/

日本の人口減少、高齢化急速に シニア市場を読む

シニアに狙いを定めたコンビニも登場

総務省が15日発表した2013年10月時点の推計人口によると、日本の総人口は1億2729万8千人と3年続けて減少しました。なかでも15~64歳の生産年齢人口は前年より116万5千人も減り、7901万人となりました。8千万人を下回るのは32年ぶりのことで、少子高齢化の進展を反映しています。社会の高齢化は今後も止まりません。厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所によると、世帯主が65歳以上の高齢世帯は2035年には4割を超える見通しです。高齢者が働き手としても期待される一方、消費・サービスを提供する企業も高齢者への対応にしのぎを削ることになりそうです。高齢化をめぐる最近のニュースをまとめました。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン