メジャーリポート

フォローする

田中将大はオールスター当確 先発に推す声も
スポーツライター 杉浦大介

(1/4ページ)
2014/6/23 7:00
保存
共有
印刷
その他

ヤンキース・田中将大の勢いが止まるところを知らない。勝ち星、防御率ともア・リーグのトップで、すでにオールスター選出も確実になった。それどころか、「夢の球宴」ではア・リーグを代表して先発すべきだという声も増えてきている。ローテーションの順番の関係で実際に先発できるかは微妙だが、7月15日に開催されるオールスター戦で、田中が大きな注目を集めることは間違いない。(記録は21日現在)

同じ相手と2度目の対戦でも結果

「打者が慣れるまでは1年目の投手が絶対的に有利」。開幕直後に田中が快刀乱麻の投球を続けると、そんな声が少なからず出ていた。特に田中が最大の武器とするスプリッターは、昨今のメジャーでは投げる投手が少なくなった球種。だとすれば、真価が見極められるのは各球団との2度目の対戦以降という意見も納得できるところではある。

しかし、6月17日に行われた地区首位ブルージェイズとの今季2度目の対戦での投球は、懐疑の声を吹き飛ばすのに十分だった。6回を投げて5安打1失点に抑え、10奪三振は4月4日のメジャー初先発で対戦した際の8奪三振を上回る。

それでも本人は「(全体的に)良くなかった。我慢して低め低めに投げた」と不満げではあったが、ブルージェイズのジョン・ギボンズ監督は「彼は特別。(何度対戦しようが)良い球は良い球なんだよ」と手放しの絶賛ぶりだった。

田中投げればヤンキース12勝2敗

これで勝ち星で両リーグトップに立ち、先発した全14試合でクオリティースタート(6回以上投げて自責点3以下)をクリア。何より、田中の先発試合でのヤンキースは12勝2敗、それ以外は27勝32敗という数字がその重要度を物語る。チームへの貢献度が考慮され、新人王、サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)にとどまらず、リーグMVPの有力候補という声も聞こえてくる。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
トライアウトに臨むマン。背後にはメジャーのスカウトが陣取る

 普段は、ハードロックが大音響でかかっているトレーニング施設「ドライブライン・ベースボール」のメインジム。しかしこの日は音楽が止められ、隣の人と話すにも気を使うほど。選手によっては、これが最後のチャン …続き (1/20)

コール(左)が入団会見で袖を通したヤンキースのピンストライプのユニホームの右胸にはナイキのロゴが入っていた=APAP

 買い物をしようと、ナイキの直営店「ナイキタウン」を訪れたその人は、店に入って商品を見ていると、突然、店員から声をかけられた。
 「○○さんですか?」
 「そうです」とうなずくと、相手がにっこり笑う。
 「 …続き (1/6)

大リーグで過去5年連続で2桁勝利を挙げているバウアー。11月末に来日した=APAP

 過去5年連続で2桁勝利を挙げ、2018年はピッチャーライナーを右足首に受け、骨折していなければサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を取れたであろうトレバー・バウアー(レッズ)の来日は、二転三転した末に、よ …続き (2019/12/30)

ハイライト・スポーツ

[PR]