/

ドコモ、料金プラン久々先行 俊敏システム本領発揮

NTTドコモは15日、6月からスタートする国内初の音声通話完全定額制と、データ通信の容量を家族で分け合う新たな料金プランの受け付けを開始した。「鈍牛」ドコモと皮肉られてきたが、ソフトバンクやKDDIに先駆けた背景には、約6千万件の契約者を対象に、様々な料金プランが柔軟に組める基幹システムがある。ドコモの「骨格」の実力を探る。

「契約管理システムの変更は3週間でできる」。NTTドコモの西川清二常務執行役員最高情報責任者(CIO)は新料金プランの導入に伴うシステム対応に自信を持つ。

ドコモは2013年に米アップルのiPhone(アイフォーン)の取り扱いを開始。ソフトバンクやKDDIと横並びとなった今、携帯電話3社の競争力は新料金プランなど顧客サービスの提供スピードが左右する。

日本で最大級

今年6月に導入する新料金プランは、久々にドコモの気骨を示した。これまで自社加入者間のみだった通話定額を自社―他社間にも適用したのだ。1月に条件付き通話定額の新料金を発表したソフトバンクは「環境の変化により」と新料金を取り下げた。

ドコモが料金でソフトバンクに先んじるなど、いつ以来だろう。自社内音声定額の「ホワイトプラン」や、端末を月割りで買える割賦制度、月負担を軽減する割引制度――。07年以降、革新的な料金プランでドコモはいつも他社を追随する立場だった。

久々に先行できた種は3年半前にまかれていた。表の料金やサービスの陰でそれを支える基幹システムだ。

「アラジン」。6000万人以上の加入者の、それぞれの料金プランや加入条件などを網羅した「契約約款」をベースに、利用状況に応じて変動する契約情報を一元管理する。1日に処理するデータ量は2700万件超で日本最大級のシステムだ。

現在のアラジンは2代目。10年まで稼働した初代システムはドコモの鈍牛ぶりを象徴するかのような存在だった。「新サービスをすぐにでも始めたい」と社長や企画担当役員などから要請を受けても、IT部門は頑迷に拒んだ。「半年はかかります」。言い訳が常態化し、システム変更が経営スピードを阻害する本末転倒にだれも疑問を挟まなかった。

 その間、通信サービスは「mova」から「FOMA」、「Xi」へと広がり、家族間など割引サービスも多様化。サービス追加に伴い14年間で8000件もの機能追加・変更を重ねた結果、初代アラジンのプログラム行数は稼働当初の160万行から2370万行へと15倍近くに膨らんだ。

管理ツールを活用

「ライバルとの激烈な競争に打ち勝つにはアラジンの全面刷新が避けて通れない」(西川CIO)。目標は経営スピードを阻害しないシステム。その実現のために、ある工夫を凝らした。

「このサービスを適用するには別のサービス加入が必須」といった複雑な相関関係をいちいち書き込まず、表形式で「関係」だけを定義する。これによりソフトを解読しなくても、サービス条件がどうなっているか一目で分かるようになった。

2代目アラジンのプログラム行数は初代の10分の1に減り、サービス追加に伴うシステム変更スピードは3倍に速められた。「今では販売促進用のパンフレットを準備するよりも早くシステム対応ができる」と西川CIOは満足げだ。

6月に導入する新料金の目玉は、家族で通信容量を分け合うことができるプランだ。例えば普段通話ばかりでパケット通信をしない父親の分の容量を使って、娘がLINEで画像のやりとりをできる。

アラジン刷新がなければこのサービスの実現もなかった。それまでは、加入者おのおのの通信データの利用量は、1日分を1日の終わりに締めて計算する「バッチ処理」だった。これをリアルタイムに変えることで、最新の利用データ量に応じて通信速度を規制したり、ある契約者の利用データが上限に達した瞬間に家族の余り分を振り分けたりできるようになったのだ。

現時点でソフトバンクやKDDIはドコモへの追随を表明していない。ドコモのシステムに一日の長がある。このアドバンテージをどれだけ生かせるかがシステム刷新の成否をわける。

新料金プラン、データ通信量分け合い


 NTTドコモの新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」は、通話料金が定額になることとデータ通信量を家族などで分け合えるのが特徴だ。カケホーダイは音声通話料を基本プランの利用に含んだもので、国内通話が固定電話や他社の携帯電話にかけても定額とした。スマートフォン(スマホ)なら月間2700円で、通話時間や回数に関係なく通話できる。
 パケあえるは家族や同一法人間などで、合計データ通信量を複数の契約回線で分け合える。今までは1回線あたり、月間の通信量が7ギガ(ギガは10億)バイトで5700円か3ギガバイトで4700円のプランしか選べず、使用量が少ない場合は割高だった。それを10ギガバイトなら9500円で10人まで分け合えるようにした。
 データ使用量が多い人と少ない人が家族にいる場合には、従来料金プランよりもお得になる。回線ごとにデータ通信量が固定されている他社の料金プランに比べ柔軟性が高い。どれだけ消費者の支持を得られるか注目が集まっている。

[日経産業新聞5月16日付]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン