イングランド

×

1 - 2

0 - 0

×

1 - 2

1

イタリア

イタリア

×

0 - 1

×

0 - 1

2 - 1

3

日経W杯2014アプリ

日経W杯2014アプリ登場(無料)

W杯ブラジル大会を一層楽しむためのスマートフォン向け無料アプリ「日経W杯2014」が登場しました。サッカー関連記事をスマホで手軽に読めるほか、試合日程や各国代表チームなどの情報を簡単に調べられます。決勝トーナメント進出16チームを予想し、SNSでシェアするなど楽しい機能も満載ですのでぜひお試しください。

保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

「W杯」特設コンテンツはこちら

電子版トップ



[PR]