2019年9月20日(金)

米エバーノートCEOもうなる女子高生「ITのチカラ」

(1/3ページ)
2014/6/12 7:00
保存
共有
印刷
その他

現代版の「読み書きそろばん」はタブレットと起業論――? 国内でインターネットが普及してきたころに産声をあげた世代がちょうど高校生になった今、教育現場はどう変化しているのだろうか。スマートフォン(スマホ)禁止令を敷く学校がある一方、積極的にIT(情報技術)機器に触れさせることに解を見いだす学校もある。都内のある女子高校に取材すると、まったく新しい風景が見えてきた。

■JK発案の新機能、トップが試作を指示

【映像】 品川女子学院を米エバーノートのリービンCEOが訪問。女子高生との交流をカメラが追った

【映像】 品川女子学院を米エバーノートのリービンCEOが訪問。女子高生との交流をカメラが追った

中高一貫の女子校を運営する私立の品川女子学院(東京・品川)。品川駅近くの高層ビル群を望む都心に校舎を構え、約90年の歴史がある伝統校だ。5月下旬、高校2年生約100人が講堂に集まった。そわそわする女子高生たち。そこに現れたTシャツ・ジーンズ姿の大柄な男性に、会場から黄色い歓声が湧き上がった。

「フィルー!」「かわいい」――。壇上に登場したのは米シリコンバレーに本拠を置く大手クラウドサービス、エバーノート社のフィル・リービン最高経営責任者(CEO)。世界のユーザー数が1億人を超えたというエバーノートは、集まった女子高生にとってもなじみのサービス。そのIT企業のトップの講演に彼女たちは興味津々で耳を傾けた。

講演に続いてタブレットを使った授業が始まると会場はとたんににぎやかに。モデレーター役の教員が「エバーノートにこんな機能があったらいいと思う点は?」と問うと、次々と手があがり、独創的な提案が相次いだ。

「エバーノート内でスキャンできる機能があれば、英語の重いテキストを持ち歩かなくてもいつでも学習できる」「いいねボタンがあれば、シェアがしやすい」「画面上でレイヤー(層)ごとに表示したり消したりできる機能があれば、教材のプリントと自分が書き込んだメモを重ねて見たり隠したりできて便利」――。

女子高生からエバーノートに対する新機能提案が相次ぐ。リービン氏の表情は真剣

女子高生からエバーノートに対する新機能提案が相次ぐ。リービン氏の表情は真剣

それを聞いていたリービン氏の目は真剣そのもの。早くもその場で本社のエンジニアに2通のメールを送り、「JK(女子高生)発案」の新機能を試作するよう指示を出した。ゴーサインが出れば、数カ月後にも搭載されるという。

品川女子学院は高校2年生全員が米アップルの小型タブレット「iPad mini(アイパッドミニ)」を持つ。今年4月から学校が1人1台の貸与を始めた。学内だけでなく、通学途中や自宅でも使え、教育現場や部活動などの課外活動などにフル活用している。

例えば数学科の教員は、代数や幾何などつまずきがちな分野をテーマ別に細かく分けて動画を作成。これを全学共同で使っている「エバーノート」に投稿している。授業でわかりにくかった部分を、個々の生徒がタブレットを使った予習・復習で補うといった使い方をしている。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

親子で学ぶスマホ防衛術

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。