美走・快走・楽走

フォローする

マラソンのペース配分、定速走行が理想なのか?
ランニングインストラクター 斉藤太郎

(1/4ページ)
2014/3/14 7:00
共有
印刷
その他

「マラソンレースの必勝法はイーブンペースを保つことだ」と言われることが多いですが、果たしてそうでしょうか? コースの地形や気象状況が変化する中で、速度をコントロールしながら42.195キロを走り切るというのは、たやすいことではありません。トレーニングで培った力を最大限に生かして好結果につなげるペース配分、そのためのペース感覚を身に付ける方法についてお話しします。

ペース維持にこだわると終盤で落ち込み

マラソンを快走するということは、自動車に例えるとガソリン満タンでスタートし、上手に燃料を使い切ってフィニッシュするといったものです。配分を間違えて燃料を早く使いすぎ、ガス欠を起こすことがあってはいけません。

これは単に時速何キロの一定速度を終始キープする必要があるということではありません。コースはずっと直線、平たんではなく、上り下りあり、カーブあり。向かい風・追い風を受けることもあって、さらに途中の何カ所かで給水もします。

こうしたコース上の様々な変化の中で、速度の維持ではなくて、「低燃費」を維持しながらゴールに向けて自分の体を運んでいくことが大事なのです。むやみに速度を保つためにアクセルを踏みすぎては、終盤の落ち込みにつながります。上り坂にもかかわらず、かたくなにペース維持にこだわってアクセルを踏むような走り方は禁物です。

車の場合にはオートマチックトランスミッションが主流ですが、私たち生身の人間は自身のマニュアル操作でコース上の状況変化に合わせたシフトチェンジをする技量が試されるのです。私はよく「レース展開に起承転結を」と話しますが、そうした全体のプランと各局面に応じた走りとの組み合わせがペース配分の醍醐味と言えます。

調子が良くても中間すぎまでは抑える

多くのインストラクターが当たり前のごとく、定規で真っすぐ線を引いたような一定ペースの重要性を説いているようです。しかし、私が指導するクラブの会員さんたちのレース結果報告では、「一定ペースが功を奏した」といった声はあまり聞きません。

快走のストーリーは次のような感じです。スタート直後の序盤は控えめのペースで走ります。混雑によるタイムロスで焦るかもしれませんが、冷静に気持ちを抑えつつ数キロかけて目標タイムに応じた設定ペースへと上げていきます。

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 次へ
共有
印刷
その他

ランニングのコラム

電子版トップスポーツトップ

美走・快走・楽走 一覧

フォローする
自立した地域クラブにトップランナーはもちろん、健康志向や楽しみ重視のランナーも集まる

 私が理事長を務めるニッポンランナーズ。設立の起源は女子実業団チーム、リクルートランニングクラブの2001年9月30日の休部まで遡ります。休部の理由は存在意義。「『リクルート』という社名を胸につけて走 …続き (9/12)

ランニングにコツコツと取り組めば進歩を確実に感じ取れる

 今回はランニングの技術論から離れ、生活におけるランニングの役割について書きたいと思います。プレーヤーの人数制限がある競技と異なり、ランニングの大会は制限時間こそありますが、エントリーを済ませれば誰も …続き (7/3)

ニッポンランナーズではミニハードルを使ったスラローム走に取り組んでいる

 あるクリニックで、こんなお父さんの質問がありました。「小学生の息子と親子ランニングをしたいけど、ついてきてくれません」。オーソドックスな回答は「もっとゆっくりしたペースで走ってあげてください」ですが …続き (5/29)

ハイライト・スポーツ

[PR]