/

原発新設、新興国で続く

電力安定供給や大気汚染対策

2011年3月の東京電力福島第1原子力発電所事故は世界に衝撃を与えた。ドイツなど西欧で脱原発の動きが広がる一方、中国をはじめとする新興国ではなお、原発の新設計画が進む。経済成長に欠かせない電力の安定供給、他国へのエネルギー依存からの脱却、大気汚染対策――。国によって理由は様々だが、原発に頼らざるをえない事情がある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン