/

希望持って諦めず…女子ツアーで演じられた復活劇

ゴルフライター 川野美佳

初優勝より2勝目の方が難しい。1勝目は勢いでいけるが2勝目、3勝目はそうはいかない。まして勝ってからのブランクが長ければ長いほど優勝を射止めるのは難しくなる。米女子ゴルフツアー序盤のアジアシリーズ初戦、ホンダLPGAタイランドの優勝争いは、そんな勝ち星から遠ざかってきた者たちの復活をかけた戦いだった。

手に汗握る攻防の末、5年ぶり勝利

ディフェンディングチャンピオンの朴仁妃(韓国)の追撃を振り切って優勝を果たしたアンナ・ノードクイスト(スウェーデン)は、5年ぶりの勝利の美酒に「本当に久しぶりで何といったらいいか……。苦しいときも私を見捨てずそばにいて支えてくれた多くの人に感謝したい」と端正な顔をほころばせた。

北欧出身であるノードクイストの透けるような肌が青ざめるほどの緊張感。終わってみれば2打差の快勝に見えるが、サンデーバックナイン(最終日の後半9ホール)の1打を巡る攻防は手に汗握るものがあった。3連続バーディーを奪って一気に後続を突き放したシーンでも笑顔はなく、「1打で一喜一憂すまい」という固い決意が見て取れた。

そのノードクイストの背中を追いかけ、久々に存在感を示したのがミシェル・ウィー(米国)。そして5位タイに食い込んだジュリエッタ・グラナダ(パラグアイ)やヤニ・ツェン(台湾)もまた復活を胸に戦った面々だった。

パット不調のウィー、勝利に見放され

ウィーが米男子ツアーのソニー・オープンに挑み、カットラインにわずか1打差と迫ったのは今から10年前、14歳のときだった。天才少女の名をほしいままにした彼女はアマチュア時代、プロのメジャートーナメントで何度も優勝争いをして話題を集めたが結局勝てず。2005年にプロ転向してからも、わずか2勝しか挙げていない。期待を一身に背負った大器にしてはなんとも物足りない戦績である。

しかも最後に勝ったのは10年のカナダ女子オープンだからすでに3シーズンも勝ち星から見放されていることになる。なぜか?

勝てない理由はずばり、パッティングの不調。ここ数年、3パットの山を築き、下位に沈む場面が多い。成績も右肩下がりで12年は賞金ランキング64位に沈んだ。13年は苦労の末、腰を直角に折り曲げ真上からボールを見て打つ独自のパッティングスタイルを編み出し、やっと同41位まで持ち直した。とはいえ、米女子ゴルフ界を背負っていくべき存在のウィーにとっては、とても満足のいく状態とはいえなかった。

「強いツェンが帰ってきた」

ユニークなパッティングスタイルを採用し始めた当初は「背中にコーヒーカップが置ける。まるでテーブルみたい」と各方面から揶揄(やゆ)された打ち方も、最近は板につき精度が格段にアップした。ホンダLPGAでは最終日の10番でイーグルパットをねじ込み、先頭を走るノードクイストに1打差に迫ってプレッシャーをかけた。最後は攻めが裏目に出て5打差の4位に甘んじたが、十分勝てるゴルフができることを証明してみせた。

5位タイに入ったツェンはかつて不動の世界ナンバーワンに君臨したが、大会前の時点では賞金ランク45位まで後退。11、12年と連覇を果たした相性の良い今大会での完全復活こそならなかったものの、3日目に66、最終日に68(合わせて11バーディー、1ボギー)をマークし、「強いツェンが帰ってきた」と印象づけた。

宮里藍と米女子ツアー同期(06年デビュー)のグラナダに至っては、デビューイヤーの最終戦(ADT選手権)に勝って女子ゴルフ界最高額となる優勝賞金100万ドルを獲得し、その小さな体で特大のトロフィーを抱きかかえてからすでに7年半の歳月が流れている。彼女もまたノードクイストやウィー、ツェン以上に勝利に飢えていた。

V争いから遠ざかる日本勢も…

上り調子の勢いがある選手が優勝をつかむのはある意味、たやすいのかもしれない。期待していないのに出れば勝つ。それはリディア・コ(ニュージーランド)のような「ゴルフの怖さを知らない」選手たちの特権だ。怖さを知った上で勝つことの難しさは、幾多の名プレーヤーたちが身をもって体験してきたことである。

ここのところ優勝争いから遠ざかっている日本勢にもノードクイストの復活劇から、なにがあっても諦めず希望を持ち続けることの大切さを感じとってくれたら……と思わずにいられない。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン