2019年9月16日(月)

メジャーリポート

フォローする

米球界で「絶滅種」 田中将大の決め球スプリット
スポーツライター 丹羽政善

(1/4ページ)
2014/4/6 7:00
共有
印刷
その他

4日のブルージェイズ戦でメジャーデビューを果たしたヤンキースの田中将大。7回3失点と好投へと導いた一因は、決め球の「スプリット・フィンガード・ファストボール」だった。先頭のメルキー・カブレラに捉えられ、本塁打を許したものもスプリットだが、1死後、2010年に54本塁打を放ったホゼ・バティスタから豪快な空振りを奪ったのも同じ球。2打席目にカブレラを三振に仕留めたのも、この球である。

日本時代よりも落ち方鋭い?

人さし指と中指で深く挟むフォークボールに対し、スプリットは浅く挟んで投げる。打者にしてみれば、真っすぐにしか見えない。それが手元に来てすっと消える。

「厄介だと思うよ」。正捕手のブライアン・マキャンが言うのだから、まず間違いないのだろう。まるで他人事だが、実際、味方なのだから、もっともか。

そんな話を聞きながら、惜しくも開幕メジャー入りはならなかったものの、最後までロースターの座を争った建山義紀の言葉を思い出していた。

「日本のときより、落ち方が鋭いんじゃないですか」

キャンプで田中のスプリットを見て、彼はそう思ったそうだ。

「(日本のボールに比べ)縫い目が高いことが、影響しているのかもしれませんね」

確かに、ボールが変わることで、変化球の性質が日本時代とは変わることが多々ある。田中にとっては、スプリットがその一つなのか。

大リーグでなぜ消えたのか

その建山によると、田中加入の影響か、ヤンキース投手陣の間で、スプリットが話題になったそうだ。

その話の流れの中で、ふと「どうして大リーグでは、スプリットが消えたんでしょうね」と聞くと、「実はそんな話にもなったんですよ」と教えてくれた。

その時、ある投手がボールを挟んで握り、こう言ったのだという。

「ほらな、こうして握ると、ヒジにストレスがかかるだろ? これが理由だよ」

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

ヤンキース・田中のコラム

電子版トップスポーツトップ

メジャーリポート 一覧

フォローする
18日のホワイトソックス戦では外角に逃げる変化球を捉え、右手1本で中堅越えの本塁打を放った=共同共同

 昨季は8月に6本塁打をマークした米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平。投手の疲労が蓄積している夏場に本塁打量産も期待されたが、22試合で1本と伸び悩み、ここまで16本塁打にとどまっている。残り30試合を …続き (8/28)

7日のアストロズ戦の三回、左中間に14号2ランを放つエンゼルス・大谷=共同共同

 米大リーグ、エンゼルスで2年目のシーズンを戦う大谷翔平の後半戦に大きな期待が集まっている。右肘手術から復帰して打者に専念する今季は、6月に32安打、9本塁打、22打点といずれも月間自己最多の数字をマ …続き (7/31)

最も安定感のある田中も25日のレッドソックス戦では12失点。プレーオフに向けて先発陣の不安は消えない=USA TODAY Sports

 ヤンキースが久々の世界一に向けて突き進んでいる。7月27日まで宿敵レッドソックスに3連敗を喫したが、それでもまだ8ゲームの大差をつけている。今後、大崩れしなければ、2012年以来の地区優勝の可能性は …続き (7/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。