2017年12月13日(水)

髪フサフサ再び 資生堂、再生医療で商機探る
慶応大、iPSで毛包作成

(1/3ページ)
2014/6/1 7:00
共有
印刷
その他

 資生堂は毛髪の再生医療事業に参入する。神戸市に拠点を開設、今秋にもカナダのベンチャーが開発した再生医療製品の提供を開始する予定だ。国内化粧品市場が伸び悩むなか、再生医療に商機を見いだす。iPS細胞を用いた抜本的な毛髪再生の研究も進み、再生医療で髪を取り戻せる時代は近づいている。

「毛根ゼロの患者を救う」目標を持つ慶応大の大山准教授

「毛根ゼロの患者を救う」目標を持つ慶応大の大山准教授

 「脱毛の悩みは深い。特に30代から40代の女性や小さな子供などの脱毛症は社会生活への影響が大きい」――。

 東京・信濃町の慶応義塾大学病院皮膚科。大山学准教授が担当する毛髪外来は通常17時までにもかかわらず19時までいっぱいだ。自身の免疫が過剰に働いてしまう自己免疫疾患により頭髪が抜けてしまうなど脱毛で悩む患者を担当。iPS細胞を活用した最新鋭の毛髪の再生医療に挑む。

iPS細胞を用いて作成した毛髪

iPS細胞を用いて作成した毛髪

 大山准教授の究極の目標は「毛根ゼロの患者を救うこと」――。昨年、ヒトiPS細胞とマウスの細胞を用いて、毛髪の根本にある毛包を再現したことを発表。不完全ながら毛の再生にも成功した。iPS細胞から毛包を作れれば、患者本人の頭皮に毛髪を作る機能がなくなっていても、再生可能となる。

 だが、現在再生できている毛包から生える毛の太さは実際の20分の1程度。移植しても生えてくるのは産毛程度だ。しかもマウスまじりのもので、マウスの体内で作成する必要がある。コストも高い。

 一般的に薄くなりにくい後頭部から、自分の毛を移植する自毛植毛では1000本移植して数十万円から200万円程度だが、iPS細胞から作った毛は1本で100万円程度。一般的な脱毛症の治療に用いるのは現実的とは言い難い。

共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報