/

三大都市圏の地価、6年ぶり上昇 不動産の動きは

国土交通省が18日、2014年1月1日時点の公示地価を公表し、三大都市圏では前年比0.7%上昇と6年ぶりにプラスに転じました。全国平均も0.6%下落と下げ幅が4年連続で縮まりました。景況感の改善などから国内外で余っていたお金が日本の不動産市場に向かっていて、都心の商業地では長く塩漬けされていた物件も動き出しているようです。

地価の上昇は消費マインドを幅広く刺激し、経済への波及効果も大きく、デフレ脱却の鍵を握っているといえます。最近の地価や不動産市場の動向、マイホームを購入する際に確認したいことなどをまとめました。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン