2018年12月10日(月)

グリップの常識覆す? 極太「スーパーストローク」
クラブデザイナー 喜多和生

(1/2ページ)
2014/7/3 7:00
共有
印刷
その他

先日、中嶋常幸プロがパターのグリップ交換を頼みにきました。中嶋プロはこれまで長尺パターを使っていましたが、2016年から長尺パターのアンカーリング(胸、腹などでクラブの一部を固定して打つこと)が禁止されるのに伴い、通常の長さのパターに切り替えようとしています。その準備として、新しい試みをしたいというのです。それは“極太グリップ"としてツアーで人気の「スーパーストローク」を挿してほしい、というものでした。

自身のゴルフを高めるため、中嶋プロはパターの研究にも余念がない

自身のゴルフを高めるため、中嶋プロはパターの研究にも余念がない

太さが同じ、右手の動き抑える

スーパーストロークの人気は米ツアーから火がついて、今年の国内ツアーでも使っている選手が目立つようになりました。その影響で一般ゴルファーの間にも広がりつつあります。

特徴の第1は、右手と左手のグリップの太さが同じになるパラレルであることです。これまでのパターグリップは手元が太く、先が細くなるテーパーがついているのが当たり前でした。このため、どうしてもボールを打つ際に右手を使いがちでした。

ところが、スーパーストロークはパラレルであるため、右手の動きを抑えてくれます。これが手首の余計な動きを抑えてくれるということで、パッティングに悩むゴルファーが注目したわけです。

グリップの口径を太くして、手首の動きを抑えようという発想は以前からありました。しかし、いつの間にか姿を消してしまいます。その理由は大口径にするとグリップ重量が100グラム以上もあり、パターのバランスが崩れてしまうからです。ところがスーパーストロークは58グラムから100グラム以下と極めて軽量に仕上がっています。このため、バランスを崩さずに極太グリップを装着できるわけです。これが第2の特徴です。

そして私が感心したのは、ちょうど握ると手にほどよく収まるグリップのデザインです。断面図がちょうど野球のホームベースのようになっていて、両手の親指が収まる正面と側面、裏面のつながり具合が絶妙なのです。グリップ表面も適度に粘着性コーティングが施されているので、手になじむ感じも抜群です。

  • 1
  • 2
  • 次へ
共有
印刷
その他

ゴルフコラム

スコアアップヘ

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報