2018年10月22日(月)

メジャーリポート

フォローする

米球界で「絶滅種」 田中将大の決め球スプリット
スポーツライター 丹羽政善

(1/4ページ)
2014/4/6 7:00
共有
印刷
その他

4日のブルージェイズ戦でメジャーデビューを果たしたヤンキースの田中将大。7回3失点と好投へと導いた一因は、決め球の「スプリット・フィンガード・ファストボール」だった。先頭のメルキー・カブレラに捉えられ、本塁打を許したものもスプリットだが、1死後、2010年に54本塁打を放ったホゼ・バティスタから豪快な空振りを奪ったのも同じ球。2打席目にカブレラを三振に仕留めたのも、この球である。

日本時代よりも落ち方鋭い?

人さし指と中指で深く挟むフォークボールに対し、スプリットは浅く挟んで投げる。打者にしてみれば、真っすぐにしか見えない。それが手元に来てすっと消える。

「厄介だと思うよ」。正捕手のブライアン・マキャンが言うのだから、まず間違いないのだろう。まるで他人事だが、実際、味方なのだから、もっともか。

そんな話を聞きながら、惜しくも開幕メジャー入りはならなかったものの、最後までロースターの座を争った建山義紀の言葉を思い出していた。

「日本のときより、落ち方が鋭いんじゃないですか」

キャンプで田中のスプリットを見て、彼はそう思ったそうだ。

「(日本のボールに比べ)縫い目が高いことが、影響しているのかもしれませんね」

確かに、ボールが変わることで、変化球の性質が日本時代とは変わることが多々ある。田中にとっては、スプリットがその一つなのか。

大リーグでなぜ消えたのか

その建山によると、田中加入の影響か、ヤンキース投手陣の間で、スプリットが話題になったそうだ。

その話の流れの中で、ふと「どうして大リーグでは、スプリットが消えたんでしょうね」と聞くと、「実はそんな話にもなったんですよ」と教えてくれた。

その時、ある投手がボールを挟んで握り、こう言ったのだという。

「ほらな、こうして握ると、ヒジにストレスがかかるだろ? これが理由だよ」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

ヤンキース・田中のコラム

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
ジャッジは地区シリーズ第2戦で一回、先制ソロを放った=APAP

 米大リーグのプレーオフは6日、ア・リーグの地区シリーズ(5回戦制)の第2戦が行われ、ヤンキース(ワイルドカード)がレッドソックス(東地区)を6―2で下し、1勝1敗のタイとした。一回、主砲アーロン・ジ …続き (10/8)

田中は後半戦で安定感ある投球を続けてきた=APAP

 米大リーグのヤンキースは22日(日本時間23日)、ワイルドカードでのプレーオフ進出を決めた。オールスター戦以降、好調を維持してきた田中将大にとっても「勝負の季節」が迫っている。昨季のプレーオフも大活 …続き (9/24)

メッツのエース、デグロムは好投しながらなかなか勝ち星に恵まれない=APAP

 米大リーグ、メッツのジェイコブ・デグロムが防御率1点台と快投を続けている。しかし、チーム成績が低迷していることもあり、30歳のエースはここまで8勝8敗。近年は投手の評価基準で勝敗が重視されなくなって …続き (9/10)

ハイライト・スポーツ

[PR]