Tech Frontline

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

デンソー、将棋電王戦に名乗り ロボットで王手指す

(1/3ページ)
2014/3/12 14:30
共有
保存
印刷
その他

 今年3月15日から開催されるコンピューターとプロ棋士の対局「第3回将棋電王戦」に、産業用ロボットを手がけるデンソーが参戦することになった。デンソーは今回、将棋の駒を正確に指せるロボットアームを開発、将棋ソフトの「代指し」として全5局で提供する。真剣勝負に水を差さぬようにと、デンソーの開発陣も本気で臨む。

 今年で3回目を迎える将棋電王戦は、これまで以上に「人間対コンピューター」の色が濃くなる。デンソーが、日産自動車やローソンに続く4番目の協賛企業として名乗りを挙げたからだ。

デンソーが将棋電王戦で提供する「電王手くん」
画像の拡大

デンソーが将棋電王戦で提供する「電王手くん」

 デンソーが提供するのは「電王手くん」と称するロボットアーム。各将棋ソフトが決めた指し手の情報を受け、任意の駒を将棋盤上に置くことができる。デンソー子会社が販売する産業用の垂直多関節ロボットを改良した。木製の駒をアーム先端の吸盤が吸着し、移動する。

 これまでの電王戦は将棋ソフトが考えた指し手を人間が盤上に反映していたが、電王手くんの導入で、思考も動作もコンピューターが担うことになる。

 産業用ロボットの進化からすれば造作もない、と思いきやさにあらず。電王戦に臨むプロ棋士、ソフト開発者同様、デンソーの開発陣も真剣勝負で挑んでいる。

■将棋の駒を運ぶ難しさ

 「人が片手で簡単にやれることを、ロボットがまねるというのは、実は簡単ではない。それを今回、限られた時間で実現させることは、我々にとって大きなチャレンジでした」。プロジェクトの責任者を務めるデンソーウェーブ制御システム事業部の沢田洋祐氏はこう話す。

 通常、産業用ロボットが扱うのは樹脂や金属でできた精緻な部品。だが今回は、木製の駒を正確につかみ、運ばなければならない。しかも、駒の寸法や彫られた文字の形状に加え、対局相手のプロ棋士が指す駒の位置や将棋盤の形状にもばらつきがある。

 さらに対局場所は工場ではない。将棋盤の向こうに座るプロ棋士の動作はロボットの可動域と重なるため、工場以上に安全性を徹底する必要がある。全5局の会場は、有明コロシアム、両国国技館、小田原城などすべて異なり、ポータビリティーを考慮したシステム開発も迫られた。

 しかしデンソーの開発陣は、これらの課題を約1カ月でクリアした。

  • 前へ
  • 1ページ
  • 2ページ
  • 3ページ
  • 次へ
共有
保存
印刷
その他

電子版トップテクノロジートップ

関連キーワードで検索

デンソーロボット将棋電王戦ドワンゴ谷川浩司川上量生

【PR】

Tech Frontline 一覧

フォローする

Myニュース

有料会員の方のみご利用になれます。
気になる連載・コラムをフォローすれば、
「Myニュース」でまとめよみができます。

GR DIGITAL III」「同IV」のキャップリングを構成する部品を3Dプリンターで造形し、金型の更新を不要とした。従来はポリカーボネート(PC)を射出成形していたが、粉末床溶融結合法の3Dプリンターでポリアミド(PA)12を使い造形。後処理として黒に染色している(写真:リコー)

リコー 製造終了デジカメの部品、3Dプリンターで造形 [有料会員限定]

 自社の製品開発プロセスにおける試作品だけでなく、顧客の手元に届く最終製品の製造手段としての活用も広がる3Dプリンター(AM、Additive Manufacturing)。従来の他の工法に比べて形状…続き (10/16)

図3 現在の外観。2016年12月に開業した。木造軸組みを石こうボードで覆う「メンブレン型」を採用して耐火構造とした(写真:日経アーキテクチュア)

耐火木造に挑んだ全国初のガソリンスタンド

 これまでは「木造」を考えることすらしなかったであろうガソリンスタンドで、木材を扱う発注者自らが耐火木造化を推進したプロジェクトが現れた。地方都市の再生を見据えた熱意と粘りが、全国で初めての事例を生ん…続き (10/20)

ゴーグル不要「裸眼VR」、一瞬で未体験ゾーンの破壊力 [有料会員限定]

 「ワオ!」「アメイジング!」――。2017年3月に米国テキサス州オースティンで開催された音楽や映像、ネット技術の国際見本市「SXSW(サウス・バイ・サウス・ウェスト)2017」。会場の一画では、来場…続き (10/17)

新着記事一覧

最近の記事

【PR】

TechIn ピックアップ

10月22日(日)

  • 「プライヴァシーの死」とGDPR:メディア美学者・武邑光裕による新連載「GDPR:データとインターネット〜EUが描く未来」
  • Face IDは今後の生体認証スタンダードになるか?
  • プログラミングを色鉛筆のような“表現ツール”に―DeNA、小学校に学習アプリを無償提供

日経産業新聞 ピックアップ2017年10月23日付

2017年10月23日付

・ウェザーマップ、PM2.5や紅葉も観測、ひまわり8号画像を4倍に解析
・ソースネクスト、語学ビジネスを拡大 小型の通訳機器発売
・名大、未成長iPS簡単排除 高濃度アミノ酸培地で
・店長の快眠お助け ニューロスペースが吉野家と実験
・リケン、高周波ノイズをシートで抑制 車載電子機器向け…続き

[PR]

関連媒体サイト