/

ダイヤモンドの人間学(広澤克実) 歴史の教訓忘れたか? 防げた阪神・西岡の悲劇

人間社会において過去の事故や過ちから多くのことを学ぶことはよくある。交通事故や飛行機事故、工事現場の事故などあらゆる惨事から我々は多くの教訓を学んできた。野球界も例外なく、過去の事故から教訓を得てきた。それらすべての事故は再発防止のために生かされて初めて教訓となるのだ。

大けがから一日でも早い復帰願う

3月30日、東京ドームで行われた開幕カード、巨人―阪神戦で起きた阪神・西岡剛と福留孝介の飛球を追っての味方同士の激突。これは防げなかった事故なのか、それとも過去の教訓を生かせなかったために起きた事故なのか、論じてみたい。その前に、どんな原因であれ大けがをした西岡には一日でも早い復帰を願いたい。

さて、あの事故が「一生懸命飛球を追っていたから」とか「お客さんの声でお互いの声が聞こえなかったから」という理由ならば、今後もこのような事故は起こり得る。

そもそも全力プレーに努めるのはもとより、お客さんが満員で選手間の声が聞こえない状況というのは阪神や巨人の選手には当たり前に課せられたものである。当然のことながら、満員のお客さんの声援でお互いの声が聞こえないのは前から分かっていることで、その対策を何もしてないのか、ということになってしまう。

「声」の役割、大きく分けて3つ

まず野球で使う「声」の役割について、確認しておこう。声を出す理由は大きく分けて3つある。

1つ目はモチベーションアップだ。味方の選手を元気づけたり、叱咤(しった)激励したりする。高校野球では大きな声を出すことにより、自分自身の気持ちを盛り上げたり、反対に落ち着かせたりもする。

2つ目は確認作業だ。走塁コーチが走者に声をかけるのが、確認作業の代表的なもので「ワン、アウト」とか「ライナー、ストップ」というように、グラウンド内でもみんなで確認作業をする。身ぶり手ぶりも付けながら声を出し、確認作業をする。野球ではとても大切なことである。

3つ目は指示だ。バント処理や中継プレーでの「ファースト!」とか「セカンド!」とか、自軍のベンチからもコーチや監督から指示の声が飛ぶ。もちろん、フライが上がったときでも 当事者同士や周りの人たちが指示の声を出す。これもまた非常に大切なことである。

声にはこのような役割がある。ところが甲子園や東京ドームの大観衆の前ではこのような大事な声がかき消されることがしばしばだ。

各チームに「優先権」の決まり事

しかし、そんなことは前から分かっていることで、そのための対策をチームごとに立ててあるのだ。それは「優先権」だ。

例えば、甲子園の場合ならポイントは浜風である。甲子園は浜風がライトからレフト方向に吹いているのでホームから見て左側にいる人が捕りやすい。従って外野フライが上がったときの優先順位は レフト・センター・ライトの順に設定する。つまりレフトとセンター両者とも捕球できる場合はレフトが優先権を持つ。むろん、浜風が吹いていない場合は違う優先権を設定することになる。

これが東京ドームになると、外野手はまずセンターが「優先権」を持つ。外野手と内野手では外野手。捕手と内野手では内野手。内野手でもマウンド付近では一塁手、その他のエリアは右側が二塁手、左側が遊撃手、二塁手と遊撃手では遊撃手。すべてのエリアに詳細な「優先権」が設けられている。チームごとに、当事者の走力や肩の強さといった守備能力によって多少変わるが、おおむねこんな具合に決まっている。

互いの守備位置の確認もポイント

そして、ここでもう一つ大切なのが守備位置の確認である。

西岡と福留が激突した場面は二回裏2死一、二塁、打者大竹、1-0で巨人がリードしている展開である。阪神サイドからみれば、大竹の調子や巨人の強力リリーフ陣も考えて、追加点はやれない状況である。それに加え、打席には投手の大竹が入っていることから、外野手も当然前進守備である。ライトの福留は大竹の打力も考え前進守備の、しかもライン側にポジショニングしていた。

ここで大事なのが確認作業である。西岡と福留の間で、事前に優先権や守備位置の確認ができていればこの事故は防げた。2人の距離、そして優先権が確認されていれば、また「俺は前に来ているぞ」というような声やジェスチャーがあったら、このような惨事は起きなかったはずなのだ。

とはいえ、試合中は攻守に一喜一憂するなどして、選手が細かな確認作業を忘れてしまうことがある。そんなときにこの口酸っぱく確認作業をする役目を負うのが、コーチなのである。「うるさい、そんなこと分かってるよ」と選手に思われても、言わなくてはならない責任を持つのだ。

コーチの一言、事故防げた可能性も

あの事故の前にコーチが一言、守備位置の確認や優先権を伝えていれば西岡はあそこまで深追いしていなかっただろう。選手が忘れてしまった確認作業をコーチがフォローできていれば、野手同士がぶつかり合うという野球ではタブー視されていることは起きなかった。

関係者は重く受け止めてほしい。少なくとも「東京ドームの歓声に掛け声がかき消されたから仕方がない」などという安易な考え方で済ませたら、この手の事故は今後、何度でも起こってしまうだろう。

野球が日本に伝来して以来、スポーツにつきものの事故も度々起こり、その度に我々の諸先輩たちは再発防止に努めてきた。

併殺を阻止するため、野手の送球コースに入った走者の頭をボールが直撃し、亡くなったという重大事故も実際に起こっている。これを受けて、併殺の防止を試みるにしても、送球コースには入らず、スライディングで野手の送球を遅らせるといった方法が確立されてきた。

先人の技術や方法論、貴重な財産

これらの技術や方法論は安全を確保しつつ、勝利を追求するために育まれた貴重な財産なのだ。

野手同士の衝突を防ぐための「優先権」や「守備位置」の確認作業を常に徹底させるきっかけとなったのが1988年7月、札幌・円山球場の巨人―中日戦で起きた事故だ。

この試合で通算100号本塁打をマークしたばかりの巨人の左翼手吉村禎章と中堅手栄村忠広が飛球を追って衝突。吉村は左ひざ靱帯(じんたい)断裂の重傷を負い、スラッガーとして本塁打を量産していたはずの選手人生が一変してしまった。

あのときは全12球団が深刻に受け止め、再発防止に動いた。私が当時、在籍していたヤクルトではノックで野手の間に意図的に打ち、あえて声を出さずに捕球する練習も行っていた。

外野手が深く守ったとき、浅く守ったときなど守備位置を変えながら、声が聞こえない想定でずいぶん練習したものだ。当時、東京ドームや甲子園での試合の前には必ずこうした練習をしていた。すべて吉村の悲惨な事故から得た教訓である。

広澤克実氏

時代が変化、問題意識が希薄に

風向き次第では甲子園でも逆バージョンの優先権を設定したり、センターからホームへ風が強く吹けば優先権を外野手から内野手に変えたり、状況に合わせて対応するアイデアも付け加え、再発防止に努めたのだ。

吉村の事故を機に得た教訓のほか、先人から受け継がれている財産が野球界には多々あったのだ。しかし、今回の阪神の事故をみると、どうも歴史の教訓が忘れられているようだ。時代が変わるにつれて少しずつ問題意識が希薄になってしまったのか。

困ったことに、野球解説者の中にも「東京ドームの歓声のなかでは『オーライ』といった掛け声が聞こえないから仕方がない」などと解説している人も多い。甲子園や東京ドームの大声援のなかでも事故を防止するにはどうすればいいのか、そのために我々はみんなであれこれ対策を考えてきたのではないかと思うと、とても残念でならない。

原因追究や再発防止に重点置いて

東京ドームに救急車が入るという光景があまりにショッキングだったためか、この事故の原因追究や再発防止に重点が置かれていないのではないか?

考えてみてほしい。このプレーによって阪神は現に失点したわけで、例えば、西岡のけがが軽いものだったり、あるいはお見合いによる落球であったりすれば「あってはならないミス」と指摘されていたはずのプレーだ。むしろその方が関係者も確認作業に漏れがないよう、即座に再発防止に動いていたかもしれない。

さきの吉村は円山球場での大けがから懸命のリハビリで奇跡の復帰を果たした。90年9月8日のリーグ優勝を決めるサヨナラ本塁打は今でも伝説として語り継がれている。

西岡もこの事故を乗り越えてくれると思う。しかし、現場を預かる監督、コーチ、そして選手たちは「復帰してよかった」で済ませてはいけない。歴史に学び、そして今起こったことに学ばなければ、事故は繰り返される。現在、野球に携わるすべての人間は、先人の財産を後世に残す義務も負っていることを忘れてはならない。

(野球評論家)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン