2019年4月25日(木)

あてにならぬ坪単価 戸建て購入で泣かない心得
予算オーバー、付帯工事や商談に注意

(2/3ページ)
2014/5/24 7:00
保存
共有
印刷
その他

そもそも坪単価という用語に明確な定義がない。マンション業界には景品表示法に基づく「公正競争規約」という自主ルールがあるが、注文住宅ではこうした規約がないからだ。「本体工事の一部を付帯工事に回して坪単価を安く見せる」(業界関係者)といった例もあるとされる。

情報収集のため住宅展示場のモデルハウスを見学しても、価格に関する情報はほとんど明示されていない。住宅メーカーの業界団体、住宅生産振興財団(東京・港)の2013年の調査では来場者の60%が「価格が表示されているモデルハウス」を求めているが、住宅メーカー各社は「注文住宅は二つと同じものがないから」と表示に消極的だ。

確かに注文住宅は建物の設計、仕様だけでなく土地の形や地盤の固さ、周辺道路の状況などによって総工費が変わるが、価格を表示しない理由はそれだけではなさそうだ。

仮に全く同じ本体工事であっても「営業マンは顧客の懐具合を探りながら見積価格を出す」と住宅の品質検査やコンサルティングなどを手掛ける、住まいと土地の総合相談センター(東京・品川)の市村博代表は話す。大手住宅メーカーの場合、40%程度の粗利益率を想定して見積価格を示すが、商談で20~25%程度まで値引きに応じるとの指摘が多い。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報