活況の部屋、若武者競う 大相撲・千代鳳(上)

(1/2ページ)
2014/5/17 7:00
保存
共有
印刷
その他

九重部屋は、20代前半の若い力士の競い合いによる「相乗効果」で5人もの関取(幕内4、十両1)が番付に並ぶ。先頭を走るのが今場所、21歳の若さで小結に昇進した鹿児島・志布志市出身の千代鳳だ。

21歳で小結に昇進。部屋の稽古ではほぼ負けなしだ

21歳で小結に昇進。部屋の稽古ではほぼ負けなしだ

大学出の千代大龍(25)、千代鳳の兄の千代丸(23)、小気味よい相撲の千代の国(23)、十両の千代皇(22)、幕下にもモンゴル出身の千代翔馬(22)らが控える。この活況は他の部屋の垂ぜんの的である。

親方の指導で眠れる才能覚醒

「同年代のお相撲さんがオレもオレもと上を目指す気持ちを強く持って頑張っているということに尽きる」と師匠の九重親方(元横綱千代の富士)は言うのだが、眠れる才能を覚醒させる指導法もあるようだ。

場所前の稽古場では、千代の国と千代丸の三番稽古(同じ力士が続けてとる)から千代鳳が加わって3人での申し合いとなった。右肩が痛いという千代丸は全く勝てない。師匠から容赦ない叱責が飛ぶ。

仕上げの一番きついぶつかり稽古で兄に胸を出したのが、弟の千代鳳だった。

立つ気力も無くなって砂まみれになって土俵にはう兄を弟は気合を入れるため両手で思い切り顔を張った。あの手この手で兄に締めの力を出させようとする。「さあ、我慢して、力出せ!」。千代鳳は「丸(兄)は泣いたら力出すんです。もっと怒らせて(反発心をあおって)やれば。やるからには一緒に頑張りたいですから、きつくてもそれで気持ちに火がついてくれたらうれしいです」。

「力出せ!」兄にも容赦なし

「自分も幕下のころ、千代の国にこんな感じで胸を借りて鍛えてもらった。厳しくやってもらわないと地力がつかないですから」。弟は自分がやることをやっているという自信があるから兄にも「力出せ」と言えるのだという。稽古場では「兄弟とかは考えない。中学で柔道の試合(県大会優勝、九州3位の実績)をやっている時も年齢とか先輩とかは関係なかった」。

  • 1
  • 2
  • 次へ
保存
共有
印刷
その他

「駆ける魂」大相撲・大砂嵐

「駆ける魂」大相撲・安美錦

電子版トップ



[PR]