/

フィギュア団体、ムードに乗っかれなかった日本

リンクサイドに出場10カ国の応援席が作られた舞台は、国際スケート連盟が2009年から開催している国別対抗戦と同じだった。静寂と緊張が支配するいつものリンクと違い、団体戦ならではの盛り上がる雰囲気が伝わってきた。欧米の選手たちはこういうムードに"乗っかる"のが本当にうまい。実際に自己ベストを更新してくる選手も結構いた。

「チームのために」の気持ちが重圧に

半面、責任感の強い日本の選手たちは少し硬かったかなと思う。個人戦を先に見据えて調整や気持ちの持っていき方も難しかっただろう。女子ショートプログラム(SP)に出場した浅田真央選手が現地入りしてからあれだけ調子が良かったはずのトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)で転倒してしまったのは、「チームのためにやらなければ」という気持ちが逆に重圧になったのではないかと推察する。

宮本賢二氏

いつも情感たっぷりに演じる鈴木明子選手のフリーも、ちょっとおとなしかった。4度のジャンプで回転不足もしくはダウングレードを取られてしまったが、大事に演技しようとする意識が裏目に出たように見えた。SPなしでいきなりフリーを滑るという団体戦ならではのオーダーに集中しきれなかった面もあるのだろう。

町田樹選手は2つめの4回転トーループが跳べていれば(実際には3回転の判定)、数字上はエフゲニー・プルシェンコ(ロシア)とケビン・レイノルズ(カナダ)を得点で上回って男子フリーで1位になれる計算だった。町田選手の出番前で日本は5位。銅メダルを争う米国との4ポイント差が頭にちらついたかもしれない。

そんな中で、何食わぬ顔で自分の演技を完遂した羽生結弦選手は見事だった。今の羽生選手は4回転ジャンプも3回転のような軽さで跳んでいる。軸が細く、タイミングを完璧につかんでいるので必要以上にパワーも使わない。ジャンプの余裕が滑り全体にも好影響をもたらしていて、後半になるほどにどんどんスピードも増していた。個人戦を前に金メダルを争うパトリック・チャン(カナダ)にも相当なプレッシャーを与えることに成功したのではないか。

ツイズルも美しかったアイスダンスのリード姉弟=写真 柏原敬樹

層の薄いアイスダンス、ペアも健闘

日本チームの全員が持てる力を発揮すればメダルに手が届くのではないかと期待していたが、それでも5位という成績は健闘と言いたい。表彰台に立ったロシア、カナダ、米国の3カ国と日本には決定的な違いがあるからだ。カップル競技(アイスダンスとペア)の層の薄さである。

基本的にカップル競技とシングルでは滑るラインなどが異なるため、危険で同じリンクで一緒に練習することはできない。だから、シングル中心の日本では練習場を確保するのも容易ではない。一方で海外にはカップル競技専用のリンクが多くあり、共用リンクでも時間をしっかり割り当てられている。アイスダンスの選手だった私も7年間、フランスに拠点を置いていた。競技会ともなれば何十組ものペアが出場してくる。

昨年12月の全日本選手権に出場したペアはソチ五輪代表の高橋成美、木原龍一の1組だけ、アイスダンスもキャシーとクリスのリード姉弟を含む4組だけだった。そうした環境を考えれば、海外のトップスケーターたちと同じリンクに立っだけでも評価に値する。ペア結成1年の高橋、木原組は五輪の舞台にも気後れすることなく演技していたし、SPでポイントを取ったことでチームのフリー進出にも貢献した。リード姉弟のツイズルも美しかった。

最終種目のアイスダンスのフリーを残して金メダルを決めた、ロシアの強さは圧巻だった。全8種目すべてで3位以内、うち5種目で1位。前回バンクーバー五輪では五輪史上初めて金メダルなしに終わったが、地元開催の五輪を前に強化にも相当力が入っていると聞いていた。

SPに続きフリーでも1位となったリプニツカヤ

実は、不安要素があるとすれば久々の国際大会となるプルシェンコだと思っていた。昨年1月に手術をした腰の状態が気がかりだったが、SPを見て恐れ入った。4回転ジャンプの美しさは健在で観客を一気に引き込んだ。順位も2位と羽生とチャンの間に割って入り、後に続くチームの仲間に勢いと勇気を与えたはずだ。

リプニツカヤの成長、一番の驚き

もっとも、一番の驚きはユリア・リプニツカヤだ。女子SP、フリーともに出場していずれも自己ベストを更新して1位だった。昨年12月にグランプリファイナル(福岡)で見たときから一段と成長している印象を受けた。ジャンプやスピンの技術の高さは前評判通りだが、表現力の面でも細部にこだわる気持ちが伝わってくる。

女子は浅田選手と金妍児選手の一騎打ちという見方が大勢だったが、この日の演技を見る限り、リプニツカヤは金メダル争いに絡んできそうだ。その他にも女子フリーで自己ベストを更新したグレーシー・ゴールド(米国)、SPで素晴らしい演技をしたカロリナ・コストナー(イタリア)の充実ぶりも目を引く。浅田選手と鈴木選手も、女子SP(19日)まで調整の時間は十分ある。試運転は済ませたとプラスにとらえればいい。

(振付師)

 宮本賢二(みやもと・けんじ) 兵庫県出身。アイスダンスで2001年、02年全日本選手権を連覇。06年の引退後は振付師として活躍。バンクーバー五輪に引き続き高橋大輔のショートプログラムを担当した。35歳

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン