/

集団的自衛権のポイント・論点 これだけは

(更新)
記者会見する安倍首相(15日午後、首相官邸)

安倍晋三首相は15日、集団的自衛権に関する政府としての「検討の進め方の基本的方向性」を示す記者会見を開きました。首相の諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(安保法制懇、座長・柳井俊二元駐米大使)の報告書提出を受けたもので、同報告書は集団的自衛権の行使を容認する憲法解釈変更を提言。さらに集団安全保障での自衛隊の活動拡大や、有事と認定できないが平時ともいえない「グレーゾーン事態」に対処するための法整備の必要性を打ち出しました。集団的自衛権の行使容認に慎重な公明党との与党協議も20日から始まります。集団的自衛権のポイントをまとめました。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン