/

この記事は会員限定です

W杯開幕戦、世界中で物議かもしたPK判定の意味

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会が12日(日本時間13日)に始まって早くも1週間がたとうとしている。開幕戦に登場した開催国ブラジルはA組のライバル、クロアチアに3-1で快勝し、幸先のいいスタートを切った。その試合で笛を吹いたのは日本の西村雄一主審。ネイマール(FCバルセロナ)、オスカル(チェルシー)の素晴らしいシュート、世界中で物議をかもしたPK判定。いろいろあった開幕戦を振り返ってみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り4182文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン