ゲイツ財団が手を組んだ「日の丸」医薬ファンド

(1/3ページ)
2014/6/26 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「2035年には世界に貧困国はほとんど残っていないだろう」。米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏率いるビル&メリンダ・ゲイツ財団が描く未来図だ。世界規模でまん延する病気や貧困の撲滅を掲げ、各国政府や国際機関と手を組んできた。この財団が日本生まれの官民ファンドとスクラムを組んだ。日本の製薬業界の技術力に着目し、マラリアやエイズウイルス(HIV)などの感染症制圧に大きな一歩を踏み出す。ファンドの取…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

グローバル化、製薬各社の対応は

電子版トップ



[PR]