2019年1月19日(土)

スペシャル

フォローする

東海大仰星高、「倒れない」ラグビーの神髄

(4/4ページ)
2014/2/2 7:00
保存
共有
印刷
その他

百貨店の内定辞退、教職の道へ

昨春の全国選抜大会を最後に土井は勇退、監督の座をコーチだった湯浅に引き継いだ。湯浅が中学3年のときに「キャプテンシーが輝きまくっている」と見初めて以来、土井の視線は湯浅にくぎ付けになった。

湯浅は東海大仰星でフランカーとして活躍し、主将を務めた99年度に同校初の全国優勝を経験。東海大時代にいったんは百貨店への就職が決まったが、湯浅の適性を知っていた土井が"却下"した。「おまえは指導者になれ」

鶴の一声で「堀が固められた」という湯浅だが、自身が教師の魅力に目覚めることになる。大学の教育実習で1カ月間、母校の高校生と接した。日々成長する生徒を見ているうちに「こんなに幸せな現場はない」と実感。百貨店に内定辞退を申し出て、教職の道へと歩み出した。

次の10年、もっと大事な応用編へ

保健体育の教員を務める一方、ラグビー部では土井の下でコーチとして学び、3年ほど前には練習の指揮を任されるようになった。培った指導力は確かで、多くの学校が集っての合同練習では「1000人の選手を指揮する」(土井)ほど。監督初年度での全国制覇は、決して土井の遺産だけで果たしたわけではない。

湯浅より2つ年下で、一緒に99年度の初優勝を味わった正面健司(神戸製鋼)は「今年の仰星はディフェンスの際の戻りが速く、立ち位置も的確だった。神戸製鋼よりうまかったです」。

湯浅がラグビー部の指導に携わってから10年がたつ。「やっと基礎編の10年が終わった。次の10年はもっと大事になってくる」。名将・土井の温かくも厳しい視線を感じながら、応用編へと踏み出す。

=敬称略

(合六謙二)

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

スペシャルをMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

ラグビーのコラム

「駆ける魂」常翔学園高・野上友一

電子版トップスポーツトップ

スペシャル 一覧

フォローする
錦織は対戦相手について「想像よりも強かった。ほぼ負けていた」=共同共同

 テニスの全豪オープン第2日は15日、メルボルンで行われ、男子シングルス1回戦で第8シードの錦織圭(日清食品)は予選を勝ち上がった世界ランキング176位のカミル・マイクシャク(ポーランド)と対戦し、3 …続き (1/15)

マリーは11日の記者会見で、涙ぐみながらけがの状態について語った=APAP

 テニスの四大大会第1戦、全豪オープン開幕が3日後に迫った11日、メルボルンの会場に衝撃が走った。元世界ランキング1位のアンディ・マリー(31、英国)が長引く臀部(でんぶ)の痛みを理由に引退を示唆した …続き (1/14)

ゴンザガ大は12月5日、ワシントン大戦を八村の決勝シュートでものにした=USA TODAYUSA TODAY

 米ハワイ州マウイ島での奇跡から2週間後、バスケットボール男子の全米大学体育協会(NCAA)1部、ゴンザガ大があるワシントン州スポケーンを訪れた。 …続き (1/8)

ハイライト・スポーツ

[PR]