トップ > 特集 > コラム > 記事

株主の祭典、4万人のバフェット詣で
写真は語る

(2/2ページ)
2014/5/19 2:00
保存
共有
印刷
その他

株主総会の前夜祭でバフェット氏を模したボードにキスする女性(2日)

株主総会の前夜祭でバフェット氏を模したボードにキスする女性(2日)

株主総会に臨む株主ら。バフェット氏の話を聞くため世界中から4万人近くが集まった(3日)

株主総会に臨む株主ら。バフェット氏の話を聞くため世界中から4万人近くが集まった(3日)

会場に入りきれず、別室で株主総会の映像を見る株主ら(3日)

会場に入りきれず、別室で株主総会の映像を見る株主ら(3日)


総会会場があるオマハはバフェット氏の生まれ故郷。同氏は今も生活の拠点を置く。「昔は何もなかったんだけどね」。会場でカメラマンとして働くオマハ在住の男性は話す。「彼は普通の人さ。街では自分で車を運転してる。みんな彼のことは好きだよ」

オマハのホテル稼働率は通常59%。しかし総会の前後は「オマハの賢人」の集会への参加者が殺到するため、稼働率はほぼ100%にまで高まる。年々総会時期の宿泊費が高騰しており、バフェット氏がインターネットを使った住民の空き部屋仲介サービス「Airbnb」の利用を呼びかけたほどだ。

午後4時前に総会が終わると、株主らはバフェット氏の実家など様々なゆかりの場所に向かう。サウスダコタ州からきたリンダさん(68)はバフェット氏が投資する家具屋にリビング用品を探しに来た。「総会だけじゃなくて買い物も楽しいわ」。人口約43万人の都市に4万人近くが押し寄せ、思い思いに株主の祭典を楽しむ。そんな週末が10年以上続いている。

総会の翌日、イベント会場で卓球を楽しむバフェット氏。ビル・ゲイツ氏はバークシャーの取締役を務める(4日)

総会の翌日、イベント会場で卓球を楽しむバフェット氏。ビル・ゲイツ氏はバークシャーの取締役を務める(4日)

総会の前夜、プライベート機の駐機場には機体がずらりと並んでいた。後方はオマハ市街(2日)

総会の前夜、プライベート機の駐機場には機体がずらりと並んでいた。後方はオマハ市街(2日)

米州総局 山下晃、写真部 柏原敬樹

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ

電子版トップ特集トップ