/

「ヘリコプター・ベン」 バーナンキFRB議長の8年

米連邦準備理事会(FRB)は29日まで米連邦公開市場委員会(FOMC)を開き、昨年12月に続いて2会合連続で量的金融緩和の縮小を決めました。市場で購入する長期証券の金額を2月から100億ドル減らし、月650億ドルとします。

バーナンキFRB議長は1月末で退任します。バーナンキ氏は議長就任前の学者時代に「不景気になれば、ヘリコプターからドル札をばら撒けばよい」と発言。就任後、量的緩和政策を実行に移し、「ヘリコプター・ベン」の異名をとりました。今後、FRBがイエレン新議長のもと、世界経済に深刻な打撃を与えることなく緩和縮小できるか否かで、バーナンキ氏の歴史上の評価も大きく変わることになるでしょう。バーナンキFRB議長の8年間を振り返りました。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン